Notice大切なお知らせ

石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞 関連書籍(2005年-2007年)

ジャーナリストの仕事
石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講義録 3

ジャーナリストの仕事石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講義録 3

コーディネーター:花田達朗

発行:早稲田大学出版部

初版:2007年11月10日

価格:1890円(税込)

内容

記者たちはなぜ、どのようにして取材を貫徹するのか―報道現場のインサイド・ストーリを語る。

ジャーナリズムの方法
石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講義録 2

ジャーナリズムの方法石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講義録 2

コーディネーター:花田達朗

発行:早稲田大学出版部

初版:2006年11月30日

価格:1890円(税込)

内容

2005年5月に出版された、石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講座講義録第一巻『報道が社会を変える』に続く講義録の第二巻。 生身のジャーナリストが、薬害C型肝炎・信楽列車事故の報道やイラク・アフガニスタン等の紛争地取材の実態を語る。

報道が社会を変える
石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講義録 1

報道が社会を変える<br>石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講義録 1

コーディネーター:原 剛

発行:早稲田大学出版部

初版:2005年5月31日

価格:1890円(税込)

内容

石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を記念し、オープン教育センターに開設された講座「報道が社会を変えるー取材過程論」の初年度講座の一部を大幅に改訂して刊行しました。
本書では「阪神・淡路大震災」を取材し続ける上羽慶市氏(神戸新聞)、「旧石器発掘ねつ造」をスクープした真田和義氏(毎日新聞)、 「産業廃棄物の島」香川県豊島(てしま)の惨状を告発した曽根英二氏(山陽放送)が報道の現場を熱く語っています。
また、選考委員の内橋克人氏と佐野眞一氏が現代ジャーナリズムのあり方に鋭く迫っています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる