Graduate School of Commerce早稲田大学 大学院商学研究科

For Prospective Students

受験生の方へ

Recommendation

商学部から商学研究科への推薦

11月17日(金)18:30から 11号館503教室で商学部生限定の進学説明会を実施します。
事前登録された方には軽食をお配りしますので、お誘いあわせの上是非ご参加ください。

商学部・商学研究科 5年一貫修了制度について

商学部の皆さんへ

商学部生の皆さんで一定の条件をクリアした希望者については、早期修了制度により早稲田大学大学院商学研究科で【一年間の在学で修士学位が取得】できます。

修士課程進学者は高度専門職業人として社会に出られる方もいれば、研究者を志し博士後期課程に進学される方もいます。学部4年プラス大学院1年で継続した指導を受けながら、社会に出る上で強みとなる専門性を短期間に身に付け、自分自身のキャリアに対する選択肢を広げられる制度です。

  • 本制度のパンフレットはこちらからご覧いただけます

学部在学中に留学を希望される方へ

従来商学部で留学した場合、渡航時期によっては就職活動期間と重複して延長生になってしまうことを懸念されることも多いかもしれません。【5年一貫修了制度】では、延長生としてではなく大学院生としてより商学分野の専門性を深く学び、留学経験をより活かした上で就職活動に臨むことができます。

5年一貫修了制度適用者になるには

基準
学部在学中の成績 6セメスター終了時点で、GPA2.60以上(上位25%相当)
(全員適用)
4セメスター終了時点で、GPA2.70以上(上位20%相当)
(5セメスター以降に2セメスター以上の留学予定者)
大学院科目先取り履修 7セメスター以降に、大学院科目を先取り履修し10単位以上を修得する事(大学院入学後、16単位まで単位認定可能) 学部在学中は自由科目扱いとなる
推薦入試 推薦入試合格者 出願時に、指導教員承認済みの「早期修了希望届」を提出
  • 上記GPA基準を満たした時点で制度適用者とみなし、資格審査等は行いません。
  • 大学院進学後の条件(参考)
    大学院入学後は1セメスター終了時点で22単位以上修得し、2セメスター終了時点で修了要件単位数32単位以上修得および修士論文評価がA+またはAであること。

大学院設置科目の先取り履修について

上記の通り、学部在学中(7セメスター以降)に大学院設置科目を最低10単位(5科目)以上合格する必要があります。(大学院進学後は16単位(8科目)まで単位認定されます)大学院設置科目の履修を希望される場合は商学部科目登録ページから詳細をご確認ください(対象科目は例年3月中旬以降に掲載予定です)

学費について

商学部生が商学研究科に進学する場合は入学金(20万円)が不要となります。また、年間およそ70万円の学費に対して、[商学部寄附講座大学院進学奨学金(20万円/学部生時に選考・支給)] 、[商学研究科(商学専攻)奨学金(25万円/大学院進学後に選考・支給)]が申請可能となり、商学部からの進学者にたいしては手厚い奨学金を用意しています(なお、採用は申請者の中から選考します)。

推薦サポートについて

5年一貫修了制度適用者になるためには推薦入試で合格する必要がありますが、その場合、指導教員の推薦書が必要となります。商学研究科ではゼミに入っていない学生にたいして推薦入試のためのサポートを行っておりますので、興味がある方は遠慮なくお越しください。もちろん、制度そのものの問い合わせでも結構です。

お問い合わせ

商学部事務所 w16aa@list.waseda.jp
商学研究科事務所 gsc-ac@list.waseda.jp

推薦入試出願サポート

ご自身で推薦書を手配できる学生は、本サポートを受ける必要はありません。

商学部から商学研究科への推薦入学を希望する学生は、推薦入試出願時に教員からの推薦書が必要となります。「ゼミに所属していない」「専門とする分野を変えたい」などの理由で推薦書のことで困っている方は、お気軽に商学研究科事務所までご相談ください。推薦書作成のための教員との面談をサポートします。
なお、指導を希望する教員はご自身で決定いただきます。面談は指導希望教員と行うわけではありませんのでご注意ください。

対象となる学生

商学研究科修士課程の推薦入試出願要件を満たしている商学部生のうち、推薦書について相談を希望される方

出願資格

早稲田大学商学部に在学中で、商学研究科修士課程入学までに卒業が可能であり、出願時の商学部における通算学業成績(GPA)が2.50以上の者。

サポート内容

推薦入試出願に関する相談を受け付け、推薦書を執筆いただく教員との面談をサポートします。
お困りの方はお気軽に事務所までご相談ください。
(推薦状は教員面談の結果を踏まえて作成されます)

必要書類

  1. GPA証明書[事務所で相談の際に提出]
  2. 志望理由書、研究計画書[教員との面談までに提出]

出願までの流れ(2017年度実施)

Step1 事務所に相談

  • Ⅰ期:5月22日(月)〜5月24日(水)
  • Ⅱ期:7月10日(月)〜7月12日(水)
  • Ⅲ期:11月13日(月)~11月15日(水)

Step2 教員との面談

  • Ⅰ期:5月29日(月)〜6月2日(金)
  • Ⅱ期:7月17日(月)〜7月21日(金)
  • Ⅲ期:11月20日(月)~11月24日(金)

Step3 推薦入試出願

  • Ⅰ期:6月5日(月)〜6月9日(金)
  • Ⅱ期:7月24日(月)〜7月28日(金)
  • Ⅲ期:11月27日(月)~12月1日(金)

推薦入学奨学金

推薦入試によって商学部から商学研究科に内部進学する学生を対象とした、返還の必要のない完全給付型の奨学金は2種類あります。

奨学金名

奨学金名 対象者 選考基準 年額 採用数
寺尾巖奨学金※1 早稲田大学商学部在学生で、推薦入試によって早稲田大学大学院商学研究科に進学する者 推薦入試
最優秀合格者
30万円 1名
商学部寄附講座
大学院進学奨学金※2
成績等により判断
(推薦入試合格者)
20万円 25名
  • ※1.本学名誉賛助員寺尾巖氏の寄附からなる奨学金です。
  • ※2.「『学識ある実業家』を育て、社会に送り出す」という商学部の教育理念に賛同いただいた企業等からの寄附講座寄附金からなる奨学金です。

申請方法

入試要項をご確認ください。なお、他の奨学金と併願することは可能ですが、商学研究科への進学支援を目的とした他の学内奨学金と併給することは出来ません

※Ⅰ期での採用者が多かった場合、修士推薦入試Ⅱ期以降での申請受付を行わない場合があります。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/gsc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる