Notice大切なお知らせ

経済的に困窮している学生への緊急支援策について Waseda University’s Financial Support for Students

経済的に困窮している学生への緊急支援策について

2020年5月5日

*English version follows Japanese

早稲田大学の学生の皆さん、並びに保護者の皆様へ

今般の新型コロナウイルス感染症拡大は、日本のみならず、世界中の人々に恐怖心を抱かせると共に、経済的苦痛を与えています。この度、ご本人もしくはご家族が感染された方、なくなられた方もいらっしゃるかと存じます。そのような方たちには心からお見舞い、お悔やみを申し上げます。
この新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、1929年に起こった世界大恐慌以来の厳しい不況が、地球上を覆いつつあり、多くの方が経済的に困窮される事態が起きています。このような時にこそ、人々は心を一つにして、新型コロナウイルスに立ち向かわなくてはなりません。

早稲田大学は4月24日に、今般の新型コロナウイルス感染症拡大により経済的に困窮している学生に向けて、「緊急支援金」(10万円)を支給することを公表し、すでに受付を開始しております。家計の急変、アルバイト収入の激減などで生活に支障が生じている場合には、どうぞ躊躇せずに申請をしてください。また、従来からの奨学金制度にも、「早大緊急奨学金」(40万円)という、家計の急変により経済的に困窮した方に給付する奨学金があり、「緊急支援金」(10万円)と併せて受けること(併給)も可能です。この「早大緊急奨学金」(40万円)も、従来の受給者の人数を約3倍に拡充する計画を立てています。
なお、早稲田大学が独自に用意している奨学金は、すべて返済の必要がない給付型です。本学では、従来から国の修学支援新制度・日本学生支援機構奨学金も併せて、学生の皆さんにご案内しております。

経済的に困窮している学生で、オンライン授業を自宅で受けることが難しい方には、以下の施策を講じています。まず、自宅でオンライン授業の受講に必要な通信環境やPC環境が、経済的な理由で準備できていない学生の方には、大学がモバイルWiFiルーター500台をレンタルし、パソコンを500台購入し、双方を無償貸与のために用意しました(今後、必要に応じて増やす予定もあります)。そのような学生の方は、「緊急支援金」と「早大緊急奨学金」を申請していても、モバイルWiFiルーターとパソコンの無償貸与を受けることができます。5/1より緊急支援金とともに申請受付を開始し、5/11の授業開始に間に合うよう進めています。
また、緊急支援金の申請有無にかかわらず、留学生などで契約書類が障害となり、通信環境の準備できない学生さんの方に対してもモバイルWiFiルーターの無償貸与を開始できるよう準備を進めています。

なお、すべての学生(急激に大きな経済的打撃を受けていない学生の方)に対しても、オンライン授業での通信費の負担を少しでも軽減させるため、スマートフォンを安価で購入することで、1年間通信費は無料というサービスの提供を準備しています。現在、通信事業者と交渉をしているところですが、5/7以降に申請受付が開始できるよう準備をしています。

緊急支援金(10万円)は、当初3,000名の方を対象としましたが、必要な学生数に応じて増やしていく予定です。また、緊急事態宣言が5月6日には解除されませんでしたので、今後も必要と判断すれば、経済的な困窮が続く学生には緊急支援金への第2回目以降の申請も可能となるよう準備を行っています。

そのために必要な予算を、早稲田大学は独自に組んでおりますが、支援を必要とする学生の数が増えれば、予算が不足することも考えられます。4月25日に卒業生(校友)を中心に、「経済的に困窮していることを理由に、学業をあきらめる学生を1人も出したくない」とご支援をお願いしましたら、かつてないスピードでご寄付が集まっております。先輩たちが、後輩の皆さんを助けたいと動いてくださっています。特に今回の寄付者には20歳代や30歳代の方々も多く、自分たちも苦しい中、少しでも後輩たちを助けたいという気持ちで支援をしてくださり、本当に有難いと感じます。

一つご理解いただきたい点は、上記の措置のすべては、経済的に困窮している学生を対象にしています。53,000名におよぶ早稲田大学の全学生を対象とはしていません。以下に、その背景にある早稲田大学の考え方を説明いたします。

早稲田大学は、創立者である大隈重信侯が、「早稲田大学教旨」として掲げた建学の精神を大切にしています。それは、「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」の三つから成ります。大隈侯は、三つめの「模範国民の造就」について、「一身一家一国のためのみならず、進んで世界に貢献する抱負が無ければならぬ」と述べています。
この教えには、早稲田大学に集う学生は、自分自身、自分の家、そして自分の国という自己利益だけを考えず、世界の人々のために貢献してもらいたい、という願いが込められています。大隈侯は、大学教育を通じて、利他の精神を培うことを期待していたのです。
こうした考え方は、今日の国際連合が掲げるSDGs (Sustainable Development Goals) の理念「No one will be left behind(1人も取り残さない)」と共通のものです。早稲田大学は、建学の精神とSDGsの精神に則って、「新型コロナウイルス感染症拡大により経済的に困窮する学生が、1人でも学業を諦めて退学しないように」と願って、複数の経済的支援策を決定し、公表しました。

わたしたち早稲田大学の教職員は、困窮する次の方々の就学継続を強く支援します。第1は、奨学金により学業を修めている学生です。第2は、保護者の経済状況が悪化し、学費や生活費の支援が難しくなった学生です。第3は、学費とアパート代、もしくは学費のみを、保護者が支援してくれているものの、生活費を自分で稼いでいる学生です。これらの学生の経済的負担を少しでも軽減したいと願い、今回の支援策を打ち出しました。

この点をご理解いただきまして、今は家計に急激な変化が生じていない方々には、大学が困窮する学生を救うために、早稲田大学が多くの支援策を打ち出すことを温かく見守っていただきたい、とお願いする次第です。

冒頭に述べました通り、今こそ人々は心を一つにしなくてはなりません。世界の人類が一つの家族として、お互いに支え合い、共生しようとする気持ちこそが、新型コロナウイルスの感染症拡大に全世界の人々が対抗し打ち勝つために、求められていることなのです。それが建学の精神にも沿うことだと思っておりますので、早稲田大学は困っている学生を助けることに全力を傾け、一人も取り残さないという強い思いで教育に邁進して参りたいと存じます。保護者の皆様にも、その点をご理解いただきたく、お願い申し上げます。

最後に、学生の皆さんにお伝えしたいことがあります。私が総長になってから掲げてきました早稲田大学の教育の新たな目標は、人類にとって未知の問題に挑戦して自分なりの解決策を考え抜く「たくましい知性」と、自分とは異なる国籍、民族、言語、宗教、文化、性別、性的指向性の人々と接し、他者への理解を深める「しなやかな感性」を育んでもらうことです。未知の問題の解決策を考える「たくましい知性」と、自分と異なる立場の人を思いやる「しなやかな感性」こそが、現在の新型コロナウイルス感染症拡大に対抗できる解決策を導き出すことを支える精神だからです。

早稲田大学総長

 

 

Waseda University’s Financial Support for Students

May 5, 2020

Dear Students of Waseda University, and their Parents or Guardians,

On behalf of Waseda University, I would like to explain how we are trying to support our students financially during this time of hardship due to the novel corona virus pandemic. Before starting my explanation, let me first express my sincere sympathy to those who suffer from the corona virus and my sincere condolences to those who have lost their loved one(s).

This corona virus pandemic is expected to inflict the worst damage to the world economy since the Great Depression starting in 1929. This threat to our lives and our economy gives us the impetus to unite in the fight against this pandemic.

Waseda University announced that we are going to provide 100,000 Japanese Yen in “Emergency Financial Support” to those students who suffer financially, either from an inability to find part time jobs to earn sustenance income, or because their parents have suffered dramatic financial loss. Please do not hesitate to apply for these funds if you are suffering financially. In addition to “Emergency Financial Support,” another source of funds, the “Waseda Emergency Scholarship” of 400,000 Japanese Yen is also available to students whose parents or guardians face financial difficulty. You may apply to both of these funds simultaneously. You need not repay money provided by any scholarship from Waseda University. In addition to these Waseda University funds, we also can point you to scholarships provided by the Japanese government.

We will also provide the following support to students who face difficulties in taking online classes due to internet communication expenses. First, we will lend, at no charge, 500 mobile WiFi routers and 500 laptop PCs to students who cannot afford to purchase this equipment. You are eligible to apply for internet support as well as for the financial support mentioned above. We began accepting applications from May 1, 2020 so that the routers and/or PCs will be available to you by May 11, 2020, the first day of online classes. In addition, we will provide mobile WiFi routers without charge to international students who cannot contract with internet providers on account of their foreign citizenship.

Furthermore, we are planning to introduce very inexpensive smart phones with free internet communication for a year to any student, including to students without demonstrated financial need. We are in the process of making these arrangements with a company now, and will begin accepting applications from May 7, 2020.

We have prepared “Emergency Financial Support” for 3,000 students for the time being, and will increase the number of financial packages should that be required. Depending on how long the Japanese Government’s State of Emergency continues, we will make financial support available in a second round.

Waseda University has begun preparing a special budget for these several types of emergency support. We are asking faculty members, staff, alumni and other friends of Waseda to donate to save our students, because all of us are determined to enable every single student to continue her or his education irrespective of finances. Many of our alumni, even among the younger generations in their 20s and 30s without a high income, have begun donating at the most generous pace we have ever seen. We really appreciate their kindness to help their fellow Waseda students.

May I ask you to understand that Waseda University is determined to help students who financially suffer due to the corona virus pandemic, but cannot cover all Waseda students, who number 53,000. Let me explain our philosophy behind this policy.

We respect and hold up for emulation the ideals of our founder, Mr. Shigenobu Okuma. Those are: (1) achieving scholarly and intellectual independence, (2) applying scholarship to real world problems, and (3) becoming model citizens. The third ideal was translated by Okuma into “Please be ambitious to contribute to the world without regard to the benefits to yourself, your family, or your country.” Okuma wished the students of Waseda to be altruistic, and to help others who suffer.

This ideal of our founder is in accordance with one of the ideals of the SDGs (Sustainable Development Goals) of the United Nations, that “No one will be left behind.” We have decided to support our students, because we wish that “no student should give up her/his education at Waseda due to financial difficulty caused by the corona virus pandemic.”

We faculty members and staff of Waseda University strongly support our students experiencing financial difficulty. These include students who need and receive scholarship to continue their education; students whose parents or guardians have now fallen into financial difficulty and cannot provide the expected levels of support; and students who continue to receive financial support from their parents or guardians for their tuition and/or rent but need to earn their living expenses. Many of these types of students have lost their part time jobs due to the corona virus pandemic, and we are eager to help these students.

We humbly ask your understanding of the philosophy that lies behind our policy. Please give your sympathy and love to those students who financially suffer now, and please understand that we are committed to help them but that we cannot help all of our students.

As I mentioned at the very beginning of this message, we now have to be united to fight against this pandemic. It is necessary, and in keeping with our founder Okuma’s philosophy, for all humans around the globe to help and respect each other in order to combat the crisis we now face. We are determined to help those most in need, who otherwise could get left behind.

Lastly, I have a message to all Waseda University students. Since the inauguration of my presidency, I have advocated two new goals of education at Waseda. One is to foster “intellectual resilience,” with which to tackle problems that have not yet been solved. This corona virus pandemic is such a case. The other goal is to foster “flexible sensibility,” with which to understand how other people, with different nationalities, ethnic origins, language, religion, culture, gender or sexual orientation, think and feel. May these two goals of education, “intellectual resilience” and “flexible sensibility,” empower you to solve as yet unknown problems, such as the one we face now.

Best regards,

Aiji Tanaka, President
Waseda University

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる