Notice大切なお知らせ

鎌田薫総長の最終講義を開催 「民法(債権法)改正の意義」

2018年1月27日、法学学術院教授・鎌田薫総長の最終講義が、大隈記念講堂大講堂で開催されました。最終講義は、文学部創設者・坪内逍遥による「シェークスピア最終講義」(1927年)を嚆矢とする、早稲田大学の伝統行事です。

講義の冒頭、総長のこれまでの歩みが紹介されました。今年70歳を迎えた鎌田総長は、本学嘱任以来およそ40年にわたり、民法・不動産法、フランス法などの教育研究にうちこみつつ、和平後のカンボジアの民法典整備にも参画するなど、研究の成果は国内外の評価を受けています。また2010年11月からは第16代総長として早稲田大学のグローバル化に尽力しつつ、国の審議会・諮問会議等において指導力を発揮してきました。現在も教育再生実行会議の座長、日本私立大学連盟の会長などを務めています。なお3月31日に教授職を退いた後も、11月4日まで総長職を継続します。

講義は本学入学時のエピソードから、「講義というくらいだから学生が主な聴講生かと思いましたが、なかなかご年配の方々にもお越しいただきましたので、話す内容も変えなければなりませんね」と穏やかなトーンで、次第に専門の話題へと移りました。終了後、代表者3名から花束が贈呈されました。

本日の感想を記者から問われた総長は、「総長職は続けますので、今日が最後だという実感は湧きません。ただこれまで40年以上教壇に立ってきて、特に助手の頃に年齢の近い学生・院生と合宿し、熱く語り合ったことが、いまとなってはとても懐かしいです」と語りました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる