Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

プロジェクト研究

アンコールの遺構から見た建物設計技術に関する研究—韓国・日本の伝統設計技術と比較を通じて—

Research on building design technology from the perspective of Angkor's remains —through comparison with traditional Korean and Japanese design technology—
  • 研究番号:21C05
  • 研究分野:environment
  • 研究種別:奨励研究
  • 研究期間:2021年04月〜2022年03月

代表研究者

金柄鎭 理工総研が募集する次席研究員
KIM Byungjin Researcher

理工学術院総合研究所 小岩 正樹 研究室
Waseda Research Institute for Science and Engineering

URL:https://w-rdb.waseda.jp/html/100002878_ja.html

研究概要

アンコールワット遺跡研究は建物配置、建物の比例の中で、細かい寸法計画に対する建物立面などの研究はまだされてない部分で、これから明らかに研究しなければならないものであります。ここで着目して、今までの自分の研究の方法論を利用して比較研究を計画しています。この研究を通じて、各国の遺構の建立方法が違うことからどのぐらい類似性があるのかも研究の結果の一部分になります。

Step1(初年度)資料収集バイヨン寺院の設計図を集める。早稲田大学建築史研究室は20年前からアンコールの研究を進行しているので、遺跡のデータ、資料は準備している。足りない部分は見地調査を通じて資料準備を進みます。
Step2(2年次)資料分析アンコール遺跡の寸法を分析、各建物別に寸法の整理をする。また、足りない資料、寸法などを調査するため出張を実施する。
Step3(最終年)比較研究、成果公開最終年代として、日本建築学会に最終論考の提出作業をする。特にStep2に分析した結果から比較研究をして研究成果の原稿を執筆する。執筆が終わったら成果の報告と建築学会に論文を提出する。

年次報告

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる