Notice大切なお知らせ

秋学期と来年度以降の授業のあり方について Our Future Plan beyond the Autumn Semester 2020

秋学期と来年度以降の授業のあり方について

*English version follows Japanese

早稲田大学の学生の皆さんへ

2020年8月12日
早稲田大学総長

 

 

皆さんは、いま夏休みですが、秋学期の授業のあり方を心配されていると思います。8月2日のメッセージで、私は、夏休みの過ごし方と秋学期の授業のあり方について述べました。私たち教職員一同は、秋学期に皆さんとキャンパスでお会いできることを心から楽しみにしております。それを踏まえたうえで、本日は、秋学期と来年度以降の授業のあり方について、現時点での認識と今後考えるべき点をお伝えします。

早稲田大学は、新型コロナウイルス感染症拡大への基本方針として、三つの使命と二つの原則を掲げています。これまで繰り返し述べてきましたように、三つの使命とは、(1)学生と教職員の健康と生命を護り、(2)どのような環境でも教育を提供し、(3)どんなに厳しい条件下でも研究を継続する、というものです。二つの原則とは、「想定される最大のダメージを最小にとどめる」という考え方と、国連のSDGsが掲げる「誰一人取り残さない」という思いです。早稲田大学の施策は、すべてこれらの基本方針に沿って決定してきました。今後もそれは変わりません。

本年度の春学期、すべての授業をオンラインで行ったのも、この方針に基づきます。海外に居住する学生、および首都圏以外に在住する学生は、春学期の途中から首都圏のキャンパスに来ることが、不可能もしくは困難でした。すべてをオンライン授業としたのは、「誰一人取り残さない」ためでした。

春学期にオンライン授業を行って、分かったことが二つあります。一つは、早稲田大学の教育は、対面で行う部分が不可欠である、と再認識できたことです。もう一つは、オンライン授業も、教員がしっかりと準備をして臨めば、予想以上の効果をあげられることが新たに分かったのです。一方で、オンライン授業をうまく展開できなかった場合があったことも明らかになりました。そのような場合には、先生方には授業への一層の工夫をお願いすると共に、大学として積極的にサポートしてまいります。

今後の早稲田大学の授業については、新型コロナウイルス感染症拡大が収束していない「過渡期」のあり方と、感染症がかなりの程度にまで収束した「ポストコロナ社会」のあり方を分けて考える必要があります。

8月2日に、お知らせした秋学期の授業のあり方は、「過渡期」の場合を述べています。来年度以降も、感染症の状況によっては、「過渡期」のあり方を継続せざるを得ない可能性もあります。早稲田大学の授業は、大きく分けて、講義・ゼミ・実験・実習の4種類があります。「過渡期」においては、学生と教員との対話が中心となるゼミ・実験・実習などは、対面での授業を注意深く再開する必要があります。その際には、マスクをつけて十分な距離を取り、大きめの教室で授業を行う必要があるでしょう。教員の話が中心の講義の形をとる授業は、オンラインで行うことになります。そうした状況がいつまで続くか分かりません。もちろん、今度の秋学期も、もし感染症が急速に拡大する事態となれば、「過渡期」のあり方から、「キャンパス立入禁止」下でのあり方に、残念ながら移行せざるを得ません。それでも、早稲田大学は、どのような環境にいる学生にも無理のない形で、確実に教育を提供していきます。

「ポストコロナ社会」における早稲田大学の授業のあり方は、これから公式に決定していきます。私は、早稲田大学は、今後の日本や世界の指導的な役割を担う大学の一つとして、次のような新しい授業のあり方を検討していくべきだと考えております。「ポストコロナ社会」での大学の授業のあり方は、大きく3種類に分けられます。

第1は、「反転授業」と呼ばれる授業形態です。「反転授業」とは、オンラインと対面を組み合わせ、一つの授業科目で週に2回授業を行う形式をとります。週の前半、教員がオンラインでの講義を行い、学生はそれにより予習をします。そして、同じ週の後半に対面の授業でディスカッションを行い、理解を深めるのです。「反転授業」は、教育工学において教育効果の高いことが確認されています。早稲田大学でも、少数ですが既に実施しています。今年の春学期の経験から、教員の準備が良ければ、いつでも、そして繰り返し見られるオンライン講義の教育効果は、相当に高いことが分かりました。そこで、オンラインでの講義と対面でのディスカッションとを同一の科目・授業の中で組み合わせるハイブリッド型の「反転授業」が、今後の日本の大学でも取り入れられるべきでしょう。早稲田大学は、先陣を切って、この新しい授業方法を展開すべきであると考えています。

第2は、対面授業の継続です。「ポストコロナ社会」でも、ゼミや実験・実習のような、ディスカッションやアクティブ・ラーニングなどの教員のきめ細かい指導が必須の授業は、対面で行うことになります。また、こうした授業の比率を増やすことが、求められるようになるかもしれません。

第3は、充実したオンライン授業です。150~500名のような大規模のクラスとなる、教員が一方的に学生に語る講義では、オンラインの方が、教員に対する質問やコメントの機会は増えることが分かりました。理解を確認する小テストもオンラインの方が行いやすく、効果的な教育が可能となります。

ただし、オンラインでの授業には限界もあります。授業終了後には、学生は意見を交換できず、一斉にインターネット回線が切られます。授業後の感想を学生どうしで語りあえないという欠点が、オンラインでの授業にはあるのです。それを補うため、授業後に入れるオンラインの学生ラウンジを設置することも、今後は必要となるでしょう。また、オンラインでの講義には、対面型の講義よりも、教員が授業のためのレジュメをより丁寧に準備する必要があり、授業準備の時間が長くなったという報告も受けています。その分、教育効果は対面の講義以上に良くなっている可能性が高いと考えられます。裏を返せば、それだけの準備をしなければ、オンラインでの講義は、対面よりも質が下がる可能性があるということも、十分に注意して進める必要があると思います。

いずれにせよ、「ポストコロナ社会」における新しい授業のあり方を検討する際には、学生による授業アンケートなどを利用し、学生の皆さんの多様なニーズを考慮し、また教員の経験も踏まえて、早稲田大学としてあるべき方向を探っていきます。学生の皆さんも、いま抱えているさまざまな思いを大学に伝えていただきたいと思います。

最後に、早稲田大学の重要な伝統について述べます。早稲田では、授業以外の学生生活においても、多くの学生の皆さんが、コミュニケーションをとり、様々な活動を一緒にしてきた伝統があります。私たち教職員も、卒業生もそれを大切に思い、誇りにしてきました。オンライン教育の活用は、それを否定するものではありません。オンライン技術を上手に使えば、学生間のコミュニケーションも、教職員とのコミュニケーションもより効果的になり、より良い環境を創造できると思います。オンラインの活用で、「ポストコロナ社会」における早稲田の学生文化の伝統に新しいページを加えましょう。

私たち早稲田大学の教職員は、学生の皆さんが、元気に早稲田のキャンパスに戻ってきてくれる日が来ることを心待ちにしています。それまで、ご自身の健康と周囲の人々の健康を守るように、過ごしてください。

 

Our Future Plan beyond the Autumn Semester 2020

Dear Students of Waseda University,

August 12, 2020

I hope that you all are now enjoying the summer holidays. Needless to say, we are looking forward to welcoming you back to campus in the autumn, because good interactions among students on campus are what Waseda is all about. After I sent my message “Summer Holidays and the Autumn Semester 2020” on August 2, today I would like to talk about our future plans beyond the autumn semester 2020.

Before I begin, let me repeat the three missions of Waseda University: (1) to protect the health and lives of our students, faculty, and staff; (2) to continue to provide students with an excellent education, and (3) to promote research and scholarly work even under difficult circumstances.

In addition, Waseda University is committed to the following two policies. First, we should “minimize maximum regret or damage (mini-max regret principle)”. Second, “No one will be left behind,” echoing the SDGs (Sustainable Development Goals) of the United Nations. Therefore, we had to keep all classes online during the spring semester for students who are overseas or outside the Tokyo Metropolitan Area.

Our experiences of online teaching this spring reinforced two convictions. First, we have renewed our fundamental commitment to face-to-face teaching and communication. Secondly, while online education was effective for those faculty members who prepared well, it was less so for others. We will ask all faculty members to invest in the highest level of preparedness, and we will support them in their efforts.

When we think about how to conduct classes at Waseda, it is important to make a distinction between the “transitional period” when the COVID-19 is still threatening us, and the “post-corona era” when the pandemic will have ended. Waseda University formally regards this coming autumn semester as a transitional period, and we will structure our education accordingly.

In my message on August 2, I already described how we plan to conduct our classes in the autumn semester of 2020. During the transitional period, we will continue to conduct, with special care, face-to-face classes for seminars, labs, and other small-sized classes. We will provide students in those classes with appropriate social-distancing and with masks in medium- or large-sized classrooms. All large lecture classes will remain online during this transitional period. Although we are not certain how long this situation will last, we are prepared to provide both face-to-face classes and online classes in this way. Needless to say, we will have to resume on-line learning quickly if COVID-19 resurges.

As a leading university in Japan and in the world, Waseda is committed to being at the forefront of innovative teaching. The pandemic has given us the opportunity to make a virtue of necessity, and we are considering ways to leverage our investments in online teaching techniques and technologies into ongoing improvements. While formal university decisions are still to come, I am thinking about how to innovate teaching methods along the following lines.

First, “flipped classes” will continue to be effective in the “post-corona society.” In “flipped classes,” the first meeting of a week might be an online class in which students watch a pre-recorded video at their own convenience, and the second meeting of the same week would be an in-class discussion. This teaching method is used effectively in some North American and European universities. Waseda University should lead other Japanese universities in pioneering this hybrid method of teaching between online classes and face-to-face classes.

Second, we will continue to offer face-to-face classes for seminars, labs, and small-sized classes with an important element of discussion. We may consider increasing the number of these types of in-person classes in the future.

Third, as I mentioned earlier, online teaching is more effective in some circumstances than face-to-face teaching. Students tend to raise questions and give comments more frequently online than in the classroom, and instructors or professors can give quizzes more frequently. Consequently, students’ comprehension of the class materials may actually be better in online classes than in some physical classrooms.

However, there is a definite shortcoming to online learning. At the end of an online class, every student is disconnected from the host, and they cannot exchange their opinions about the lecture or anything else after class. To meet this need, we will in the future provide a virtual student lounge after or between classes.

It has also been reported that most faculty members say they spend more time and energy in preparing online classes. Those faculty members are probably providing higher quality of teaching. At the same time, however, other faculty members may not be making the requisite effort and investments to meet the challenges of remote teaching. We are committed to ensuring a strong teaching effort from all of our faculty.

As I mentioned, we are studying and investing in new methods of teaching to fit the “post-corona period.” To do this, we are consulting student surveys as well as the experiences of faculty at Waseda and elsewhere. You are welcome to input your opinions to the university.

Finally, the most important point I wish to stress is our commitment to protect and build on Waseda’s tradition of a vibrant student community based on good and intensive communications and interactions with each other. We aim to nurture this tradition, now and in the future. Introducing elements of online education will not attenuate our campus tradition; rather, an effective use of online communication skills will enhance dialog among students and with faculty members on campus.

We wish for a swift return to normal campus life, enhanced by innovative use of online communication tools.

With best wishes for your continued health and intellectual development,

 

Aiji Tanaka, President
Waseda University

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる