Graduate School of Commerce早稲田大学 大学院商学研究科

For Current Students

在学生の方へ

Classes, Absences, Cancellations

授業・授業欠席・休講/補講

授業

  • サブゼミ等で教室の一時利用をご希望の方はこちら

2019年度秋学期の時間割を更新しました。(8月26日更新)

 

2019年度

プログラム 教室・時間割 教室・時間割変更情報
商学専攻 修士・博士 春学期

教室・時間割変更一覧
(秋学期)

 

教室の変更があっても「教室・時間割」のPDFの更新は致しません。
教室変更はすべて「教室変更情報」で更新致します。

授業欠席

以下の事例により、「授業欠席(オンデマンド授業における未受講を含む)」、「レポート未提出」等に該当する場合は、商学研究科事務所で手続きを行うことで、その間の取り扱いについて成績評価において不利にならないよう当該科目の担当教員に配慮を願い出ることができます。ただし、欠席の取り扱いの最終的な判断は、担当教員の判断によります。

忌引きの場合

  • 忌引きの対象および日数
    対象:1親等(親、子)、2親等(兄弟姉妹、祖父母、孫)および配偶者
    日数:授業実施日連続7日まで(ただし、対象者が海外在住者の場合は、柔軟に対応する)
  • 手続き方法
    1.欠席期間終了後10日以内に、商学研究科事務所に以下2点を提出する。
    忌引きによる欠席届(表)/忌引きによる授業欠席等に関する取扱いのお願い(裏)(両面印刷)
    ②欠席理由を証明するもの(会葬礼状等)
    2.商学研究科事務所にて「忌引きによる授業欠席等に関する取扱いのお願い」(事務所承認印有)を受領する。
    3.教場にて、担当教員に(オンデマンド授業の場合は科目設置箇所に)、「忌引きによる授業欠席等に関する取扱いのお願い」(事務所承認印有)を渡し、配慮を願い出る。

その他の事情で欠席する場合

欠席届が発行可能な理由は、以下1~4のいずれかの場合に限ります。

1.裁判員候補者に指名され、裁判所に出頭した場合
2.「学校において予防すべき感染症※」に分類される感染症に罹患した場合
3.「学校において予防すべき感染症」以外の病気や怪我を負った場合
4.その他(交通機関の乱れや弾道ミサイル発射に伴うJアラート発信等により、通学が危険又は困難であると自身で判断し、通学を見合わせた場合)
※保健センターホームページ参照。

  • 手続き方法
    1.欠席期間終了後7日以内に、商学研究科事務所に以下2点を提出する。
    裁判員制度に伴う配慮願/感染症等に伴う欠席届
    ②欠席理由を証明するもの(診断書、遅延証明書等)
    2.商学研究科事務所にて「裁判員制度に伴う配慮願/感染症等に伴う欠席届」(事務所承認印有)を受領する。
    3.教場にて、担当教員に(オンデマンド授業の場合は科目設置箇所に)、「裁判員制度に伴う配慮願/感染症等に伴う欠席届」(事務所承認印有)を渡し、配慮を願い出る。

休講/補講

休講

大学の行事あるいは各科目担当教員の止むを得ない事情により、その授業を休講とすることがあります。休講は、商学研究科掲示板およびMyWasedaよりご確認ください。 なお、休講科目に関する電話やメールによる問合せには一切応じられません。 また、首都圏JR等交通機関がストライキを実施した場合、あるいは気象警報が発表された場合も休講措置が取られることがあります。

補講

授業が休講となった場合、原則的に補講が行われます。 補講の実施については、商学研究科掲示版およびMyWasedaよりご確認ください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/gsc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる