Waseda Business School (Graduate School of Business and Finance)早稲田大学 大学院経営管理研究科

About the School

研究科について

Evening MBA (Specialized)Management Track

夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修)

夜間主プロフェッショナルとは

スペシャリティを武器に経営幹部となることを目指す人、および財務・金融のスペシャリストを目指す人に向けた、2年間のプログラムです。授業は平日夜間と土曜日に開講されるため、働きながら自身をブラッシュアップすることが可能です。専門別モジュール制により、マネジメントの主要各分野を深く掘り下げて学べる「マネジメント専修」と財務・金融のスペシャリストを育てる「ファイナンス専修」にわかれます。両専修とも、関心に応じて柔軟に学びを広げることが可能です。

マネジメント専修

2年間かけて深掘し磨き上げる、専門性の高いMBA

スペシャリティを武器に経営幹部になることを目指す人に向けた2 年間のプログラムです。授業は平日夜間と土曜日に開講されるため、働きながら自身をブラッシュアップすることが可能です。指導教員を指名して入学するモジュール制(経営戦略、マーケティングや人材・組織マネジメント等)を採用し、専門分野と関連分野双方に通じたプロフェッショナルの育成を目的としています。
入学後から始まる2年間のゼミを通して、個々の問題意識に沿ったテーマを決め、その深堀(問題の発見・仮説・調査・分析・考察)の成果として専門職学位論文をまとめます。

モジュールとは

モジュールとは一種のサブコースであり、各モジュールに1つの演習と5~8のモジュール専門科目が配置されます。モジュールは出願時に選択します。

入学試験情報

入学試験の種類

夜間主プロフェッショナルプログラム(マネジメント専修)では、以下の入学試験区分があります。入試の詳細については「入学試験情報」ページからご確認ください。

  •  一般入試(秋募集のみ)

スケジュール

研究科日程

曜日・時限

授業時限は以下のとおりです。

平日 土曜
1時限 × 9:00~10:30
2時限 × 10:40~12:10
3時限 × 13:00~14:30
4時限 × 14:45~16:15
5時限 × 16:30~18:00
6時限 × 18:15~19:45
7時限 18:50~20:20 ×
8時限 20:30~22:00 ×

カリキュラム・専門職学位論文

修了要件

2年以上在学して50単位以上を修得し、演習および研究指導を経て専門職学位論文を執筆します。論文審査および試験に合格した者に対して、「経営管理修士(専門職)」の学位が授与されます。

必修コア
科目
日英科目
海外開講科目
一般選択科目
専門研究
演習 研究指導 専門職学位論文
14 24~ 8 合格 4 50

※ 早稲田大学内の他研究科や交換留学先の海外大学院に設置されている科目の単位は、審査の上、修了必要単位に算入できる場合があります。
※モジュール専門科目(所属するモジュールが指定する選択科目)の中から、3科目6単位以上修得することを履修指導します。
※選択必修コア科目(MBAプログラム)を修得した場合、一般選択科目の単位として算入します。
※「研究指導」に単位付与はありませんが、所定の指導を受け合格する必要があります。
※「研究指導」は2年次以降の配当となります。

Web シラバスシステム

以下のURLより各科目のシラバスを閲覧することができます。

https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA101.php

専門職学位論文

専門職学位論文は、学生が講義科目の履修を通じて得た知識、演習およびプロジェクト研究における研究成果をもとに、特定の課題における研究成果を研究論文、新規事業提案(ビジネス・プラン)、事例研究(ケース)等の形で集約したものです。専門職学位論文の審査合格に対しては4単位が付与されます。

論文題目一覧

2018年3月修了者題目一覧

※以下は経営管理研究科統合母体である「商学研究科ビジネス専攻」修了生の論文題目一覧となっています。

モジュール一覧

2020年度募集モジュール

競争戦略 モジュール担当教員 教授 内田 和成

OLYMPUS DIGITAL CAMERA使える経営戦略を学ぶゼミです。競争環境が激変する時代には、これまでの戦略がそのまま通用しないことが多く、異業種からの参入者やITベンチャーからの領海侵犯など、次々と異業種競争が発生します。当然ながら、これまでのゲームのルールが通用しない、すなわち今日の勝者が明日の敗者になります。一方で、変化はチャンスです。勝ち残るための柔軟な思考法に加えて、実践力を学ぶことです。そのために、まずはオーソドックスな競争戦略の基本を学び、ついで新しいタイプの競争戦略を学んでいくことです。専門科目の講師陣も、アカデミックな学者もいれば実務家もいます。まさに何でもありの乱世を生き抜く経営戦略を多面的に学ぶための道場が本モジュールです。

モジュール専門科目

  •  競争戦略研究
  • 実践コーポレート戦略
  • 事業計画策定
  • サービス・マーケティング
  • 経営者の意思決定 など

グローバル経営 モジュール担当教員 教授 平野 正雄

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本モジュールは、グローバルをキーワードにしながら、第一線のビジネス現場にて活躍できる人材の育成を目指しています。重点を置いているのは、学生一人一人のビジネスパーソンとしての総合力の底上げです。そのためにナレッジ(専門知識の深堀)、スキル(課題解決能力の修得)、そしてマインド(人間的な成長)を一体的に強化するための総合的な教育プログラムを提供しています。まず、ナレッジについては、主に論文執筆を通して最新の理論を理解すると共に、実際の応用事例を学ぶことで、実践的な知識として体得することを目指します。その際のテーマは、戦略策定、ビジネスモデル設計、組織人事改革、M&A、イノベーションなど、学生自身の関心に基づいて柔軟に設定することが可能です。次に当モジュールでは課題設定力、論理思考、戦略構想、デジタルリテラシー、コミュニケーションを含む現代人の必須スキルである課題解決能力全般の強化に重点的に取り組んでいます。そのための独自の演習プログラムやワークショップを繰り返し実施しており 、 課題解決 能力 を徹底的に 鍛えて いき ます。さらにマインドについても 、 専門家を 交 えて メンタル 強化のエクササイズ を行うことや、 仕事を離れて 自分自身を見つめ直す場を設 けて 、これからのキャリアやライフプランを考える こと などに取り組んでいます 。 このように 当モジュールでは 濃密な 学習と体験を 提供することで 、 学生一人一人 が 着実に自らの 能力を 高め 、 人間的な成長 も 果たしていく こと を目指しています 。将来 を 見据 え て 、しっかり自分を鍛え上げたい方々の応募をお待ちしております。

モジュール専門科目

  • グローバルビジネス理論
  • グローバル人事管理
  • グローバルM&Aのマネジメント
  • グローバルビジネスのマネジメント など

Facebookページはこちら

平野ゼミ紹介資料(PDF)

マーケティングと新市場創造 モジュール担当教員 教授 川上 智子

多様化する今日の市場や消費者の実態を的確に把握するための分析力と、効果的かつ創造的なマーケティング戦略を策定するための構想力の双方を養成することを目的とします。本モジュールの基本的なスタンスは、理論と実践との有機的な連動をはかることにあります。授業やゼミを通じてマーケティングの基礎理論と先端理論の学習をすすめるとともに、事例を題材とした考察、実務で活躍しているマーケティングのスペシャリストとの議論などを通じて、理論と実践とを架橋するための姿勢や考え方についても学んでいきます。

モジュール専門科目

  • マーケティングと新市場創造
  • マーケティング・リサーチ
  • ブランド戦略
  • サービス・マーケティング など

事業創造とアントレプレナー モジュール担当教員 教授 長谷川 博和

OLYMPUS DIGITAL CAMERA本モジュールのねらいは、「事業創造とアントレプレナーに関するマネジメント」の分野における高度な専門性を獲得することです。その中心的受講生は、①将来ベンチャー企業を創業することを想定する方、②大企業で新規事業や新たな収益源を生み出したい方、③ファミリービジネスの事業承継者、の3分野です。この3分野における成功・失敗要因を評価・分析し、不連続な技術革新についての対応力をつけ、更にはオープンイノベーションを推進するために、大企業、ベンチャー企業とファミリー企業との連携の在り方等を検討することによって、専門職学位論文を仕上げることを目的とします。これら3分野は独立して存在するのではなく、相互に関連しながらダイナミックに成長してゆくものであり、その相関性について重点的に議論していきます。本モジュールの基本姿勢は、実践と理論の融合を重視して進めてゆくこと、「明るく厳しいモジュール」となります。

モジュール専門科目

  • スタートアップ・ファクトリー
  • 事例で学ぶベンチャー経営・新規事業の創造
  • ファミリービジネスと国際化
  • ベンチャー・ファイナンス など

 

プログラム担当教員からのメッセージ

夜間主プロフェッショナルプログラム・マネジメント専修は、モジュール(ゼミ)という仕組みを通じて、2年間で特定の専門科目をより深く学べる点が大きな特徴です。通常の必修・選択科目を履修しつつ、モジュール科目を集中的に履修することによって、経営幹部職としてのステップアップと専門性の深化を同時に追求することができます。入学時点で所属するゼミがすでに決まっているため、専門職学位論文の執筆にも十分な準備時間をかけて取り組めます。同じ分野を専攻し、長い時間を共に過ごすゼミ仲間とは、より深い知見を共有することができ、現役生同士だけでなく、修了生との間にも家族のような強い絆が築かれます。毎週行われるゼミでの議論はもちろん、ゼミごとに特徴のある企業見学やスタディツアーといった対外的な活動を通じて、外部との間でも多様な化学反応とネットワークが生まれています。こうした学びのプロセスで得られた広範で濃密な人脈は、今後の人生にとって、必ず有益なものとなるはずです。

内田 和成教授
競争戦略、リーダーシップ専門。東京大学卒業。慶應義塾大学経営管理研究科修了(MBA)。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)日本代表、サントリー社外監査役などを歴任。キユーピー社外取締役、ライオン社外取締役。

ゼミを通して卒業後も続く人的ネットワーク基盤に

20150408_124534応募する時点で深めたい分野がある程度はっきりしている方には、夜間主プロフェッショナルプログラム・マネジメント専修をお薦めします。スペシャリティを武器に経営幹部を目指す社会人向けで、その特徴は「モジュール」の仕組みにあります。コア科目を通してバランスよく学ぶと同時に、モジュールごとに専門科目や演習を通して問題意識を共有する仲間と専門性を高めていきます。専門知識の深化とジェネラルマネジメント能力醸成が同時にできます。ゼミにはスタート時点から2年間所属し、専門職学位論文を仕上げていきます。週に1回行われるゼミでは、各分野の教員の指導のもと、仲間との熱い議論が行われます。ゼミ合宿などの活動を通してゼミ生同士には強い紐帯が生まれ、先輩・後輩とのつながりを通して卒業後も続く人的ネットワーク基盤となります。ゼミは、早稲田で「結び・拡げる」ための基盤です。WBSでの同期は約300人。特にそのうち約半数の夜間主学生とはともに学ぶことになりますが、「帰っていく港」としてのゼミに最初から所属できるのは大きな利点です。

杉浦 正和教授
京都大学卒業、スタンフォード大学経営大学院修了(MBA)。日産自動車(海外部門)、ベイン、マーサー、シティバンク(リーダーシップ開発)、シュローダー(人事部長)等を歴任。人材育成学会理事、早稲田大学GSL研究
所所長、国立音楽大学理事(経営戦略担当)。

学生紹介

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/wbs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる