全力で打ち込めば先は必ず見えてくる

SPECIAL INTERVIEW

KASAI SHINSUKE

笠井信輔さん

フジテレビのアナウンサーとして日本中に的確な情報と快活な声を届ける笠井信輔さん。多くの番組で司会を務めてきたベテランの“デビュー”は、幼少期だったという。

「小学生の時に地域の子ども会で司会を務め、人前で話すことの魅力に心を奪われました。以後、率先してクラスのレクリエーションなどで司会を務め、担任の先生を『信輔以外に手を挙げる人はいないの!?』と困惑させるほど(笑)。中学校や高校でも放送委員や生徒会長としていつもマイクを握っていて、気付いた時にはアナウンサーを志していましたね。そこで、多くのテレビマンを輩出する早稲田を目指すことにしたんです」

強い決意のもと1年間の浪人生活を経て早稲田大学に入学。スポーツ好きが高じて入ったサークル「早稲田大学レスポワールスキークラブ」でスキーに没頭している中、小学校時代の担任、加賀谷先生のもとを訪れる。

「キャンパスライフを満喫していることを報告すると、『アナウンサーになるために早稲田に入ったんでしょ? どうしてスキーなの?』といわれました。就職のことは4年生になったら考えればいいと遊びに没頭していた当時の私は不意をつかれたんです。あらためて進むべき道を見つめ直し、『早稲田大学放送研究会』に兼部という形で入会。放送業界を志望する多くの学生に囲まれ刺激を受けながら、レスポワールスキークラブではサークル運営に打ち込んで多くの友人と絆を強めていきました」

テレビ局への就職は、当時から志願者の多い困難な壁。笠井さんは“エピソード”が内定の決め手だったと振り返る。

「面接では、サークルに熱中する中で人間関係というものを学んだことを、事細かに語ったのが良かったんだと思います。最近の学生を見ていると、自身のエピソードがぼんやりとしている印象ですが、ぜひ大学の4年間で全力で打ち込めるものを見つけてほしいです。それさえあれば、就活はもちろん、長い人生で生じる困難も必ず乗り越えられますから」

多忙な生活の中で3人の子どもとの時間も大切にしてきた笠井さんは、周囲の人間の支えも重要視する。

「私の場合、小学校の先生の助言が大きなターニングポイントになりました。一つ先の未来をそれとなく示してくれる人間は、若い人にとって重要です。私も父として、『こうやれ』ではなく『こうしてみたら』と提案するよう、道を示す時には配慮しています。フジテレビも若手社員の意見を積極的に採用しており、近年とても活気づいています」

アナウンサーの仕事に打ち込み続ける笠井さん。その目には、アナウンサーとして、親として、そして早稲田の卒業生として、次世代が活躍する姿も映っているようだ。

PROFILE

1963年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、87年株式会社フジテレビジョンにアナウンサーとして入社。現在は『とくダネ!』(月~金8時~9時50分)『バイキング』(月~金11時55分~13時45分)『男おばさん!!』(CS、日本映画専門チャンネルにて放送中)などを担当する。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる