School of Political Science and Economics早稲田大学 政治経済学部

For Prospective Students

受験生の方へ

Curriculum

カリキュラム構成

リベラルな伝統を発展させた先進のカリキュラム

政治学科は、政治学と経済学の融合により複雑な政治現象を分析し、世界に発信できる学問をめざすという高い理想を伝統的に受け継ぎ、リベラルな建学の精神を礎に最新の政治学理論を展開、日本における政治学研究と教育をリードし続けています。政治学は理論、歴史、思想、公共政策、国際関係等幅広い分野にまたがる複合的学問であり、本学科は各分野に豊富な海外経験をもつ専任教員を揃え、段階的、体系的カリキュラムに、ゼミナール形式の少人数クラスを組み合わせることで、深い専門知識と強い主体性を併せもつ人材を育成します。多様な人々と切磋琢磨しながら政治学の学習を深めることのできる環境は、政財官界、ジャーナリズムをはじめとするさまざまな分野に優れたリーダーを輩出し続ける原動力となっています。

カリキュラム

複雑な経済現象を鋭く分析し社会の発展を実現していく

現代社会は、急激な国際化、情報化の中で経済の複雑さを露呈する反面、その役割に信頼がおかれてきた経済システムの周辺にさまざまな制度疲労をもたらしました。経済学科では、これらの諸問題を経済学を武器に、真剣に考え、議論し、実践する経験を通して、新しいシステムを構築する力を養います。そのため、学生の自主性を重んじる教育方針を大切にしながらも、カリキュラムを体系的に整備し、少人数制の実践的な教育を展開しています。
それにより、変化する複雑な経済現象を「経済学」の視点から鋭く分析し、「考える力」「語る力」「行動する力」を併せもつ人材の育成をめざします。こうした力を手にした卒業生は、世界を舞台に、ビジネス分野にとどまらず、政治、ジャーナリズム、法曹分野まで幅広く活躍しています。

カリキュラム

公共哲学・政治学・経済学を三位一体で学ぶ

今日の社会は急激な国際化の中にあり、国際的な視点が不可欠です。同時に国際社会におけるさまざまな問題においては文化的価値観の相違を考慮する必要があり、哲学なしには解決が望めません。国際政治経済学科は、国際的視座から政治学と経済学の双方を活用して世界に解決策を示せる人材の育成をめざします。教育の最大の特徴はPPE、すなわち公共哲学・政治学・経済学(philosophy, politics, Economics)を三位一体の実践的学問として学ぶことであり、さらに政治学と経済学を国際的視点から学び、問題の分析や解決能力を修得します。公共哲学は、新しい制度設計のための理念として重視されている学問分野であり、それにプラスした体系的実践的カリキュラムの配置は、他に例を見ない学際カリキュラムとなっています。

カリキュラム

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/pse/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる