School of Law早稲田大学 法学部

News

法学部学生活動報告ーコロナ禍で挑戦する模擬裁判

法学部3年生中田 己悠さん(北海道出身)

法学部ではコロナ禍においても教育・研究活動が活発に行われています。
今回は、12月8日(火)開催予定の第66回模擬裁判(民事)の実行委員長として
開催準備をしている法学部3年生中田 己悠さん(北海道出身)に、現在の取り組み
や早稲田大学に入って感じた事をインタビューしました。

【法学会主催】(アーカイブあり)12月8日(火)開催第66回模擬裁判(民事)の詳細はこちら

■今特に取り組んでいることについて

12月8日(火)開催の早稲田大学法学会模擬裁判(民事)(編集注※)の実行委員長として企画を進めています。「AIと民事法の交差点」という全く新しいテーマと、コロナ禍での開催という、二重の未知の領域であるためにいろいろ困難なことはありますが、先生方、先輩方、今回の実行委員と共に議論を深め知恵を出し合って当日に向けて準備をしています。

ー企画において、特に困難な点を教えてください
まずは開催自体が危ぶまれました。先生や先輩が代々開催してきた伝統ある模擬裁判ですが、コロナ禍なのでイベントを開催してよいのかというところからの出発でした。大学の方針を鑑みながら、先生の後押しもあり、開催しよう!と決意。しかし今度は、法学分野の先行研究が少ないAIというテーマにおいて、模擬裁判として成り立つのかという危惧もありました。また、例年のように観客を大隈講堂に入れられないため、オンライン配信をすることになり
ましたが、技術面や予算面においても大きな壁がありました。

ー開催を決めた中で困難をどのように乗り切ったのでしょうか?
実行委員にはいろいろな班があるのですが、法律班は粘り強く文献を集めて模擬裁判を設計してくれましたし、さまざまなことをゼロベースで検討をする必要がある中で、各班のメンバーがZoomで幾度も日を跨ぐ議論をし今の形にしてきました。また、テーマの先進性に対しては、期せずしてAI研究の第一人者である理工学術院の尾形哲也教授にご相談できる環境(実際に模擬裁判にもビデオ参加していただきます)を、今回中心的にご指導いただいている山口斉昭法学部教授(専門は民法)に設けていただきました。これにより法学分野の知見だけでは不明であった点や、気づかなかった側面を克服でき、議論や論理構成に深みが増しました。加えて、配信については早稲田大学放送研究会の絶大なる協力を得られることとなり、多くの皆さまにご覧頂ける目途がつきました。

■早稲田大学に入ってきてよかったこと

早稲田人は自分なりの目標を持って生きている人が多いというのが印象です。そしてその目標を語り合える環境もあります。また人とのさまざまな出会いを通して、新しい自分との出会いがあったのは大きな点です。私自身で言うと、一年生の必修授業で感銘を受けたことで法律を扱う仕事に就きたいと考え、松澤伸法学部教授(専門は刑法)と出会って研究の魅力について知ることができました。入学後に切磋琢磨できる仲間や尊敬できる先輩、素晴らしい教授など、いろいろなスゴイ人・多様な価値観に出会えたことで入学当初想定しなかった研究者への道を志し勉学に励んでいます。また、あらゆる環境が整った早稲田大学では、手を伸ばせば望む図書も機会もつかむことができます。今回の模擬裁判のイベントも困難な重なりましたが、早稲田にいたからこそ縁が重なり、開催への道が開けたと思っています。

■受験生へのエール

塾の講師もやっていますが、12月の今が一番つらいと思います。自分がやってきたこと、やっていることが正しいのか、迷いも生じるかと思いますが、日々粛々と取り組むことが大切だと思います。迷ってもあと少しです。いろんな人や価値観に出会い、知らない自分を知ることができるのが早稲田大学です。

■模擬裁判に向けて

AIを素材とした従来とは全く違った模擬裁判になるのではと考えています。答えが本当にない中で、何が正しいのか違うのかを皆さんと考えられればと思いますので、どうぞ楽しみながらご覧下さい!

 

※早稲田大学法学会は1922年に設立された法学学術院の教員・学生・校友で構成される組織であり、法学の研究及びその普及発達を通じて学問的気風を高めるとともに、相互の親睦を図ることを目的としている。「早稲田法学」等機関誌の出版や模擬裁判含む各種研究会・講演会を開催している。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/law/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる