東京医科歯科大学-早稲田大学連携ワークショップ開催

2017年11月29日に東京医科歯科大学M&Dタワー26階特別会議室にて、標記ワークショップが開催されました。本ワークショップは、2013年に締結した大学間協定の趣意に基づき、お互いの大学に無い分野を補完、両大学の教員がより水準の高い研究教育に取り組むことを目的としており、7月12日に本学で開催された第1回に続く2回目の開催となります(第1回のニュース記事はこちら)。

第2回目となる今回は「難病・再生医療・医用工学・ロボット」をテーマとして、臨床医学への応用を目指したテーマでの講演・ディスカッションが行われました。開催校である東京医科歯科大学の吉澤靖之 学長による開会の挨拶から始まった第1部では、本学の先進理工学部 武岡真司 教授(ナノシート)と創造理工学部 岩田浩康 教授(医療ロボット)、そして、東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 森尾友宏 教授(原発性免疫不全症)と生体材料工学研究所 川嶋健嗣 教授(手術支援ロボット)がそれぞれ講演を行い、熱心な参加者との質疑応答も行なわれました。

また、第2部からは、本学の鎌田薫 総長も出席し、本学研究推進担当理事の石山敦士 教授と東京医科歯科大学 企画・大学改革・国際展開担当理事の烏山一 教授による進行のもと、本学 副総長・常任理事の橋本周司 教授、東京医科歯科大学 産学官連携・研究展開担当理事の渡辺守 教授が、それぞれの大学の取り組みについて話題提供を行ないました。さらに、本学 創造理工学部 総合機械工学科の梅津光生 教授、先進理工学部 生命医学科の大島登志男 教授および、東京医科歯科大学 研究・評価担当特命副学長の木村彰方 教授からも両大学の連携に向けてコメントが述べられ、参加者を交えた濃密な討論が展開されました。

今回のワークショップも、両大学の個々の研究室の活動や大学としての取組みについて認識を深める良い機会となり、引き続きワークショップを継続し議論を重ねながら、両大学の新たな連携関係の構築に向けて協力していくことで議論は結ばれました。

挨拶をおこなう東京医科歯科大学 吉澤靖之 学長

講演をおこなう本学 先進理工学部 武岡真司 教授

講演をおこなう本学 創造理工学部 岩田浩康 教授

議論に耳を傾ける本学 鎌田薫 総長(左)、東京医科歯科大学 吉澤靖之 学長(右)

第2部のファシリテーター・話題提供:(右から)本学 石山敦士 理事、東京医科歯科大学 烏山 一理事、本大学 橋本周司 副総長・常任理事、東京医科歯科大学 渡辺守 理事

第2部での質疑応答の様子

会場の様子

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる