早稲田大学 総長
田中 愛治

1951年、東京都生まれ。
1975年、早稲田大学政治経済学部卒業。
1985年The Ohio State University大学院政治学研究科博士課程を修了し、
Ph.D.(政治学)取得。東洋英和女学院大学助教授、青山学院大学教授、
本学政治経済学術院教授等を経て現職。

2006年から早稲田大学教務部長、理事(教務部門総括)、
グローバルエデュケーションセンター所長を歴任。
文部科学省中央教育審議会委員、日本学術振興会委員等を多数務める。
2014年7月~2016年7月 International Political Science Association会長。

主な著書に『熟議の効用、熟慮の効果』(編著)勁草書房,
2018年、『政治学』(共著)有斐閣,2003年など。

総長メッセージ

早稲田大学総長 田中愛治より、皆様へのメッセージをご紹介いたします。

早稲田大学についてAbout Waseda

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる