Notice大切なお知らせ

医学部のない早稲田大学に「稲門医師会」が誕生

早稲田大学には約60万人の校友(本学では卒業生を「校友」と呼んでおります)がおり、医学部はありませんが、本学を卒業した後に別の大学等で学び直し、医療に従事するあるいは医療に従事しながら本学に入学し、卒業した校友は少なくありません。

このような方々から稲門会設立の要望が強く、この度医療に携わる本学校友により、「稲門医師会」が設立されることとなり、2016年1月31日、設立総会が開催されました。会員数は、総会当日現在、医師91名、歯科医師15名、薬剤師6名、看護師8名、準会員(学生)13名の計133名を数え、当日はこのうち91名が出席し、懇親を深めました。

T01_1983

当日は91人の会員が、設立総会に参加しました

これまで医療関係者の稲門会はありませんでしたが、今後は校友ネットワークを構築していき、会員の相互交流、社会への情報発信、大学との健康・研究教育面での連携、地域稲門会・校友との連携など、様々な観点からの活動を展開していくことが確認されました。

T01_2075

会長に選出された羽鳥裕氏(日本医師会常任理事、はとりクリニック理事長)

鎌田総長も設立総会・懇親会に出席し、「本学の最大の魅力である多様性がさらに発展していることを大変嬉しく思っております。本学では、Waseda Vision150のもと、健康・医療など新たな分野への挑戦や、本学と校友を核とした新たなコミュニティの形成などを核心戦略の一つに掲げています。稲門医師会が描く将来像は本学が推進するVisionと相通じるものであり、大学として多様な面からできる限りバックアップを行っていく所存です。」と述べ、医学部はなくとも医理工連携をキーワードとした医学と理工学を融合させた新たな学問分野の創出など、様々な機関と連携しながら本学の独創的な研究を引き続き推進していくことを誓いました。

T01_2017

鎌田総長の挨拶

※稲門会(とうもんかい):本学卒業生の団体で、現在、1,300団体以上の登録があり、日本全国、世界各地で活発に活動しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる