Faculty of Political Science and Economics, Waseda University早稲田大学 政治経済学術院

School of Political Science and Economics The 130th Anniversary

政治経済学部 創設130周年記念

政治経済学部 創設130周年記念

政経130周年記念グローバル・リーダー養成ファンドへのご支援に心より御礼申し上げます

201611PSE_global_leader_fund_final_report

こちらからダウンロードしてください

「政経130周年記念グローバル・リーダー養成ファンド」につきましては、2012年12月よりご寄付の募集を行ってまいりましたが、卒業生、在学生ご家族、教職員、法人・同窓会組織、一般篤志家の皆様方から多大なるご支援を賜り、目標額を超える、約5億888万円に達しました。あらためて多くの皆様のご賛同とご厚志に厚く御礼を申し上げます。

なお、「政経130周年記念グローバル・リーダー養成ファンド」については、2016年3月末日をもって募集を終了致しますが、今後も引き続き、奨学金および政治経済学術院への寄付にご協力いただきますようお願いいたします。

事業趣意書およびNewsletter

政治経済学術院長挨拶

グローバル社会の未来を切り開く自律的な次世代の創出

suga201511

政治経済学部は、皆様の多大なるご支援に支えられ、2012年に創設130周年を迎えることができました。その伝統を象徴する建物であった3号館は、2014年9月、「共に語り、共に活動し、共に生きる」共生の学びの新空間として生まれ変わり、グローバル社会を切り開く自律的な次世代を創出するための教育拠点として新たな歩みを始めました。

そしてまた、創設130周年を機に2012年12月より進めております「政経130周年記念グローバル・リーダー養成ファンド」につきましては、数多くの卒業生、在学生ご家族、教職員、法人・同窓会組織の皆様方にご理解とご賛同をいただき、目標額の85%を上回るご寄付を賜っております(2015年9月末現在)。皆様の甚大なるご支援とご協力に、厚く御礼申し上げます。なお、3号館内寄付者銘板につきましては、2016年3月までのご寄付累計額に応じて2016年の夏に最終第三期の銘板を作成する予定です。皆様のあたたかいご芳志の証を末永く顕彰させていただきます。

政治経済学部・政治経済学術院は、2013年度に策定した将来構想「SEIKEI Vision 150」に基づき、グローバル・パースペクティブをもつリーダー養成を目指して、PPE (Philosophy, Politics and Economics) を理念とした教育研究の展開と改革に全力を挙げて取り組んでおります。グローバルな共生社会の善き生と正義の実現に寄与する学問研究の不断の追究の中から、在野の精神に立ってグローバル社会の未来を切り開く自律と共生の次世代を創出すること、これこそが伝統の政治経済学部そして大学院の使命であると信じ、政治経済学術院の目指す人材育成のヴィジョンを一つずつ確実に具体化し、引き続き不断の改革を推進してまいります。

本紙では、政治経済学部・政治経済学術院の教育研究改革に関する現況をご報告させていただきます。ぜひご覧いただき、皆様の変わらぬご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

政治経済学術院長 政治経済学部長 須賀 晃一

政治経済学部・政治経済学術院 大学創立150周年(2032年)に向けて

政経130周年記念 グローバル・リーダー養成ファンドへのご支援をお願い申し上げます

共生社会の善き生と正義の実現に寄与する 学問研究の不断の追求の中から、 在野の精神に立って グローバル社会の未来を切り開く 自律的な次世代を創出する

グローバル社会の共通語としての英語の教育言語としての価値の増大に伴い、学部・大学院におけるすべての学位プログラムを両言語によるハイブリッド型とします。学生は、国籍や初中等教育歴に関係なく、言語能力等に基づき最も適切な入試を経て入学し、日本語および英語を駆使して学修に取り組み、主たる教育言語を日本語とする学生と英語とする学生の比率は2:1とします。また、多文化社会における望ましい共生を実現する次世代のための多言語教育を重視します。学生の多くは在学中に海外留学やインターンシップを経験し、卒業後はグローバル社会を担う有為な人材として活躍します。

「ゼミ」という特有の教育方法を最大限活かし、入学から卒業まで演習を中心とする少人数教育を徹底することで、知的および人間的能力を最大限向上させます。すべての科目は学期ごとに終了し、学生が集中的に授業履修に取り組むことのできる学期完結型の授業形態を完全実施し、密度の濃い、そしてアクティブな授業により学生の真の意味での自学自修を促します。

政治経済学部と大学院の一体的教育体系を整備し、学部卒業生の20%以上がより付加価値の高い専門教育を求めて大学院に進学するようにします。大学院では政治学研究科と経済学研究科の一体的組織運営のもと、体系的研究者養成および高度専門職業人育成が行われ、コースワークを主とする博士5年一貫プログラムへの進学者や学部入学から6年間で博士号を取得する学生を多数養成します。

多様な教員による国際的研究活動に対し、現代政治経済研究所を中心とする全学的研究者の糾合のもと、研究成果の社会への還元、国際社会への発信に恒常的に取り組み、政治学、経済学を中心に社会科学分野の研究において高い国際的評価を獲得します。

人材育成の現況と人材育成のための具体的計画

人材育成の現況

政治経済学部は、1882年の早稲田大学創設と同時に、政治経済学科として誕生しました。以来今日まで130年に亘り、政治と経済を国民生活の基本現象と位置づけ、その教育と研究に取り組んで参りました。戦後、新聞学科、自治行政学科が併設され、民主化に貢献する有用な人材を数多く輩出いたしました。この2学科は、1973年に廃止されることになりましたが、その理念は、現在、発展的に大学院のジャーナリズム・コースと公共経営専攻に引き継がれています。

2004年度からは新たに国際政治経済学科を設置し、現代社会の様々な領域でのグローバル化に対応できる人材の育成をさらに展開しています。政治・経済・国際政治経済の現行3学科の学生(入学定員は順に300・400・200の計900人、学術院専任教員115名)は、学科ごとに体系的・段階的な専門教育を受けつつ、他学科科目や隣接諸科学科目も履修します。政治経済学部は、政治と経済の二つの視点から、両者が複雑に絡み合った現代社会のグローバルなメカニズムを解明する能力を学生に修得させることを、学部の根幹をなす理念および目的としています。

学生には充実した外国語科目および教養科目を履修させることにより、世界的、学際的視野を備えさせ、国際化時代における良き市民として社会に巣立たせています。英語については、入学時より毎年定期的な検定試験(TOEFL)受験を義務化し、授業も習熟度別クラス編成により、学部独自編集の共通テキストを用い英語で行います。また、専門科目を英語で講義する授業を飛躍的に増やしてきており、多くの日本人学生が履修しています。第二外国語科目も、EUプロトコルを参照した体系的カリキュラムのもと到達目標を明確化し、特に週4回の集中クラスでは2年で留学レベルに到達します。こうした延長線上で、2011年度には131人に上る学部生が大学および学部独自の留学プログラム、ダブルディグリー・プログラム等を利用して海外留学に出かけています。
学部の最大の特色として、1年次生から4年次生までの在学期間全体をカバーする多様な演習科目の設置による少人数教育が挙げられます。1年次には、大学での学問を開始するに当たり必要となる知的作法を身につけるための総合基礎演習(1クラス上限18名)の履修を全学生に奨励しています。その後2年次の総合演習(政治・経済・教養)を経て、3・4年次の専門演習へと進みます。3年生の9割の学生が学科の垣根を越えてゼミに応募し、その9割が合格し、切磋琢磨しています。その成果はゼミ論文に結実し、特に優秀なものを表彰しています。
2004年度から外国語および演習科目等の少人数科目を除いて、成績評価における相対評価を導入し、厳格に管理しています。評価の割合の原則は、A+(100~90点)10%以内、A+およびA(89~80点)30%程度、A+・AおよびB(79~70点)70%程度、C(69~60点)・F(59~45点。不合格)・G(44点以下。不合格)30%程度です。また試験問題と各科目の成績評価の割合を学部のホームページ上で公開し、GPAを学生に周知しています。
政治経済学部は、毎年多くの優れた卒業生を輩出しています。業種別の就職状況(2010年度)は、金融26%、製造業20%、情報通信10%、商業9%、マスコミ8%、専門サービス8%、公務員7%、旅行・運輸5%、不動産・建設4%等となっています。また、国家公務員Ⅰ種、外務公務員、司法試験、公認会計士等の試験にもコンスタントに合格者を出しています。

学部では、卒業生組織である稲門政経会との連携のもと毎年度総合講座を開設し、卒業生等ゲストスピーカーによる企業活動の実践と方向性に関する授業を行っています。

学部および大学院は、2010年度から、国の国際拠点整備事業に基づき、英語による学位プログラムを開始しました。2012年度からはEDESSAプログラムと改称し、深化をはかっています。学部は毎年30名を超す学生を国内外から受け入れています。このプログラムは、政治学と経済学の双方を基盤に日本・アジアをグローバルな視点で分析するべく授業はすべて英語で行い、学生に国際社会における問題分析および解決能力を身に付けさせるという目的を新たな形で具現化しています。通常課程の学生もEDESSA科目の履修を通じて、早稲田でグローバル環境を体験できます。また同プログラムは、9月入学の形で実施しており、教育内容のみならず、教育制度の国際化の進展にも寄与しています。
大学院政治学研究科、経済学研究科および公共経営研究科(2012年度入学者から政治学研究科・公共経営専攻として設置)は、日本で唯一のジャーナリズム大学院を展開するなど研究者の養成とともに高度職業人の育成にも積極的に取り組み、学生数(2012年度)は3研究科を合わせると、修士課程および専門職学位課程566人、博士後期課程191人、合計757人にまで拡大しています。卒業後は、大学院修了生も多様な分野で活躍しています。
政治経済学術院は、優れた教員の積極的招聘に努め、研究面の国際的人材育成において国レベルでも高く評価される研究教育活動に取り組み、21世紀COE(Center of Excellence)プログラムの下、「現代アジア学の創生」および「開かれた政治経済制度の構築-国際政治経済研究センター構想(Waseda Center for Global Political Economy:GLOPE)」推進の中核となりました。また、2008年度から今日まで、国際的に卓越した教育研究拠点の形成を重点的に支援し、世界をリードする創造的な人材育成を図ることを目的とするグローバルCOEプログラムに採択され、「制度構築の政治経済学-期待実現社会に向けて-GLOPEⅡ」において、政治学と経済学の理論的融合を図りつつ、専門的な研究者だけでなく「専門知」を実践的に生かす人材の育成に取り組んでいます。

人材育成のための具体的計画“Waseda Vision 150”より

130-03“Philosophy, Politics and Economics”(PPE)を理念とした学部・大学院における一貫した教育・研究を通じて、グローバル・リテラシーと政治学および経済学を核とする体系的な専門的知識を修得させ、グローバル・パースペクティブを有し、地域社会から国際社会まで様々な分野の多様な組織において活躍するグローバル・リーダーを養成します。
  • 普遍的な学問の政治学・経済学を基軸とする世界標準の教育内容の提供
  • 徹底して知的能力の向上に努めるカリキュラムの提供
  • アジア、日本、早稲田の視点を具えた科目の提供
  • 語学力、方法論(数学・統計)、歴史理解、公共哲学等の重視
  • 政経方式の統一された英語教育と国際標準に基づく体系的多言語教育プログラムの推進
  • 学部3学科カリキュラムと大学院カリキュラムとの連動
  • 大学院・国際政治経済学コース修士・博士後期課程5年一貫Global Governance Programの展開
  • グローバルな公共空間の創造に貢献する早稲田ジャーナリズム大学院の展開
130-04学部・大学院を通じて、9月入学英語学位プログラムを適切な規模に拡大しつつ整備し定着させます。それにより、多様で質の高い学生の受け入れを拡大するとともに、グローバルな視野からマルチカルチュラルな教育の空間を実現し、気概と知的能力においてグローバル・リーダーシップを目指すにふさわしい多様な人材を育成します。
  • EDESSAプログラム(English-based Degree Studies September Admission:9月入学英語学位プログラム)100名規模への拡大
  • 英語を教育言語とする政治学、経済学等の国際的教育の実施
  • 日本語学位プログラムと英語学位プログラムのハイブリッド化
  • 海外協定校との国際連携等、グローバル・ネットワークの活用による海外留学プログラム、ダブルディグリー・プログラムの拡大
  • 奨学金制度の拡充による海外留学者の倍増
  • 海外インターンシップの開拓等、海外への就職も含めた政経独自のキャリア教育の展開
130-05共に語り、共に活動し、共に生きる=共生の学びの新空間として甦る新3号館と伝統ゾーンにおいて、演習を中心とする授業形態のもと、地球市民としての自律のための自学自修を教育の中心とします。
  • 入学から卒業までの少人数教育の徹底
  • 一クラス15名の「ゼミ」をカリキュラムの中軸とする個々の学生に目の行き届いた指導
  • 学問への入門から、自ら問題を発見し解決を理論的に導く専門知の主体的学びの指導
  • 問題発見からアプローチ、情報処理、判断、行動の総合力を涵養する基礎教育の実践
  • 基礎教育におけるグループ・ディスカッションやTAによる個別指導等の学習支援の充実
  • 英語・多言語コミュニケーション能力到達目標の自己設定
  • Grade Point Average(GPA)だけではない多様な努力と成長過程の自己確認と自己アピールのためのログブック(航海日誌)の作成

新3号館

2012年9月から建設を進めていた新3号館が2014年9月に無事竣工を迎えました。新3号館は、ファサードを中心に旧3号館の外観の面影を残しつつ14階建となっており、2014年秋からは、政治経済学部、政治学研究科、経済学研究科および現代政治経済研究所が利用する政治経済学術院の新たな教育研究の拠点として新しい歴史を刻み歩み始めました。政治経済学術院が取り組む人材育成は、最新の教育研究環境において今後一段と進化することが期待されます。

政経130周年記念グローバル・リーダー養成ファンド

政治経済学部・政治経済学術院は、グローバル社会の未来を切り開く自律的な次世代を育成すべく全力を挙げて人材育成に取り組みますが、そのためのすべての教育活動や学生支援を学生の学費にのみ依存して進めることにはどうしても限界を伴います。 政治経済学部創設130周年を記念して行う募金は、そのため政治経済学術院が取り組むグローバル・リーダー養成のためのファンドとして活用させていただきます。グローバル・リーダー養成ファンドは、英語で実施する科目の充実、留学のための奨学金、海外の大学との学生交流、国際的著名学者の招聘といったグローバル・リーダー養成に資する人材育成事業に活用いたします。

政経130年記念グローバル・リーダー養成ファンドは2016年3月末日をもって募集を終了いたしました。多大なるご支援とご協力に心より御礼申し上げます。

記念動画“知の歴史”

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる