講演会「杉原千畝とタデウシュ・ロメル」を開催しました

12月12日、本学大隈記念タワー(26号館)多目的講義室にて「杉原千畝とタデウシュ・ロメル ~第二次世界大戦中、ユダヤ人を救った二人の外交官~」を開催しました。

事前申し込みで満席になるほどの高い注目を集めた本講演の中で、まず千畝の長男の夫人である杉原美智氏から、千畝の当時の状況や決断に至った背景など、家族だからこそ知る貴重なエピソードを交えてご紹介頂きました。一方、ワルシャワ大学のルトコフスカ教授からは、駐日本大使として千畝と同じくポーランド系ユダヤ人難民をビザ発給で助けたロメル大使の紹介がありました。

アウシュビッツやまたそれをとりまく当時の状況などついてある程度の知識を有する参加者にとっても、新たな情報を知る興味深い講演会になりました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる