enPiT-Pro三拠点合同シンポジウムを開催 IoTが急拡大する時代の社会人育成

2018年3月12日に早稲田大学戸山キャンパス、38号館AV教室にて、enPiT-Pro三拠点合同シンポジウム「IoTが急拡大する時代の社会人育成」を開催しました。本シンポジウムは、平成29年に文部科学省補助事業enPiT-Proに採択された次の三拠点が集結し、ビックデータ・AI・組込み・サイバーセキュリティなど、企業における新たなIoT人材育成に向けた先進的、実践的、体系的な教育プログラム及び産官学連携ネットワークを紹介するものです。

開会は主催者を代表し、会場の提供校である鎌田薫・早稲田大学総長が、また続けて来賓者を代表し、信濃正範・文部科学省大臣官房審議官がそれぞれ挨拶を行い、共にSociety 5.0の実現に向けた社会改革と、人材育成に対する大学のこれからの役割について言及しました。

次に、井上克郎・大阪大学教授と、山本里枝子・富士通研究所システム技術研究所所長の講演が行われました。

井上教授は、2012年から始まったenPiTからenPiT-Proに発展するまでの経緯について言及し、旧来の情報教育から脱却し、より実践的で社会に通用する教育を目指してプログラムを進化させていった結果、受講した学生の社会性も向上していることが量的にも質的にも評価できたと説明しました。

山本所長は、富士通が行っている社内教育について詳細に紹介し、特に昨今では「自己肯定感」に加えて「環境変化への対応力向上」へのニーズが今まで以上に高まっており、自分自身の変革を意識させ、自分で計画して実行できる能力を向上させる教育プログラムに力を入れていると強調しました。

基調講演の後は、主催する三拠点の教育プログラムの紹介の後、1階に場所を移してポスターセッションによる意見交換を行いました。

本シンポジウムにはIT人材を必要とする企業からの参加者が多く、それぞれの拠点の教育プログラムについて熱心に質問したり、受講の相談をするなど活発な意見交換が行われ、大学によるIT人材育成の期待の高まりが伺えました。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる