Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

News

News

アーリーバードプログラム web版ポスター掲示のご案内

第9期アーリーバードプログラムは、2020年3月12日(木)に成果報告会を開催する予定でした。この報告会は、既にご案内の通り、COVID-19感染防止対応により開催中止となりました。

報告会は中止となりましたが、今年度のメンバーが1年近くかけた研究成果を学内外に伝えたいと考え、各自がこの成果報告会のポスターセッションのために制作したポスターをウェブサイトにて公開いたします。

早稲田理工の若手研究者が切磋琢磨した一端をご覧いただけましたら幸いです。

 

氏名 資格/学年 学科 題名
浦谷 浩輝 博士後期課程 2年
/学振特別研究員DC1
先進理工学研究科
化学・生命化学専攻
大規模量子的分子動力学シミュレーションによるペロブスカイト太陽電池材料におけるポーラロン形成過程の解明
大北 俊将 博士後期課程 1年
/学振特別研究員DC1
先進理工学研究科
応用化学専攻
配位子制御を鍵とする芳香族カルボン酸誘導体の自在変換法の開発
小長谷 礼美 博士後期課程 3年
/学振特別研究員DC1
基幹理工学研究科
機械科学専攻
高速多重衝突噴流による新しいエンジンの低騒音型高圧縮化および壁面断熱化の原理研究
佐々木 裕之 博士後期課程 3年 先進理工学研究科
電気・情報生命専攻
ゴボウは”いつ”食べればいいの?~時間栄養学と腸内環境~
鈴木 陽太 博士後期課程 3年
/学振特別研究員DC2
先進理工学研究科
化学・生命化学専攻
反応性の研究に基づいた分子設計による、比色フッ化物イオン検出試薬の開発及び検出能の最適化
戸谷 勇輝 博士後期課程 1年
/助手
先進理工学研究科
生命理工学専攻
神経細胞のインスリン受容体シグナルが学習記憶機構に果たす役割を栄養状態変化の観点から解明する
林 廷玟 博士後期課程 1年
/学振特別研究員DC1
創造理工学研究科
建築学専攻
近代化産業遺産の案内者の語りを通じて綴られる「地域の物語」に関する研究
渡辺 昌仁 博士後期課程 1年 基幹理工学研究科
機械科学専攻
流体混合に現れるカオス構造と輸送メカニズムの解明
大貫 隼 次席研究員 先進理工学研究科
物理学及応用物理学専攻
ペプチド合成分子機械の動作原理とデザイン
高尾 沙希 博士後期課程 3年
/学振特別研究員DC2
基幹理工学研究科
表現工学専攻
視知覚における文脈依存性と, その時間特性
高橋 美由紀 助教 先進理工学部
生命医科学科
興奮性と抑制性神経細胞におけるCdk5/p35のシナプス可塑性への関与の解明
田中 一成 次席研究員 数理科学研究所 反応拡散モデルの解に対する精度保証付き数値計算法 ─ 符号変化構造の解明 ─
對馬 聖菜 講師 創造理工学部
建築学科
生理量測定による皮膚ガス放散メカニズムの解明
中山 淳 助教 先進理工学部
生命医科学科
乳癌が10年後に再発するメカニズムに関する研究
畠山 歓 講師 先進理工学部
応用化学科
統計的機械学習に基づく電子機能性高分子の設計と合成
益子 智之 博士後期課程 3年
学振特別研究員DC1
創造理工学研究科
建築学専攻
戦後イタリアにおける震災復興都市計画方法の歴史的展開に関する研究
矢菅 浩規 次席研究員 基幹理工学部
機械科学・航空学科
切り紙構造を持つ連結ピラー構造を用いた液滴ネットワークの変形

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる