Waseda Business School (Graduate School of Business and Finance)早稲田大学 大学院経営管理研究科

教員

斉藤 賢爾 教授(SAITO, Kenji)

専門分野

フィンテック、分散ファイナンス専門

略歴

東洋大学文学部卒業。コーネル大学より計算機科学において工学修士号 (M.Eng) を取得。慶應義塾大学よりデジタル通貨の研究で博士号 (政策・メディア) を取得。日立ソフトウェアエンジニアリング(株) (現 日立ソリューションズ)、ジオワークス(株)、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師、(株)ブロックチェーンハブ Chief Science Officer (現在も継続) 等を経て現職。

早くよりデジタル通貨やブロックチェーンに着目し、分散ファイナンスを含む未来の経済社会の在り方を研究する。

主な研究業績・著書

【論文】

  • Kenji Saito and Mitsuru Iwamura, “How to make a digital currency on a blockchain stable”, Future Generation Computer Systems, Volume 100, 2019, pp.58-69
  • Mitsuru Iwamura, Yukinobu Kitamura, Tsutomu Matsumoto and Kenji Saito, “Can We Stabilize the Price of a Cryptocurrency?: Understanding the Design of Bitcoin and Its Potential to Compete with Central Bank Money”, Hitotsubashi Journal of Economics, Vol.60 No.1, 2019
  • Kenji Saito, Shinji Hatta, Toshiya Hanada, “Digital Currency Design for Sustainable Active Debris Removal in Space”, IEEE Transactions on Computational Social Systems, Volume: 6, Issue: 1, February 2019, pp.127-134
  • 斉藤賢爾, 「スマートコントラクトによる土地売買を考える」, 土地総合研究 2017年夏号, 2017年9月, pp.18–24
  • 斉藤賢爾, 「衰退する貨幣経済: FinTech は経済の意味を変える」, 企業会計= Accounting, vol.69, no.6, 2017年 6月, pp.760-766
  • 斉藤賢爾, 「 ブロックチェーン, 分散レジャー技術と社会の未来 — 空中約束固定装置のある暮らし —」, 情報処理 2016年12月号「特集社会を変えるブロックチェーン技術」, 情報処理学会, 2016, pp.1210–1215
  • 斉藤賢爾, 「ビットコインというシステム」(特集情報通信プラットフォームをめぐる法と政策/暗号通貨の諸問題 (ビットコインを題材に)), 第39回法とコンピュータ学会研究会報告, 法とコンピュータ33, 2015年7月, pp.21–29
  • Kenji Saito, “TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Disaster and Social Media: A Chronological Overview,” International Review of Information Ethics Vol. 18, December 2012, pp.30–39
  • Kenji Saito and Eiichi Morino, “Brighter Side of Risks in Peer-to-Peer Barter Relationships,” Future Generation Computer Systems, Volume 26, Issue 8, October 2010, pp.1300–1316

 

【著書】

  • 斉藤賢爾「信用の新世紀 — ブロックチェーン後の未来」, インプレスR&D, 2017年12月
  • 斉藤賢爾「お金のギモン! 何で私に聞くんですか?」, 金曜日, 2015年6月
  • 斉藤賢爾「未来を変える通貨 ビットコイン改革論」, インプレスR&D, 2015年6月
  • 斉藤賢爾「インターネットで変わる「お金」ビットコインが教えたこと」, 幻冬舎ルネッサンス新書, 2014年12月
  • 斉藤賢爾「これでわかったビットコイン — 生きのこる通貨の条件」, 太郎次郎社エディタス, 2014年4月
  • 斉藤賢爾「不思議の国のNEO — 未来を変えたお金の話」, 太郎次郎社エディタス, 2009年5月

 

講義科目

・フィンテック ─ 金融革新とインターネット (日本語・英語)

・NPO の経営 (2019年秋のみ)

・ブロックチェーンと分散ファイナンス (夜間主プロFゼミ)

主な対外活動

慶應義塾大学 SFC 研究所 上席所員、国際大学 GLOCOM 客員研究員、SBI 大学院大学 金融研究所 フィンテック研究会 研究員、(株)ブロックチェーンハブ Chief Science Officer、自律分散社会フォーラム 副代表理事、ビヨンドブロックチェーン 代表、アカデミーキャンプ 代表。

50音順一覧に戻る
専門分野別一覧に戻る

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる