Notice大切なお知らせ

学問を通じて母国に貢献したい ミャンマー人留学生が語る早稲田

11月2日、ミャンマー国家顧問のアウン・サン・スー・チー氏がリーガロイヤルホテルを来訪し、早稲田大学に在籍するミャンマー人学生約16名を含むミャンマーの人々を前に講演を行いました。鎌田総長と森田国際担当理事はスー・チー氏を出迎え、ミャンマー人学生が母国のために熱心に研究に打ち込んでいる様子を報告しました。

早稲田大学では、優秀な研究者や、国の指導者となりうる人材の育成を目指す事を目的として、2014年9月の大学院入学者から、ミャンマー出身者のみを対象とした「奨学金連動型入試」を実施しています。この制度を利用して入学している学生を含め、早稲田大学では16名のミャンマー人学生が学んでいます。また、ヤンゴン大学、ヤンゴン工科大学と大学間協定を結び、関係を深めています。

ミャンマー連邦共和国限定 特別奨学金AO入学試験
(博士後期課程もしくは修士課程+博士後期課程)

アウン・サン・スー・チー氏の来日にあわせ、本学に在籍するミャンマーからの3名の留学生に、日本での生活や、研究内容、将来の夢などについて、お話を聞きました。

第1回では、ミャンマー人留学生に早稲田を選んだ理由と最近の勉強について聞きました。第2回では、日本での生活や将来の夢についてご紹介します。

“家族が賛成してくれたのは、日本だったから”

日本に来る留学生は日々さまざまな問題に直面しています。ビザや生活費、住居の手当など。ミャンマー連邦共和国限定特別奨学金制度ではスチューデントジョブとして、ティーチング・アシスタントやリサーチ・アシスタントの紹介を受ける事ができます。「ミャンマーに興味を持っていただけるので、人脈が広がる機会になっています。先生方は皆とても親切で、なにかあれば頼りにしてね、といつも声をかけてくださいます。また、私がティーチング・アシスタントをしている授業は経済学が専門なので、政治学とは別の分野を学ぶことができます」とカインさん。

チョーさんは、早稲田キャンパスから電車で30分ほどの田無にある女性専用の国際寮に住んでいます。寮に住むことは先輩のタンさんに勧められたとのこと。「寮に住む手続きのほうが楽だ、と教えてもらいました。それに、寮長はとても優しい女性で、英語は話せないのですが、いつも私に話しかけてくれます。日本での暮らしは便利で、特に交通手段は本当に発達していると思います。寮で提供される日本食も好きなのですが、ときどきミャンマーのスパイシーな料理が食べたい時は、高田馬場にあるミャンマー料理を食べに行きます」と、笑顔で答えてくれました。

タンさんはミャンマー連邦共和国限定特別奨学金AO入学試験の第一期生で、先輩のいない挑戦は大変だったと言います。「ミャンマーではクレジット・カードはまだ普及していません。賃貸手続きについての大まかな情報は得ていたものの、対応する手段がありませんでした。アパートを借りるには頭金が必要、在留カードの手続きには住所が必要、そして賃貸手続きには銀行口座が必要。その銀行口座を作るためには在留カードが必要で…という具合に循環します。住居を手配できても、家具や家電を揃えるとなると大金が必要になってしまいました」とその苦労を語ります。

カインさんやチョーさんのように若い女性が海外へ留学する際、家族がその国の治安を心配することは少なくありません。「当初、私の家族はとても心配していましたが、今は日本はミャンマーのように優しい人が多い国という印象を持っています」と、カインさん。チョーさんも「私が留学できたのも、留学先が安全で親切な人が多い日本だったからです」と付け加えました。

ミャンマー人コミュニティーのサポート

このようなミャンマー人学生たちは、学生の会や高田馬場にあるようなミャンマー人コミュニティーのサポートによって、さまざまな問題を乗り越えてきました。タンさんは住まいを探していたとき、ミャンマー人の先輩方が手助けしてくれたそうです。「彼らがいなかったら私は今ここにいません。英語の情報はたくさんありますが、状況がミャンマーと全く異なります。ミャンマー人同士が助け合えることのメリットは大きいです。後輩の学生たちが日本に来た時に面倒を見るのは私の責任であり、義務です」と、タンさんは静かに決意を語りました。

学問を通して母国に貢献したい

3人は、修了後いつか国へ戻り、学問を通してミャンマーに貢献したいと話しています。早稲田大学で学んだ今、タンさんは、学問的な自由が少なかったミャンマーの人々に政治学や哲学を教え、政治やガバナンスに関して「知識のギャップを埋める」ことができる大学教員の大切さを感じたといいます。

ミャンマー社会をよりよくしたい

「ミャンマーの人々は心から優しい人ばかりですし、第3代国際連合事務総長ウ・タントやアウン・サン・スー・チーのようなすばらしいリーダーも輩出しています。しかしミャンマー社会をよりよくするには、国民を体系的に育成する必要があります。日本人は優しいうえ、教育水準が高い。私の目標はミャンマー社会をもっとよくすることで、日本人や日本のシステムから学ぶことは、必ずミャンマーの役に立つと信じています。ミャンマー国民の良心を信じていますし、その人柄の良さを世界の人々に解ってもらいたいです」と語るタンさんは、博士後期課程へ進学する予定です。

日本でのあらゆる勉強が貴重で必ず母国のためになる

カインさんは研究者を目指しています。「日本でさらに学んで、帰国後は政治学を学べる機関を作りたい。ミャンマーの人々が世界をもっと深く知る、そのためには、大学教育のレベルを上げる必要があります。私の夢は、大学教員になってその実現に貢献することです。日本でのあらゆる勉強が貴重で必ず母国のためになります。信じて頑張れば夢は必ず実現すると思います」。カインさんは博士号を取得し、さらに日本で働いて経験を積んでから帰国する計画だそうです。

技術者として研究者として貢献

チョーさんも、博士号を取得し母国の技術のレベルを上げたいと言います。「技術者は重要な人材です。特に海洋産業は2000キロの海岸がある国にとって経済発展のカギなのです。帰国後、母校(ミャンマー海洋大学)で教育・研究に携わることを目指しています」と、知識の普及と人材育成の重要さを力説しました。

“私たちは恵まれている、夢を持てて何でもできる”

3人によると、高学歴のミャンマー人は海外にたくさんいますが、これまでは帰国が難しい状況だったそうです。しかし政治体制の改革により、国に貢献する道が開かれたと言います。「今の若い人は国の未来です。自分たちの未来をつくりたくない? 今は居場所を待つときではなく、自分の居場所を作るときです」というアウン・サン・スー・チーさんの演説を、タンさんはよく思い出すそうです。この言葉に「僕は閃いたし、若い人の姿勢がかわりました。今の時代に生きていて本当に運がいい」とタンさんは熱く語ります。

IMG_0012カインさんも国の将来を明るく見通します。「ミャンマーの女の子はとてもシャイで、私もそうでした。自分の夢を持たないで受け身で生きる人が多い。それが文化だったかも知れない。仕方なく、長年いろんなことを諦めざるを得なかった。私はここに来られてラッキーです。夢を持てて、なんでもできる気がします。この特別奨学金がもらえて、とても恵まれています」と語ります。

さらにタンさんは特別奨学金について、「これは文部科学省やJICAなどの他の奨学金とは比較できません。多くの奨学金は政府間ベースなので、国と特別なつながりがある人に限られます。早稲田の特別奨学金は個人ベースなので、そこが全く違います。リーダーになりたいミャンマー人なら誰でも応募できるのです! 私も他のプログラムなら、チャンスがなかったかもしれません。是非、多くの人に知ってほしい。しかも、政治学や理工学といったミャンマーの将来に不可欠な分野が学べるところも素晴らしい」と評価しました。

最後に3人は、「「早稲田」は「magic word、魔法の言葉」です。この「早稲田」という「魔法の言葉」は他の留学生から教わりました。日本全国どこに行っても、「早稲田」で学ぶ学生というと敬意をもって接してくれます。また、「早稲田」で学んだことは、今後のキャリアにとって必ず有用な経験になります。日本留学の費用が気になるとはいえ、他の国と比べれば学費は安いですし、「早稲田」ではたくさんの留学生と知り合い、グローバルなネットワークが作れるので将来のチャンスにつながります」と語り、海外留学をしたいミャンマーの学生へエールを送りました。

早稲田大学は、世界のために貢献しようと努力する学生に最善の教育環境を提供し続けます。アウン・サン・スー・チー氏の訪日に際し、日本・ミャンマー両国の友好関係のさらなる深化を願うとともに、ミャンマー人学生の将来の活躍に期待します。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる