Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

プロジェクト研究

海綿内微生物の微生物間ケミカルコミュニケーションの解明

Study on chemical communication among symbionts in a marine sponge
  • 研究番号:21C13
  • 研究分野:bio
  • 研究種別:奨励研究
  • 研究期間:2021年04月〜2021年09月

代表研究者

町田 光史 理工総研が募集する次席研究員
MACHIDA Koshi Researcher

理工学術院総合研究所 中尾 洋一研究室
Waseda Research Institute for Science and Engineering

URL:https://w-rdb.waseda.jp/html/100001435_ja.html

研究概要

海綿Theonella conicaから微生物を分離培養し、得られた微生物について種同定を行う。また、培養液から微生物間のケミカルコミュニケーションに関わる化合物を抽出・精製し、化学構造を明らかにすることを目的とする。

採集した海綿Theonella conicaから共生微生物を単離培養を行い、培養液からのケミカルシグナルを探索する。飼育しているTheonella conicaにin situ培養(Diffusion chamber法)を用いて、微生物の分離培養を試みる。得られた微生物の培養液から抽出した化合物群を、他種の微生物の培地に添加する。微生物の増殖変化を指標として、ケミカルシグナルを液液分配および液体クロマトグラフィーを用いて精製および単離を行い、質量分析やNMR分析によって化学構造を明らかにする。ケミカルコミュニケーションを理解することで、これまで培養が難しかった微生物の培養可をすすめ、微生物の休眠・覚醒についてより深い知見を得ることが期待される。

年次報告

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる