Notice大切なお知らせ

Environmental Activities環境への取り組み

新たな活動を展開エコ・キャンパスからWaseda Eco Futureへ

早稲田大学は、1979年の環境保全センター設置による実験系廃棄物の適正管理を端緒に、さまざまな環境保全活動に取り組んできました。 2000年6月には環境マネジメントシステムを構築し、早稲田キャンパスで「ISO14001」の認証を取得しました。以後6年間 にわたり環境マネジメントシステムを運用し、省エネ・廃棄物削減・水使用量削減・紙使用量削減などで成果が得られました。

WEMS- Waseda University Environmental Management System -

thumb本学では環境に配慮した活動をさらに展開するため、これまで蓄積したノウハウを基に、2006年6月より独自の環境マネジメントシステム (Waseda University Environmental Management System, WEMS) を構築、大学全体で運用を開始することになりました。新たな展開として、環境教育・研究の拡充、活発な環境ボランティア活動、地球温暖化防止、廃棄物削減、リサイクルの促進等の環境保全 活動をこれまで以上に推進します。また、WEMSはISO14001の規格を基に、早稲田大学の意思決定のしくみに合うよう変更し、環境保全活動と安全活動を統合してマネジメントすることを目指して構築しています。

詳しくは総務部環境安全管理課および環境保全センターをご覧ください。

使用電力の「見える化」

thumb 本学では地球温暖化防止対策(CO₂削減)の観点から、学生・教職員が一体となって、省エネに対して持続的に取り組んでいます。
その一つの施策として、ひとりひとりの節電意識を高めるべく、早稲田キャンパス、戸山キャンパス、西早稲田キャンパス、所沢キャンパスの使用電力量の情報を全学で共有化(見える化)しました。

詳細はこちらからご覧ください。

環境保全活動の特徴

  • 環境ボランティア活動の推進
  • 環境教育の推進
    • 環境関連科目の全学オープン科目化
    • 環境懇談会の開催
    • 環境大学院の設置
  • 環境研究の推進
    • 環境問題に関するプロジェクト研究所の設置
    • 地球環境問題談話会の開催
  • 大学周辺商店街や住民、自治体と協力した環境保全活動の展開
  • 独自の環境負荷低減施策
    • 計量の徹底を図った廃棄物排出システム
    • 優良な廃棄物関連業者を選定・育成する東京都との協同
    • 学生と共同開発した分別しやすいごみ箱によるリサイクルの推進
    • 効率のよい機器への転換による地球温暖化物質排出抑制
    • (東京都地球温暖化対策計画書ではAAの評価)
  • 学生の環境保全活動の積極的なバックアップ

エコフューチャー委員会

TEL 03-3204-9766

E-mailecofuture@list.waseda.jp

早稲田大学 自然環境調査室

自然環境調査室は、所沢キャンパス人間科学部が開設された1987年に設置され、周辺に良好な自然環境が残存しているキャンパスにおいて、自然環境の調査と研究を行うために組織されました。

早稲田大学についてAbout Waseda

About Waseda 大学紹介

大学紹介

早稲田大学の概要や歴史をご紹介します。

Special Activities 大学の取り組み

大学の取り組み

建学理念に基づき、大学内外において、さまざまな事業に取り組ん...

Public Information 情報公開

情報公開

教育や研究にかかわる主要なデータをまとめて公開しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる