グローバルな記憶空間としての東アジア Ver. 2 メモリーレジーム/メモリーアクティビズム

グローバルな記憶空間としての東アジア Ver. 2

メモリーレジーム/メモリーアクティビズム

日程:2018年9月13日〜9月15日

フライヤーPDF

9月13日(木) 会場:大隈小講堂

  • 15:20~15:30 主催者挨拶
  • 15:30~17:40 映画『海の彼方』上映会
  • 17:45~19:00 黄インイク監督とのパネルトーク
    • パネラー:林炫宣(CGSI)、裵珠淵(CGSI)、梅森直之(早稲田大学)
  • 19:15~21:15 レセプション@森の風

9月14日(金)会場:3号館703・704

  • 10:00~12:00 基調講演:林志弦(CGSI所長)”In search of the mnemonic solidarity in the East Asian memory space”
  • 14:00~16:00 パネル:記憶の理論的探求
    • 発表者:
      岩崎稔(東京外国語大学)「記憶論的転回とユートピアの枯渇、あるいは左翼メランコリー」
      野尻英一(大阪大学)「〈記憶の器〉としての主体を越えて:ヘーゲル/デリダの精神哲学より」
      李憲美(CGSI)「概念史と記憶研究:民族主義を脱却した歴史叙述の可能性と限界」
    • 討論者:鹿島徹(早稲田大学)、金姝熺(CGSI)
  • 16:30~18:30 パネル:1968年の記憶と現代
    • 発表者:
      土屋和代(東京大学)「アメリカの福祉権運動と〈1968〉──保証所得を巡る相克」
      安藤丈将(武蔵大学)「警察とニューレフトの『一九六八年』:運動のポリシングとその遺産」
      康正碩(CGSI)「68運動以降の50年:運動の記憶、記憶の運動」
    • 討論者:渡辺直紀(武蔵大学)、金廷翰(CGSI)

9月15日(土) 会場:3号館703・704

  • 9:00~12:15 ⼤学院⽣パネル:越境する歴史記憶
    • 発表者:
      趙勳相(CGSI/西江大学校史学科博士課程)”National Food, a Realm of Memory: A Case of Korean food”
      鄭煕潤(CGSI/西江大学校史学科)「21世紀植民地遺骨返還運動の争点:”70年ぶりの帰郷”を中心に」
      平井新(早稲⽥⼤学⼤学院政治学研究科博⼠課程)「ある台湾老兵の奮闘──許昭榮 人と思想」
      佐藤雪絵(早稲⽥⼤学⼤学院政治学研究科博⼠課程)「光州事件と民主化運動:『民衆』概念を通じた当事者と非当事者の接近」
    • 討論者:⼩林聡明(⽇本⼤学)、松⾕基和(東北学院⼤学)、⾦廷翰(CGSI)
  • 14:00~16:00 パネル:博物館と記憶の場
    • 発表者:
      Takenaka Akiko(ケンタッキー州立大学)”Museum Narratives and Victim Consciousness: Exhibiting the Asia-Pacific War in Japan’s War and Peace Museums”
      李榮眞(CGSI)「『散華』と『難死』:戦後日本における特攻の記憶と再現」
    • 討論者:成田龍一(日本女子大学)、鄭壹永(CGSI)

主催

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる