早稲田大学とアビームコンサルティングがスポーツパフォーマンス・データ分析に関する産学共同研究を開始

早稲田大学インテリジェント・パフォーマンスアナリティクス研究所(所在地:東京都新宿区、所長:早稲田大学スポーツ科学学術院教授 矢内 利政、以下:IPAL)とアビームコンサルティング株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 俊典、以下:アビームコンサルティング)は、「スポーツパフォーマンス・データ分析に関する共同研究」を実施することで合意し、共同研究契約を締結しました。スポーツ指導等におけるデータに基づく意思決定プロセスの開発を研究テーマとし、2018年9月より研究を開始します。

近年、IoTやAIといったデジタル技術の発展により、競技者の身体活動に関する様々なデータ計測が可能になり、データ分析を通じより効果的な指導施策の検討や予防措置といった幅広い活用が期待されています。一方、実際の現場では計測データを活用できる専門家が少ない上、導き出されたデータを解釈し、適切な意思決定をしていくノウハウが不足しており十分な活用がなされていません。

そのような課題を解決するため、本研究ではIPALが有するスポーツ科学・人間科学分野の先進的な知見と、アビームコンサルティングがコンサルティングビジネスならびにスポーツ分野におけるデータ分析プロジェクトで蓄積した経験や手法を組み合わせることで、より実践的なデータ活用ノウハウの開発を目指します。

具体的な取り組みとして、初年度はゴルフ競技をテーマにパフォーマンスのばらつき要因を運動学・心理学・脳科学の観点に加え、指導者・選手の発話やドキュメントをもとに定性的な感覚が言語化される過程から分析します。また、導き出された結果をベースに、パフォーマンスの向上につながるコミュニケーションや指導方法論、データ分析に基づく意思決定プロセスのモデル化など、熟達するための手法を検討します。また今回の研究成果をスポーツ以外にもパフォーマンス改善を必要とする業界・領域に対し広めていく予定です。

今後もIPALとアビームコンサルティングはスポーツ産業のより一層の活性化を支援することで、社会の発展に貢献していきます。

早稲田大学インテリジェント・パフォーマンスアナリティクス研究所(略称:IPAL)について

インテリジェント・パフォーマンスアナリティクス研究所は、バイオメカニクス、認知神経科学、感性情報科学、及びサービス・ビジネスを専門とする研究者らで構成された学際的な研究所です。様々なスポーツを研究対象とし、コーチの指導プロセスのモデル化、アスリートのパフォーマンス分析やコンテキスト分析などを行い、その成果を社会応用可能な形で一般化することを目指しています。また、最新のデータサイエンスに基づく早稲田スポーツの強化にも挑戦しています。

アビームコンサルティング株式会社について

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約5,000 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる