Notice大切なお知らせ

北京大学大学院 Yenching Academy の奨学生に選出 社会科学部卒・宮崎さん

早稲田大学社会科学部を2017年に卒業した宮崎一騎さんが、北京大学大学院燕京学堂 (Yenching Academy) の第4期奨学生に選ばれました。宮崎さんは、Yenching Scholarとして学費と生活費全般(渡航費、住居費、食費、研究費など)を全額奨学金として受け取り、中国学(政治学と国際関係学専攻)の修士を1年間で修めます。

宮崎さんは世界中の応募者から選ばれた110人程度の奨学生の内の1人です。

Yenching Academy とは

Yenching Academy は中国と世界への理解を深めた次世代のグローバルリーダーを養成するため、北京大学内に2014年に設立された全額奨学金修士プログラムです。基本的には英語で行われるプログラムですが、中国語ができる場合は北京大学の中国語で行われる授業を履修することもできます。奨学生はプログラムが提供している学際的な領域から自らの関心に合った専攻を選び中国学の修士を修めます。専攻できる領域は以下の6つです:政治学と国際関係学・哲学と宗教学・文学と文化学・法律学と社会学・歴史学と考古学・経済学と経営学。また、Yenching Global Symposium や Yenching Social Innovation Forum 、研修旅行などの課外活動も充実しており、奨学生は多様な側面から中国と世界について学ぶことができます。

早稲田大学は日本で2校しかないパートナー大学の内の1校であるため、Yenching Academy への出願前に行われる早稲田大学の学内選考を通過した候補者には、早稲田大学より Yenching Academy に直接推薦状を出すことができます。なお、大学からの推薦がない場合でも、同様の選考過程で応募することができます。
(学内選考に関するお問い合わせは早稲田大学国際部国際課まで:[email protected]

また、早稲田大学からの推薦はありませんが、似たような全額奨学金修士プログラムとしては、清華大学のSchwarzman Collegeもあります。

宮崎さんのプロフィール

神奈川県出身。県立相模原高等学校卒業。高校時代は英語が一番苦手だったが、「世界の平和に関わりたい」という熱意から、早稲田大学社会科学部に入学。

早稲田大学では国際関係を専攻すると共に、副専攻として平和学を修了。また、他大学との合同ゼミや早稲田大学の留学プログラムを利用したアメリカ(1年間)と中国(半年間)への留学などで勉学を深める一方、バックパック旅での24カ国訪問や国際選挙監視活動をする国際NGOと国連開発計画(UNDP)での長期インターンなどで経験を積んだ。アジアの持続可能な平和に貢献することが目標。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる