Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

プロジェクト研究

ナノ材料の低環境負荷・効率的合成法の開発とエネルギーデバイス応用

Development of low environmental loard and efficient synthesis method of nanomaterials and application to energery devices
  • 研究番号:20C17
  • 研究分野:science
  • 研究種別:奨励研究
  • 研究期間:2020年10月〜2021年03月

代表研究者

杉目 恒志 理工総研が募集する次席研究員
SUGIME, Hisashi Researcher

理工学術院総合研究所 野田優 研究室
Research Institute for Science and Engineering

研究概要

新規二次元材料であるMXeneの低環境負荷合成方法と応用技術の開発を目的とする。原料からの合成に加えて、分散処理などのポストプロセスの研究も一貫して行うことで構造制御と機能化を行う。これまでに研究を進めている、カーボンナノチューブ(CNT)やグラフェンなどのナノカーボンを始めとしたその他ナノ材料とのハイブリッド材料の作製と性能評価も行う。

年次報告

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる