Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

News

News

早稲田地球再生塾第2回勉強会「ロボットは地球を救えるか?」開催(11/6)のご案内

人類に課せられた地球規模の様々な課題の解決と持続可能な社会の実現に向けて、環境と調和したモノつくり技術やエネルギー・資源の利用技術における革新が求められる中、国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」は、重要な技術開発指針となっています。
日本政府が設置しているSDGs推進本部は、2017年12月にSDGsアクションプラン2018を公表しました。
早稲田地球再生塾(WERS)第2回勉強会は、「日本SDGsモデル」の具現化に向けた「SDGs実施指針」8分野を俯瞰し、ロボットが活躍できる領域に着目して開催します。

WERS第2回勉強会開催案内リーフレット

タイトル

ロボットは地球を救えるか?

趣旨

地震、災害、インフラ老朽化、資源探査、土木など、地球に関わる諸問題への対策方法・ツールとしてロボット・AIが注目されている。しかし、現状の技術を冷静に評価すると、産業用はともかくも、特殊な環境で働くロボット・AIの研究開発が進んでいるとは言えない。一方で、地球を救う方法として、ロボット・AI以外に人類が頼れる「もの」が存在するとも思えない。
そこで、本勉強会では、特殊ロボット開発の専門家、資源の専門家、地球に関わる新しいロボット研究に取り組んでいる若手に集まってもらい、ロボット・AIの地球への貢献を考えてみる。

開催概要

  • 日時:2018年11月6日(火) 13:00~17:30(開場12:30)
  • 会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス55号館1階 大会議室(キャンパスマップはこちら
  • 対象:一般・早稲田大学の教職員・研究員・学生
  • 参加申込:こちらからお申込みください(定員100名:定員になり次第、締め切ります)。

プログラム

13:00~13:10 開会挨拶

早稲田大学 理工学術院総合研究所 所長 木野 邦器 教授

13:10~13:20 趣旨説明

コーディネーター 創造理工学部総合機械工学科 菅野 重樹 教授

13:20~16:10 講演

13:20~14:00 講演1 「災害対応のためのロボット技術とその社会実装」
東京大学 大学院工学系研究科 淺間 一 教授

14:00~14:40 講演2 「資源循環におけるロボット/IoTへの期待」
早稲田大学 創造理工学部環境資源工学科 所 千晴 教授

14:40~14:50 休憩

14:50~15:30 講演3 「ロボット技術とサステナビリティ」
日本大学 工学部機械工学科 遠藤 央 専任講師

15:30~16:10 講演4 「地球をいじるロボット」
早稲田大学 理工学術院総合研究所 主任研究員 亀﨑 允啓 研究院准教授

16:10~16:20 休憩
16:20~17:20 パネルディスカッション
17:20~17:30 閉会挨拶

早稲田大学 理工学術院総合研究所 副所長 天野 嘉春 教授

総合司会

早稲田大学 理工学術院総合研究所 上級研究員 荒 勝俊 研究院教授

主催

理工学術院総合研究所 早稲田地球再生塾(WERS)

後援

次世代ロボット研究機構、SGU (ICT・ロボット工学拠点)実体情報学博士プログラム

お問合せ

理工学術院総合研究所 wers◎list.waseda.jp(◎を@変えてお送りください)

Dates
  • 1106

    TUE
    2018

Place

早稲田大学西早稲田キャンパス55号館1階大会議室

Tags
Posted

Thu, 25 Oct 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる