Graduate School of Law早稲田大学 大学院法学研究科

News

ニュース

【博士後期課程対象】研究倫理教育の受講について(締切:2018年4月3日)

各 位

本学では、博士論文の執筆にあたって、2015年度より研究倫理教育の受講が必須となり、この受講
および確認テストの合格をしない限り、博士学位の申請ができないこととなっております。
「特に在学生で2018年度中に博士論文の提出を予定されている」方は、提出前に指定する科目を
受講してください。受講状況および受講完了の確認は、法学研究科事務所にて行います。

手続き方法等、詳細の要領については、以下のリンクより参照ください。
2018年度 研究倫理教育の受講について

※博士後期課程離籍者(研究生、研究指導終了による退学後の科目等履修生も含まれます)で
研究倫理教育の受講を希望の方は、あわせて以下リンクの書類も提出ください。
Course N@viの利用に関する誓約書

以 上

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/glaw/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる