中国名門大学の留学生が高知県宿毛市で地域の直面する課題について学ぶ

頂新国際集団康師傅控股有限公司夢プラン奨学金(Master Kong Dream Scholarship Program)により、本学に留学中の中華人民共和国主要5大学(北京大学、清華大学、復旦大学、上海交通大学、浙江大学)の学生が、高知県宿毛市において、2016年11月2日~5日までフィールドトリップを行いました。頂新国際集団康師傅控股有限公司は、中国における最大の台湾企業であり、総合食品会社です。

「夢プラン奨学金」の概要

  • 留学期間:半年間(本学の春学期、もしくは秋学期にあたる期間)
  • 奨学生数:年間50人(半期25人)、10期合計で250人を想定
  • プログラム開始時期:2016年度秋学期受入学生から開始。現在の受入数は19名。

フィールドトリップ

taiko

交流会での「いごっそ太鼓」

「高齢化社会への対応」、「地方の人口減少への対策」等の課題解決の先進県として様々な施策を展開している高知県。宿毛市の協力のもと、このフィールドトリップが実現しました。これらの課題は留学生の学習テーマとなっており、学習を進めるうえで有意義な体験となりました。宿毛市と早稲田大学留学センターは、本フィールドトリップを向こう5年間継続して実施する旨の協定書を締結しています。

左:小学校の給食も体験 右:小学生からの熱心なトイレ掃除の指導

左:小学校の給食も体験
右:小学生からの熱心なトイレ掃除の指導

高知県庁訪問では、高知県の人口問題の現状と対策についての説明、尾﨑知事との懇談、また留学生から中国の高齢化社会・人口問題についてのプレゼンテーションを行うなど、相互の問題解決に向けた議論が行われました。

sukumo2早稲田大学建学の母、小野梓の生誕の地である宿毛市では、小野梓や本学理工科の新設に尽力した竹内明太郎はじめ、宿毛市が生んだ偉人の歴史と早稲田大学との関係を中心に、国際判事として、清国人船員を不当労働から解放した大江卓についても学びました。宿泊所となった「山里の家」は人口減少により廃校となった施設。郷土料理を囲み地域の方々と交流を深めました。

当地の橋上小学校へも訪問し、給食や給食当番、掃除当番など、日本の小学校に特徴的な取り組みを体験。小学生たちの指導のもと、トイレ掃除に取り組むなど交流を深めました。

現地での学習は漁業や再生エネルギー、自然との共生など多岐にわたり、日本への理解だけでなく、人間や社会の在り方など、キャンパスで感じることのできない多くの事を感じるフィールドトリップとなりました。漁業関係者からの説明を受けた留学生は「持続可能な漁の説明を受け、自然との協調について改めて考えるきっかけとなった」と語りました。

今回のフィールドトリップで学び感じたことが、早稲田大学での残された留学期間3カ月のさらなる充実と、留学生の成長に繋がることが期待されます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる