Notice大切なお知らせ

夏休みの過ごし方と秋学期について

夏休みの過ごし方と秋学期について

*English version follows Japanese

早稲田大学の学生・教職員の皆さんへ

2020年8月2日
早稲田大学総長

 

 

今年の春学期は、学生の皆さんにすべての授業をオンラインで受けていただきました。本当に辛い、残念な4ヵ月間であったと思います。その無念は、わたしたち教職員も、みな共有しています。その春学期も昨日で終わり、本日から夏休みに入りました。
これからは、学生の皆さんも、わたしたち教職員も、気持ちを新たにして、秋学期に向けた準備を行い、秋学期に支障を来さない夏休みを過ごしていきたいと思います。
早稲田大学は、9月25日から始まる秋学期ならびに秋クォーター/冬クォーターは、部分的にでも対面授業を復活させようと計画しています。そのために、教職員は周到な準備をしています。もちろん、新型コロナウイルス感染症が、これ以上拡大しないとしても、対面で授業ができるのは、ゼミ・実験の一部・議論を重視する授業など少数に限られ、講義科目はすべてオンラインにせざるを得ないと考えています。
その理由は、二つあります。第一に、大規模教室での講義科目は受講生が多く、ソーシャル・ディスタンスを取れずに「密」となるためです。第二に、中規模教室も空けておく必要があるからです。ゼミや実験などを対面で実施するためには、教室内で十分なソーシャル・ディスタンスを取るために、20名のゼミでも100名規模の教室で行う必要があります。早稲田大学のすべてのゼミや実験を対面にするためには、講義科目を行っていた中型・大型の教室は、すべて空けなければ、教室が足りなくなります。したがって、講義科目は、オンラインを原則とします。それでも、足りない場合には、ゼミなども隔週にして実施する必要が出てくるでしょう。
このように、秋学期も、対面授業を十全に行うことはできず、オンライン授業との組み合わせが必要となります。大学教育には、講義やゼミ・実験を単に提供するだけでなく、授業の前後の学生同士の会話の場も必要ですので、部分的ですが、対面授業をぜひ復活させたいと強く思っています。
しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻になれば、直ちに全面的にオンライン教育に切り替える覚悟も持っておかねばなりません。早稲田大学が果たすべき使命は、繰り返しになりますが、(1)学生と教職員の健康と生命を護ること、(2)教育を確実に提供すること、(3)どのような環境でも研究を継続すること、以上の三つです。この三つの使命を果たすことを最優先にします。
また、早稲田大学は「誰一人、取り残さない」という国際連合のSDGsの理念に沿ってコロナ対策を進めています。海外に居る学生や、国内でも首都圏以外に居る学生に、無理にキャンパスに来て対面授業を受けるように、とはお願いしません。障がいを持つ方、身体の弱い方、心配で公共の交通機関を使いたくない方も、無理をしないでください。それらの学生のために、すべての対面授業は、オンラインでも参加できるようにし、時差のある海外の学生のために録画もして、後からでも視聴できるように準備したいと考えています。
さらに、学生の皆さんには、先生方のことも考えていただきたいと思います。身体の弱い先生、病気がちの先生、障がいを持つ先生、高齢の先生の中には、キャンパスに来て対面で授業をできない方もいます。そうした先生のゼミなどは、オンラインになります。学生も教職員も「誰一人取り残さない」という方針を守るためには、早稲田大学に所属する者全員が、他者に寛容となる必要があります。他者との違いを洞察する「しなやかな感性」を涵養しながら、早稲田大学のこの方針をご理解いただきたいと思います。

そのうえで、本日から始まる夏休みの過ごし方について、皆さんにお願いがあります。学生の皆さんが、夏休みに感染を防ぐよう心がけて過ごすことは、皆さんの健康を護るために大切なだけではありません。もし皆さんが、夏休みだからと羽目を外して、「密」な状況でコンパを開催するなどすれば、早稲田大学の学生の中で、感染症のクラスターが発生する可能性があります。早稲田大学で感染クラスターが発生すれば、日本や首都圏で緊急事態宣言が発出されていなくても、早稲田大学はキャンパスを閉鎖し、すべての授業をオンラインに切り替えざるを得なくなる可能性があります。すなわち、来る秋学期に対面授業が可能になるか否かは、皆さんのこの夏休み中の行動に掛かっているのです。もちろん、日本全体における新型コロナウイルスの感染状況も良く考慮して、対面授業が可能か否かを判断します。それでも、皆さんの行動結果が秋学期のあり方を決する要因となることは、しっかりと自覚してください。

学生の皆さんが、春学期に自粛、節制してオンラインで授業を受け続けてくれたことに感謝いたします。夏休みに入る時に、このようなお願いをすることは、心が痛みます。しかし、皆さんが早稲田大学の一員であることに誇りを持って、他者のことも考えて行動してくださることを信じています。よろしくお願いいたします。
この夏の学生の皆さんの健康をお祈りし、皆さんが元気に秋学期を迎えてくれることを期待しています。

 

 

Summer Holidays and the Autumn Semester 2020

Dear Students of Waseda University,

August 2, 2020

On behalf of Waseda University, I thank you for your cooperation and patience as we moved classes online in the spring and summer. These last four months when you could not come to campus must have been disappointing. We faculty members and staff felt the same way.

We are preparing to resume in-person classes this autumn for at least some seminars, labs and classes requiring in-person instructions. Unfortunately, the number of face-to-face classes will remain somewhat limited. Large classes will remain online, because appropriate distancing would be impossible. We are deploying medium- sized classrooms for seminars, labs and so on. A seminar with 20 students, for example, will move from a small seminar room to a medium-sized classroom with a capacity of 100 students. If the number of available classrooms falls short to accommodate all seminars, we may ask classes to take turns, alternating between in-class and online formats.

The default pattern for now, then, is to blend online education with in-person learning. We are eager to move to a face-to-face format to the extent possible, because university education is not complete without robust engagement and discussion.

Needless to say, we will have to resume on-line learning if COVID-19 resurges. As I have said, Waseda University is committed to three goals: (1) to protect the lives and health of students, faculty, and staff; (2) to provide students with an excellent education, and (3) to promote research and scholarly work even under difficult circumstances. We are going to make decisions accordingly.

At the same time, we will not require our students who are overseas or outside the Tokyo Metropolitan Area to return to campus. Waseda University is committed to the policy that “No one will be left behind,” echoing the SDGs (Sustainable Development Goals) of the United Nations. For students who are overseas or outside the Tokyo Metropolitan Area, we are preparing to send real-time images and voices of face-to-face classes. For students who are in a different time zone, we will video tape face-to-face seminars for viewing at a more convenient time.

Please be aware that some faculty members may be vulnerable to the COVID-19 virus and may therefore be unable to teach classes in person. They will have to remain online. Similarly, some students who are vulnerable to or seriously concerned about the COVID-19 may stay with online. Although this is frustrating, we take pride as members of the Waseda University community in working together to protect the health of each member.

I have one final request as the summer holidays begin. Please guard your health, knowing that infection among Waseda students during the summer holidays will force us to close our campuses quickly, and return completely to online instruction. Social-distancing and health precautions are crucial to our aim of restoring in-class instruction to the extent possible. Our decision to offer in-class instruction will depend, of course, on wider public health developments; but please be aware that your behavior this summer may affect Waseda University’s ability to reopen classrooms this autumn.

We are so grateful to each of you for your patience, as we cope with this global public health crisis. We trust that you will behave with prudence towards yourselves and consideration towards others, with pride as members of the Waseda University community.

We wish you a refreshing summer, and look forward to welcoming each of you back (either face-to-face or online) this fall in good health and high morale.

Aiji Tanaka, President
Waseda University

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる