Waseda Culture早稲田文化

About Waseda Culture

早稲田文化について

History

早稲田文化の歩み

文化推進部概要

文化の潮へようこそ!

早稲田大学は、国宝2件、重要文化財7件、重要美術品8件を含む図書資料、美術品、書画、博物資料、映像資料、記録文書類など約500万点以上が、図書館、坪内博士記念演劇博物館、會津八一記念博物館、大学史資料センターなどに所蔵されています。これらは、本学の創立以来、125年に及ぶ教育・研究成果としての「知」の蓄積であるとともに、早稲田文化の核をなす貴重な文化資産です。本学では、創立以来これらの文化資産を教職員・学生が協同して、ひろく市民や地域、社会に公開してきました。これは、本学の持つ文化資源の公開・活用をとおして、平和で文化あふれる豊かな社会の形成に貢献することにより、大学の使命のひとつである「社会貢献」を果たしていきたいと考えているからです。文化推進部は早稲田大学の文化発信の中心的な役割を担うとともに、学内の文化関連機関を核として、校友・企業・地域・社会等内外の方々との連携による「知」の共創と創出を図りながら、多様な文化活動を支援調整し積極的な推進を図っていきたいと考えます。

充実した文化設備の運営

文化活動を展開するうえで充実した文化施設は不可欠です。本学にはそのシンボル的なものとして大隈講堂や小野講堂があります。大隈講堂は、2007年9月に補修工事が完了し、多機能型文化ホールとして生まれ変わります。また、本学所蔵の貴重な文化資産を公開する施設として、125記念室を設置しました。さらに学内外に早稲田大学の歴史と未来を発信する新たな拠点として、ワセダギャラリーを設置しました。同ギャラリーは、学生の卒業制作発表の場として、また企画小展覧会の場としても利用されています。文化推進部では、これら多様な文化活動を支える各施設・設備の運営を行うとともに、これらの文化活動情報やその成果を学内外に積極的に発信していきます。

むらへ、まちへ、そして世界へ-「知」の共有と共創-

文化推進部は、これまでの文化事業の推進に加え、今後は自治体などと文化交流協定を積極的に締結することを考えています。地域・校友の皆さんと協力し、学外での人的な交流をも含めた多様な文化交流を組織的・継続的に展開することを目指していきます。地域・校友の皆さんが本学の完成度の高い教育・研究へ共感を寄せていただければ、本学への理解をさらに深めていただく機会にもなるでしょう。文化推進部の活動が、一時的でなく確固たる継続的な文化交流へと発展するため、あらゆる機会を通して人類社会の福祉に貢献できる本学発の文化を充実させていきたいと考えています。

文化推進体制イメージ図

w_culture

文化企画課について

本学が建学以来蓄積してきた豊富で多様性に富む文化資源を活用して、早稲田大学第2世紀における新たな教育を展開、ひいては人類社会の平和と福祉の向上、さらなる文化の発展に貢献すると同時に、これらの諸活動を通じて、未来にわたってわが国をリードする人材の育成を支援することをその使命としています。

文化企画課は、文化推進部直属の事務局として、文化推進部の使命を達成するために様々な政策を企画立案しています。具体的には文化推進会議等を運営し、本学の文化推進政策を取りまとめ、それに基く文化戦略を立案、文化を推進する枠組みやそのシステム作りを行います。また、部内には多くの文化資源を有する坪内博士記念演劇博物館や會津八一記念博物館、大学史資料センターの三機関があり、様々な文化事業を営んでいます。これらの三機関を核に、各学術院や行政や学内外の関係機関との連携を強化し、組織的に各施策を実行し、そのための調整を行っています。

本課は大隈記念講堂・小野記念講堂・125記念室・ワセダギャラリー等を所管し、学内外にその活用を促し、施設を利用した文化推進と文化発信が大きな役割となっています。本学では学生・教職員・校友により様々な文化活動が行われています。それらを積極的に学内外に広報活動を行うのも文化企画課の役割です。三機関を中心に本学が行う文化事業をホームページ等のインタネットや、ポスター・チラシ、機関紙などへの記事の掲載など様々な媒体を利用して文化発信を行っていきます。また、学術研究出版制度に基き、出版企画委員会を運営し、株式会社早稲田大学出版部から『早稲田大学学術叢書』と『エウプラクシス叢書』を刊行し、研究成果を国内外に向け発信、本学のアカデミック・ステイタスの向上を図っています。

人材の育成支援では、わが国の文化推進の指針となるべき人材を顕彰する早稲田大学坪内大賞の運営や、高知県宿毛市の梓立祭、宮崎県延岡市の若山牧水青春短歌大賞、旺文社の全国学芸科学コンクールでの早稲田大学総長賞等の顕彰活動への協力を行っています。また、理工学術院と軽井沢町・鴨川市と連携し「おもしろ科学実験教室」を開催したり、美濃加茂市での学生演劇の公演の開催するなど、新宿区や中野区、本庄市などの行政や地域社会と連携して地域の文化推進に貢献、本学の文化的プレゼンスの向上と社会還元を行っています。

文化企画課は早稲田文化の促進者、プロモーター的な役割を担っていると言って過言ではありません。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる