Notice大切なお知らせ

新しいイノベータ人材育成に向けて

早大OI機構/早大ビジネススクール・慶大先端生命研・損保ジャパン
イノベーション創出人材育成を目指した共同研究を開始

早稲田大学オープンイノベーション戦略研究機構(東京都新宿区、機構長 笠原 博徳、略称OI機構、)「科学技術と新事業創造リサーチ・ファクトリー」(代表 牧 兼充、以下 早大牧ファクトリー)は、慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市、所長 冨田 勝、以下 慶大先端生命研)、損害保険ジャパン株式会社(東京都新宿区、取締役社長 西澤 敬二、以下 損保ジャパン)と、イノベータ人材育成プログラムの開発にむけた調査・研究を行うことを目的とし、共同研究契約を締結しました。

1.背景

早大牧ファクトリーは、早稲田大学ビジネススクールにおける研究・教育活動を基盤に、社会科学の知見を用いた「イノベーション創出手法」やイノベーション人材の育成手法に関する研究・開発を行なっています。これらの成果について、企業との共同研究を実施することにより、企業の組織、人事、戦略、人材育成、評価手法における社会実装を促進しています。このたび早大牧ファクトリーは、慶大先端生命研と損保ジャパンが取り組んでいるイノベータ人材育成の取り組み(注*)に加わり、三者で共同研究を開始することで本取り組みを更に加速させることとしました。

*慶大先端生命研と損保ジャパンは2018年より包括連携協定を締結し、山形県鶴岡市でバイオとビジネスを融合した企業イノベータ人材の育成に取り組んでいます。損保ジャパンは慶大先端生命研内に「ビジネスラボ鶴岡」を設置し、人材育成を目的に現在4名の社員を派遣しています。この取り組みは短期的な視野での商業的成功やビジネスパートナーを目指すのではなく、双方が20年後の社会変革を見据えて共に向かうことを理念としており、包括連携協定はその実現の主体となるイノベータを育成するための基盤作りと位置づけ進めています。

2.主な取り組み内容

鶴岡市での人材育成に関する取り組みは「鶴岡モデル」と呼ばれ、日本における「サイエンス・ビジネス」や「地方創生」の成功例として注目されています。今回、慶大先端生命研と損保ジャパンの二者の連携に新たに早大牧ファクトリーが加わることにより、鶴岡モデルの多様な取り組みに関する知見の一般化・理論化・体系化を試みます。加えて、ビジネススクールの持つ、ケース・メソッドなどの手法を用いて、鶴岡モデルの先端的な取り組みをケース教材化し、先端的なイノベータ人材育成法をワークショップとして企業等に移植可能な形にまとめることを試みます。更に、早稲田大学ビジネススクールの学生が、鶴岡市を「地方創生」の実証実験の場として関わるフィールド・メソッドを開発することにより、三者の人材の交流を促進し、多様性のあるイノベーション人材育成コミュニティの創出を目指します。

3.今後について

上記の連携のもと、三者によるプログラムの開発が、既存の概念を超えた新しいイノベータ人材の育成に繋がることを期待します。また本共同研究によってアカデミア、ビジネス、ローカルが協同して始めた企業イノベータ人材育成の取り組みを加速させ、新たな人材育成のモデルケースになることを目指しています。

早稲田大学オープンイノベーション戦略研究機構は、2018年度文部科学省「オープンイノベーション機構の整備事業」採択・支援を受け、設立したオープンイノベーションを推進する全学的な組織です。牧ファクトリーを含む、8つの研究プロジェクト(リサーチ・ファクトリー)を中核として、企業と様々なマネジメントモデルでの共同研究を推進しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる