北京大学と第一回共同研究交流会を開催

早稲田大学は、北京大学と研究レベルでの交流を加速させるため、両大学の教員および大学院博士後期課程の若手研究者が一堂に会して研究発表やディスカッションを行う研究交流会を年6回北京大学で実施することに合意しました。

第一回研究交流会

記念すべき第一回は2019年5月31日に開催されました。北京大学副学長田剛教授、早稲田大学理事弦間正彦教授がそれぞれ挨拶し、共同研究交流会を通じて研究者同士の交流が今後ますます盛んになり、共同研究、共著論文、共同出版につながるよう大きな期待を寄せました。本学の社会科学総合学術院副院長黒川哲志教授のほか、大学院生3名、北京大学国際関係学院副院長帰泳涛准教授、同大学院学生3名がそれぞれ研究発表を行い、深い議論を交わしました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる