Notice大切なお知らせ

早稲田大学では、海外の教育・研究機関との人材交流、研究交流を発展させるために、世界各国の大学等と学術交流協定を締結しています。また、世界の大学の加盟するコンソーシアム等への参加により、多大学間での交流を推進しています。

学術交流協定

海外機関とのコンソーシアム・共同事業等

APRU (Association of Pacific Rim Universities)

APRU_Main_CMYKH1

環太平洋圏の主要大学により構成される国際大学コンソーシアム(1997年~)。現在16の国/地域45大学が加盟し、各国の高等教育の相互強力関係を強め、環太平洋社会の発展にとって効果的な貢献を果たすことを目的に、遠隔教育・若手研究 者育成・博士課程学生会議等様々な活動を行っている。



URA (University Research Association)URA (University Research Association)

米国連邦政府が基礎研究に関する大規模なフェルミ国立加速器研究所を作るにあたり、米国全体の大学連合をその運営機関とするために1965年に創設された。主な活動は、米国エネルギー省が所管する素粒子研究施設・フェルミ国立加速器研究所の運営、SSC(Super Conducting Super Collider)研究所の管理・運営。現在、米国を中心に、英国、カナダ、日本、イタリアの約90の大学が加盟している。


URA (University Research Association)VIU (Venice International University)

1997年、世界各地の大学と地元の公共および民間団体の集合体として誕生した。本学は2002年に加盟。
プログラムは、共同学部課程、大学院課程、研究プロジェクトの3種類があり、加盟大学から留学派遣された学生が集う。ヴェニス国際大学で得た単位は学生が所属する大学で認定される。
また、ヴェニス国際大学で科目を担当する教員についても、本学から春学期・秋学期にそれぞれ1名ずつ派遣している。


APAIE (Asia-Pacific Association for International Education)APAIE (Asia-Pacific Association for International Education)

アジア太平洋地域の大学の国際教育担当者が交流できる場を提供することを目的に2005年3月に設立。本学はFounding MemberとしてAPAIEの設立・運営に協力している。
APAIEはNAFSA、EAIEのアジア版を意識した事業を展開をしており、毎年3月に開催される総会では国際教育に関するワークショップやシンポジウムのほか、各大学が出展するブースでの留学プログラムの紹介などを行っている。


AUN Plus Three University Network (ASEAN+3 UNet)

AUN logoAUN(ASEAN University Network)は、1995年に発足したASEAN地域10ヶ国の加盟校による大学連合である。AUNは、2009年にASEAN地域に日本、中国、韓国の3ヶ国を加えたAUN Plus Three University Network(アセアン諸国+日中韓3ヶ国 大学間ネットワーク)を発足した。本学は、AUN Plus Three University Networkの加盟校の一つとして、各会議やイベントへの参加及び派遣を通じて、ASEAN地域の高等教育における主要課題の解決や学術交流の促進を行っている。


Universitas 21 (U21)
U21
U21は、世界各地の25の限られた各地域を代表する研究型大学から構成される国際大学コンソーシアムとして、1997年に設立された。
今後は、U21のもとに設けられている「Researcher Engagement」「Educational Innovation」および「Student Experience」の3つの分科会に本学が積極的に関与し、独創的研究の推進と国際発信の強化に努めている。


QTEM

QTEM(Quantitative Techniques for Economics and Management)とは、世界のトップビジネススクールを中心にした国際的なネットワークであり、加盟大学間の留学やインターンシップを通して統計学・計量経済学等の分野の専門知識を身につけた人材育成を目指しています。コンソーシアムは2012年に設立され、早稲田大学は2013年の初期の段階で加盟しました。現在、ネットワークは欧州、アジアを中心に24大学に広がっています。


MIRAI

2017年より開始された日本・スウェーデン間の国際共同研究の活性化のための組織的な取組。日瑞の研究大学15大学から成り、Ageing、Sustainability、Material Sciences、Innovationという世界規模での課題解決が求められる重要な分野について、双方の大学での共同研究の推進を目的としている。2015年10月に開かれた日瑞学長会議を発端に企画されたプロジェクトである。


日韓ミレニアムフォーラム

本学、慶應義塾大学、高麗大学校、延世大学校の日韓私立四大学によるシンポジウムで、2002年から毎年四校が持ち回りで開催。学長及び研究者が高等教育に関する多様な課題を論じるほか、学生による発表セッションも実施している。


早稲田大学孔子学院

早稲田大学孔子学院は2007年4月12日に設立され、北京大学とのパートナーシップのもと、世界初の「研究型孔子学院」として、研究者育成事業、共同研究事業、研究成果出版事業等を中心に、中国と日本の橋渡しとなる人材の育成と輩出を目指し、様々な事業を展開しています。

早稲田大学についてAbout Waseda

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる