Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

プロジェクト研究

不活性結合活性化反応を駆使した高次サーキュレンの合成

Synthesis of Higher Order Circulenes by Inert Bond Activation Reaction
  • 研究番号:20C15
  • 研究分野:science
  • 研究種別:奨励研究
  • 研究期間:2020年10月〜2021年03月

代表研究者

加藤 健太 理工総研が募集する次席研究員
KATO Kenta Researcher

理工学術院総合研究所 山口潤一郎 研究室
Research Institute for Science and Engineering

研究概要

有機合成化学において、新たな結合形成反応の開発が、新たな構造を有する化合物の合成を可能にしてきた。本研究では、不活性結合の活性化反応を駆使して、従来の合成法では困難であった高い歪みをもつπ共役系化合物の合成を目指す。

年次報告

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる