北京大学で共同研究会が開催

2019年9月20日、第2回早稲田大学北京大学共同研究交流会が北京大学国際関係学院で開催されました。今回のテーマは「新時代におけるアジア太平洋地域の経済協力」で、両大学の学者、博士・修士課程の学生による発表が行われ、参加者は日中の経済貿易、グローバル化、アジア地域の経済発展など具体的な問題について深く議論を交わしました。北京大学国際関係学院副院長董昭華准教授をはじめ、早稲田大学国際教養学部舒旻准教授や国際部長リーマージ・クリスティン教授、国際部事務部長高木範夫など、両大学から20数名の学生が参加し、活発的な交流を行いました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる