Graduate School of Commerce早稲田大学 大学院商学研究科

Why GSC

受験をお考えの方へ

FAQ

よくあるご質問

よくお問い合わせいただく項目を掲載しています。
入試日程や過去問題、出題範囲などについては入学試験情報をご参照ください。
本ページに掲載している内容以外の質問がある場合は、[email protected]までお問い合わせください。

全般

入学時期はいつですか

修士課程・博士後期課程は4月と9月、一般科目等履修生は4月のみです。

事前に教員に会った方が良いでしょうか

【修士課程】
指導を希望する教員への事前のコンタクトはお断りしています。
研究指導内容や教員の個別の研究業績・論文・著書などを確認し、志望する教員を選択してください。

【博士後期課程】
事前コンタクトの可否は教員により異なります。
指導を希望する教員が事前コンタクトを可としているかどうかは、研究指導紹介からご確認ください。

【一般科目等履修生】
特定の教員の指導は受けませんので、事前コンタクトは不要です。

商学系以外の学部・研究科出身ですが大丈夫でしょうか

出身学部・研究科は問いません。

倍率はどれくらいですか

入学試験情報「入試データ」をご参照ください。

入学試験要項を送ってもらえますか

試要項および出願書類は紙での配付や送付はしておりません。
本サイトよりダウンロードしてください。

短期滞在査証(ビザ)取得手続きの際に招へい人・身元引受人になってもらえますか

早稲田大学が引受人になることはできません。
ご自身でご手配ください。

出願について

出願書類が届いたら連絡をもらえますか

当研究科からは連絡をしませんので、簡易書留等の追跡ができる形でお送りください。
同様に、中国の大学を卒業した方は提出必須の「Online Verification Report of Higher Education Qualification Certificate」が届いているかどうかのお問い合わせにはお答えできません。何か問題があれば当研究科より受験生に直接連絡します。

卒業証明書は卒業証書と同じですか

「卒業証明書」と「卒業証書」は異なります。
卒業時に取得する「卒業証書」や「学位記」は通常再発行できませんが、当研究科にご提出いただく「卒業証明書」、「成績表」および「学位取得証明書」(中国の大学出身者のみ)等は、基本的に何度でも発行できます。
大学によっては「卒業証明書」の代わりに「卒業証書の写し」や「卒業証書の翻訳」に、原本と相違ないことを証明する文面を記載し、大学の公印を押した文書を発行するところもあります。これらも「卒業証明書」の原本として扱いますが、ご自身でコピーされたものや大学の公印がないものは認められません。

日本と海外の大学のダブルディグリーですが、日本の大学の証明書だけ提出すれば良いですか

両方の大学の証明書を提出してください。

語学能力証明の提出が間に合いません

原則として出願期間に提出ができない場合は出願資格はありません。
2~3日程度の遅れの場合はご連絡ください。

研究生の制度はありますか

学位を取得しない科目履修のみを希望する場合は、「一般科目等履修生」にご応募ください。

課程ごとの質問

【博士後期課程】

3年で博士学位を取得できますか

制度上は可能ですが、多くの方は4年以上かけて取得されています。

社会人でも博士後期課程に通学できますか

社会人の方も多数在学されています。
ただし、講義や研究指導は基本的には平日昼間に行われます。

【一般科目等履修生】

筆記試験の出題範囲を知りたいです

出題範囲は公開していません。

英語のミニマムスコアはありますか

ミニマムスコアは設定していません。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fcom/gsc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる