Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

「美濃加茂に贈る、あたしとぼくの、ヒーローのショー」出演学生インタビュー(Vol.1 ヒーロー編)

早稲田大学は2007年4月に岐阜県美濃加茂市と文化交流協定を締結し、2008年より10年連続で美濃加茂市にて本学学生による演劇公演を行っています。(詳細はこちらをご覧ください。)

学生は岐阜県美濃加茂市のミュージアムで約1週間合宿しながら稽古と公演をします。この企画の大きな魅力は、都会ではなかなかできない野外での公演が可能なことです。2017年度、10回目の記念すべき公演「美濃加茂に贈る、あたしとぼくの、ヒーローのショー」に出演した学生さんに3回にわたりインタビューを行いました。Vol.1 ヒーロー編は、「ブルー」役の千代周平さん(文学部2年)と「ピンク」役の平川千晶さん(文化構想学部3年)です。早稲田大学と美濃加茂市を繋ぐ「坪内逍遙」の名を冠した、坪内博士記念演劇博物館でお話を伺いました。

今回の公演の特徴をお聞かせください。

今回の作品はその名の通りヒーローショーを題材にした演劇であり、さらに移動型演劇ということもあり、今までの公演とは大きく違う作品であったと思います。移動型演劇の前半、チャプター1は4チームに分かれてそれぞれ別の場所で演技を行い、お客様が移動しながらそれを見るという形をとりました。使った場所はいかだ、バルコニー、会議室、カフェの4 か所です。これらの場所はまず特徴として狭い空間であるということが挙げられます。このことによって役者とお客様の距離も自然と近くなり、より一層ヒーローたちの私生活を垣間見ているという印象が強くなるのではないかと感じました。前のチームのシーンについて話していたり、私のチームの演技の後に感想を言っていたりするお客様の声が多く聞こえてきて不思議な感じがしました。終わった後に声をかけて下さる方も多くいらっしゃいました。これは劇場ではなく生活の場として使われている狭い空間を使うことで観客と舞台の差をあまり感じないようになっていることが影響しているのだと思いました。

また、この公演は予約不要で料金も無料だということもあり、普段からよく演劇を見る方や演劇が好きな方ばかりではなく、むしろそうではない方が多くいらっしゃいますが、今回は題名やチラシから、ヒーローショーということが伝わり、年齢を問わず気軽に見に来られる公演だったのではないかと思います。演劇というと座って静かにして見るものという印象がありますが、この作品は良い意味で肩ひじを張らずに楽しめたのではないでしょうか。実際に子供から大人まで幅広い年齢層の方がいらしていましたし、本番中も歓声があがったり笑い声が響いたりと、演技しながらもお客様の反応を感じることもできました。

公演の前には現地の加茂高校の演劇部の生徒さんにワークショップも行いました。いかがでしたか?

演劇部の部員たちがとても意欲的に参加してくれたことがとても印象的でした。ワークショップを行う側、受ける側と大学生と高校生で立場は分かれていましたが、みんなで楽しみながらワークショップを行うことができました。短い時間ではありましたが一緒に演劇をすることで互いに刺激を与え合うことができたのではないかと思っています。是非、早稲田大学に進学していただき、「演劇の早稲田」を共に作っていきたいです。

この公演が美濃加茂市や早稲田大学に与える影響はどのようなものがあると思いますか?

美濃加茂市にとっては毎年早稲田の学生が演劇公演に来るというこの企画を通して、美濃加茂市や坪内逍遙のことをより多くの人に知ってもらうことができるのではないでしょうか。早稲田で演劇を行う学生にとって毎年恒例の美濃加茂での演劇公演はとても関心が高いですし、この企画は今回で第10 回を迎え、既にこの企画に関わった学生だけでも百人を超えています。そして参加した学生だけでなく、文化交流事業の情報をSNS や大学内のチラシで見た人や、早稲田大学の演劇に興味に興味がある人がこの企画を知ることによってさらに美濃加茂市について知る人が増えていくと思います。

早稲田大学への効果としては、学生が直接出向くことで美濃加茂市の人々にとって早稲田大学を身近に感じられるという点が挙げられます。都内の学生が遠征をして演劇公演をすることはあまりないため、ある程度の注目度はあると思います。今回新聞やテレビの取材もあり、より現地の人に知っていただけたら嬉しいと感じました。

現在、第11回演劇公演の出演者を募集中です。応募をするか迷っている学生にメッセージがあればお願いします。

出演してみて、ひたすらに楽しかったです。台風には勝てませんでしたが。

稽古をしているときに声をかけて下さったり飲み物を差し入れして下さったりする方がいるなど、美濃加茂の方々のあたたかさを感じることが多かったです。美濃加茂の方々との触れ合いから観客という届ける相手の存在を強く感じ、演劇を観客に届けるという意識、楽しさを届けるということを改めて実感することができました。

また、この企画を通して学生は普段自分たちが生活しているところから離れて知らない場所で演劇を行うことができます。演劇を見慣れていない方々に自分たちの公演を見てもらうのはとても貴重な経験です。観客が自分たちのことを知らず早稲田大学の学生として見られることも普段はほとんどありません。でもだからこそ作品を先入観なく楽しんでもらえると思います。

早稲田大学の演劇サークルは普段学生会館やどらま館などで演劇公演を行っており、野外で演劇をすることはほとんどありません。毎年選ばれた一団体だけが岐阜に行って野外公演をすることができるこの企画の存在によって早稲田大学の演劇活動がより盛んになっているように思います。

応募しなきゃ損ですよ。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる