Graduate School of Environment and Energy Engineering早稲田大学 大学院環境・エネルギー研究科

Other

その他

野津 喬 (准教授)

野津 喬

(准教授/環境・エネルギー研究科)

 

主な研究分野

持続可能地域社会、地域活性化、農業、食料産業、フードチェーン、再生可能エネルギー、バイオマス、資源循環社会、イノベーションシステム、環境共生社会、遺伝資源、生物多様性

 

研究室の特色

・社会科学的観点から、持続可能地域社会の実現に向けた社会課題研究、政策研究を行っています。

・企業や行政機関等との積極的な連携によって、実社会で求められる研究テーマを設定し、研究成果の社会還元を目指しています。

・社会で自律的に活躍できる人材を育成するために、研究室内外でのディスカッションやプレゼンテーションの機会を多く設けます。

・学生同士、学生と教員がお互いに尊重しあい、和やかで積極的な意見交換ができる研究室運営を心がけています。学生自らが主体的、積極的に研究室運営に貢献することを期待しています。

 

主な研究テーマ

社会科学的観点から、持続可能地域社会の実現に向けた社会課題研究、政策研究を行っていきます。研究テーマの例は以下のとおりです。

・持続可能な地域社会の形成

・農や食などの地域資源を活用した地域活性化

・農業の6次産業化による持続可能な地域形成

・食料産業とフードチェーン

・食料自給率と食品ロス

・環境共生社会の形成

・地域と野生動物との共生

・生物多様性と地域社会

・遺伝資源の活用

・地域主体の再生可能エネルギー事業の実現

・食料生産と再生可能エネルギー事業の両立

・農業における自立・分散型エネルギーシステムの普及拡大

・再生可能エネルギーと消費者

・食料産業、農林水産業におけるイノベーション推進

・農業、食料産業の知的財産戦略

 

取得可能な学位

学術

 

拠点キャンパス・活動内容

本庄キャンパス 94号館B棟-205室(研究室)

・研究室ではゼミ、研究指導、研究に関するディスカッションなどを行います。

・研究室外では、企業や行政機関等を対象とするフィールドワークや意見交換、研究テーマに関する現地調査などを行います。

 

教員からのメッセージ

この研究室は、環境、地域活性化、農業、食料、エネルギー、イノベーションなど、複数の分野が交錯する境界領域を研究対象としています。この領域はまだ新しく、解決すべき社会的、学術的課題が数多くあります。これまで学んできたことを出発点として、さらに新しいことを研究してみたいという方を歓迎します。様々な社会課題について学生の皆さんと共に議論し、研究していくのを楽しみにしています。

写真

    

Related Articles 関連記事

草鹿 仁 (教授)
関谷 弘志 (教授)
納富 信 (教授)
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gweee/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる