Waseda Research Institute for Science and Engineering早稲田大学 理工学術院総合研究所

News

News

デザインを意識して、研究を魅力的に伝えたい!~理工・若手研究者『アーリーバード』活動報告~

理工学術院総合研究所の若手研究者(博士後期課程~ポスドク)育成・支援プログラム『アーリーバード』。後期の活動では、異分野のメンバー同士が交流を図りながら、研究者としてのスキル・キャリアアップを目指して、ワークショップや交流会を自らの手で企画・実施する活動に取り組んでいます。年末迫る12月19日夜、この日は筑波大学の教員で、日本サイエンスビジュアリゼーション研究会 代表・幹事をおつとめの、田中、三輪、小林先生をお招きし、ポスター・スライドのデザイン、プレゼンテーション技法に関するワークショップを開催しました。

研究をより一層魅力的に伝えるためには『ビジュアルデザイン』が大切

P1070814学会などに行くと、「あのポスター、分かりやすい!」とか「説明ががうまいなぁ~!」と感じる発表に出くわし、研究内容や成果をより一層魅力的に伝えるためには、デザインやプレゼンテーションのやり方がいかに重要であるということを実感します。

本ワークショップでは、①フォント、色、配置など、ちょっと意識するだけで、ぐっと分かりやすくなるポスター・スライドデザイン、②聴衆の心を引きつけるプレゼンテーションの技法について先生方にご講演いただいた後、アーリーバードメンバーが学会等で実際に使用したプレゼン資料をもとに、それをどう修正したらもっと良くなるかを出席者全員で考え、具体的に例示いただくことを通じて、ビジュアルデザインとプレゼンテーションのスキル修得に取組みました。3名の先生方の絶妙なコンビネーションで展開されるお話に惹きつけられながら、スキルの向上を実感できる、大変有意義な時間となりました。

セミナーを終えて、「間近に控えた  審査会で早速実践してみたい」とか「学会発表の資料づくりに生かしたい」等、ワークショップを通じて得られたノウハウを早く活用したい!という意欲的な声が多数寄せられました。先生方、貴重な機会をどうもありがとうございました。

アーリーバード主催 イベントを3月に開催!

2017年3月に、アーリーバードのこの一年の活動を総括するイベントを開催します。イベントでは、研究室配属前の学部生の皆さんを対象に、アーリーバードで活動する17名の若手研究者たちの研究生活、日頃から取組んでいる先端の研究についてご紹介する予定です。理工の研究活動を知るだけでなく、大学院への進学~研究者を目指すことへの具体的なイメージを描くきっかけとなれば幸いです。

もちろん一般・学生・教職員、アーリーバードの活動に興味をお持ちの博士課程学生+ポスドクの皆さんのご参加も、大歓迎です。 アーリーバードの活動を通じてプレゼンテーションのスキルアップに取組んできたその成果を発揮して、多くの方に早稲田理工の研究・研究者に興味・関心を抱いていただけるような機会にできればと思っています。 どうぞお楽しみに。

アーリーバードプログラム 第6期 成果報告会
~アーリーバードは研究者の卵を育む~「大学の勉強の先にある研究者という道」(仮)
【日 時】2017年3月13日(月) 15:00~17:00
【会 場】早稲田大学 西早稲田(理工)キャンパス 55号館S棟2階 第3・4会議室
※詳細は確定次第ホームページ等でご案内します。

★アーリーバードの活動はFacebookで随時お知らせしています。★

EBgroup

Place

早稲田大学 西早稲田(理工)キャンパス 55号館S棟2階 第3・4会議室

Tags
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/wise/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる