Graduate School of Environment and Energy Engineering早稲田大学 大学院環境・エネルギー研究科

About the School

研究科について

The Faculty

教員紹介

教授 友成 真一ともなり しんいち

エネルギー政策、地球環境政策、地域経営、行政経営、プロジェクトマネジメントを駆使した、エネルギー・環境プロジェクトの現場での展開に関する研究。

教授 関谷 弘志せきや ひろし

外燃式および自然冷媒を用いたエネルギー変換機器、それらの次世代分散発電やコージェネレーションおよび高性能冷凍空調への応用、再生可能・未利用エネルギーの最適利活用等についての研究。

教授 中西 要祐なかにし ようすけ

大規模エネルギーシステムおよび地域エネルギーシステムの融合を目指して、蓄電池などのエネルギー貯蔵および風力発電などの再生可能エネルギーの活用のための計画、運用、制御、監視技術及びシミュレーション技術の研究。 配電系統の高度化に向けたパワエレ系統機器を活用した制御技術の研究。

教授 草鹿 仁くさか じん

内燃機関、エンジンシステム、排出ガス浄化触媒システムとその制御、リチウムイオンバッテリー、エンジン-モーターのハイブリッドシステムを対象に化学反応と物質輸送により支配される燃焼、有害排出物質の生成・分解、電池の充放電過程について研究

教授 中垣 隆雄なかがき たかお

エクセルギーを統一的な尺度とした熱・電気・化学などのエネルギー相互変換を基本概念として,化学再生,燃料電池,CO2吸収材,エネルギーストレージなどの技術を,火力発電向けCCS,製鉄プロセス,地域自立エネルギーシステムおよび次世代自動車などへ適用する研究 

教授 納富 信のうとみ まこと

農業系・林業系を中心としたバイオマス資源の利活用手法の研究開発、およびそれらを含む生態系システムの環境的側面の評価手法に関する研究。特に日本における林業系バイオマス資源ならびに東南アジアを中心とした海外における農業系バイオマス資源の利用普及促進策ならびにエネルギー政策に関する研究。バイオマス資源の燃焼により発生する排熱の活用手法の研究開発(熱音響システム)

教授 紙屋 雄史かみや ゆうし

電動車両ならびに車載機器の設計・試作・環境調和性評価に係る研究(キーワード:電気自動車,プラグインハイブリッド自動車,ハイブリッド自動車,燃料電池自動車,重量車,リチウムイオンバッテリ,ワイヤレス給電装置,モータ,公道実証試験,有限要素法電磁界解析,エネルギーフロー解析)

教授 小野田 弘士おのだ ひろし

製品・技術・システムのライフサイクルアセスメント、3R、環境配慮製品・サービス、資源循環システム、創エネルギー・省エネルギー、地産地消型バイオマス利活用システム、次世代モビリティシステム等をキーワードとした循環型社会や低炭素社会の高度化に向けて新たな技術開発や先進的な社会システムの研究・開発。

准教授 野津 喬のづ たかし

公共政策の観点からの、持続可能な地域社会の実現に向けた研究。再生可能エネルギーやバイオマスなど未利用資源の活用による地域活性化、食料産業・農業におけるイノベーションシステムの構築、遺伝資源、環境循環共生政策、農業政策、食料政策、地域政策。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gweee/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる