「狂言の夕べ in Los Angeles」日本の伝統芸能を世界に発信

2017年5月5~9日にわたり、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(英語: University of California, Los Angeles、通称UCLA)にて、野村万作氏(本学第一文学部卒・本学芸術功労者・人間国宝・文化功労者)や野村萬斎氏(本学推薦校友)等の出演による「狂言の夕べ in Los Angeles」、および学際的なシンポジウムとワークショップが開催されました。

2017-05-06-UCLA-Kyogen-Event-0005

5月6日(土)公演前メディア・インタビューを受ける万作氏(左)・萬斎氏(右)

これらは、2014年9月、本学卒業生である柳井正氏(株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)の個人寄付にもとづいて設立され、スーパーグローバル大学創成事業国際日本学拠点活動の一環である、「柳井正イニシアティブ グローバル・ジャパン・ヒューマニティーズ・プロジェクト(柳井イニシアティブ、The Tadashi Yanai Initiative for Globalizing Japanese Humanities)」による研究活動のひとつとして位置づけられ、UCLAと本学の連携のもとにとりおこなわれました。

5日午前は、まずCarolyn Morley教授(Wellesley College)による狂言および野村万作氏の紹介がされ、続いて野村万作氏による“Living Kyogen”と題した、狂言師としての半生を振りかえる講演が写真の投影を交えながらおこなわれました。その後、竹本幹夫文学学術院教授の解説により翌日の公演演目である「梟山伏」「川上」「棒縛」のあらすじ、みどころが紹介されました。会場となったUCLAのHermosa Roomには研究者・学生のみならず一般の聴衆も多数来場し、万作氏の講演に頷いたり、ノートをとったりしながら熱心に聞き入っていました。午後は、“Traditional Japanese Theater and Theater Studies in a Global Age”と題し、米国内外から招聘された20名を超える伝統芸能、映像・演劇研究者によるシンポジウムが開催されました。

2017-05-05-UCLA-Kyogen-Event-0068

シンポジウムにて講演をされる万作氏

本学からは、竹本幹夫教授、児玉竜一教授、埋忠美沙助教(いずれも文学学術院所属)が参加し、”Mapping Theater Studies”, “Japanese Theater Studies Now: Opportunities and Possibilities”, “The Future of Japanese Theater Studies” と3部に分けておこなわれたパネル・ディスカッションでは、国・文化・研究分野など異なるバックグラウンドを持つ研究者が一堂に会し討議をおこなう貴重な機会となりました。

2017-05-05-UCLA-Kyogen-Event-0077

シンポジウムでの万作氏講演に聞き入る聴衆

2017-05-05-UCLA-Kyogen-Event-0199

シンポジウム午後の部にてラウンドテーブルを囲む参加研究者

2017-05-06-UCLA-Kyogen-Event-0168

「川上」を演じる万作氏

6日・7日には、Little TokyoにあるJapanese American Cultural & Community CenterのARATANI Theatreを会場に“AN EVENING OF KYOGEN with Mansaku Nomura and Mansaku‐no-Kai”と題した狂言公演が開催されました。演目上演の前には“Discovering Kyogen” featuring Mansai Nomuraとして、野村萬斎氏による狂言に関する解説と、深田博治氏、高野和憲氏、中村修一氏、内藤連氏、飯田豪氏の5名の狂言師によるデモンストレーションが披露されました。萬斎氏の軽妙で親しみやすい話術は、LA市民はもちろん、普段日本の伝統芸能に触れる機会の少ない現地に暮らす日本の人々も魅了し、狂言についての知識がとても深められ、公演をより深く、楽しく鑑賞できたと大変好評でした。続いて演目「梟山伏」「川上」「棒縛」が上演されました。”Discovering Kyogen”での解説と英語字幕の効果で、満員の会場は狂言師の動作や台詞の一つ一つに大いに沸き、その新鮮な反応は狂言が生まれた時代はかくあったと思わせる、との声も聞かれました。両日とも、最終演目「棒縛」の終了後、日本では見ることのできない演者によるカーテンコールがおこなわれた際は、満場のスタンディングオベーションが起こり、興奮と感動に包まれつつ2日間にわたる公演は幕を閉じました。

2017-05-06-UCLA-Kyogen-Event-0158

「川上」を演じる万作氏

2017-05-07-UCLA-Kyogen-Event-0257

「棒縛」を演じる左から深田氏・萬斎氏・中村氏

2017-05-07-UCLA-Kyogen-Event-0357

公演後スタンディングオベーションにて迎えられる演者のみなさん

2017-05-06-UCLA-Kyogen-Event-0147

2階席まで満席の会場にて演目を鑑賞する観衆

公演には千葉明在LA日本国総領事ご夫妻、柳井一海氏(Chairman, UNIQLO USA)をはじめ、UCLA関係者、今回の公演開催にあたり広報にご協力いただいたLA稲門会や在米校友の方々も多数来場され、それぞれ異なる情景が生み出される3本の演目を堪能されていました。

公演の余韻が残るなか翌8日は、UCLAからほど近いCulver Cityにある公立のバイリンガル教育をおこなう小学校、El Marino Language Schoolにて5年生40人を対象とした狂言ワークショップを開催しました。ワークショップは通訳なしで実施されましたが、生徒の日本語能力や日本に関する知識が非常に高く、問いかけに対する反応の良さや積極性を感じるなど、指導した5名の狂言師も予想以上の手ごたえを感じた様子でした。

8日・9日には会場をUCLA内のダンス・スタジオに移し、主に演劇や日本の伝統芸能、舞踊等を学ぶ学生・一般の方々を対象に、狂言講座(Masterclass)を開催しました。8日は石田幸雄氏、9日は野村萬斎氏が、それぞれ5名の若手狂言師とともに指導をおこないました。いずれの講座も狂言を学ぶ上での心構えとして参加者全員による床の雑巾がけから始まり、挨拶、所作や発声等の指導を受けました。舞台演出や小道具がほとんどない能舞台において、自身の動作と声ですべての情景を表現する狂言の演じ方に、参加者は大いに刺激を受け、貴重な体験となりました。

今回の公演には、野村万作氏が35年前にUCLAで狂言を演じた際の運営関係者も協力しており、万作氏にとってひときわ感慨深いものになったそうです。本学では野村万作氏および萬斎氏の協力のもと、2010年より毎春「狂言の夕べ」を大隈講堂にて開催していますが、5日間にわたる一連のイベントの成功は、これまで築かれた信頼関係をより深めることになり、また同時にUCLAと本学との連携をより確固たるものとしました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる