Graduate School of Letters, Arts and Sciences早稲田大学 文学研究科

News

ニュース

『文学研究科紀要 第64輯』(2018年度)

早稲田大学大学院 文学研究科紀要 第64輯

2019年3月15日発行、ISSN2432-7344

文学研究科紀要はWebのみによる公開となります。冊子体での発行はございません。

[哲学] [東洋哲学] [心理学] [社会学] [教育学] [日本語日本文学] [英文学] [フランス語フランス文学][ドイツ語ドイツ文学] [ロシア語ロシア文化] [中国語中国文学] [演劇映像学] [美術史学] [日本史学][東洋史学] [西洋史学] [考古学] [文化人類学] [表象・メディア論]

哲学 Philosophy

■ 鹿島 徹 Toru KASHIMA

楊杏庭の「歴史週期法則論」

On the Law of Historical Cycles of Yang Hsing-ting(楊杏庭)

■ 小村 優太 Yuta KOMURA

神とAnniyyah―イブン・シーナーにおける存在者と「もの」―

God and Anniyyah– the Relationship between Thing and Being in Avicenna

■ 瀧本 有香 Yuka TAKIMOTO

ヘーゲルにおける芸術の過去性について

Über die Vergangenheit der Kunst bei Hegel

■ 峯尾 幸之介 Konosuke MINEO

自我と世界の対立―M・ガイガーの実在論的現象学―

Der Gegensatz von Ich und Welt: Zur realistischen Phänomenologie M. Geigers

優秀修士論文概要

東洋哲学 Asian Philosophy

■ 渡邉 義浩 Yoshihiro WATANABE

『顔氏家訓』における「家」と貴族像

Images of “jia” and Chinese aristocracy in Yanshi jiaxun 顔氏家訓.

■ 袴田 郁一 Yuichi HAKAMADA

裴松之『三国志注』の史料批判と劉宋貴族社会

Criticism of historical materials in Pei Songzhi’s(裴松之)”Sanguozhi zhu(三国志注)” and Aristocratic Society

優秀修士論文概要

心理学 Psychology

■ Hiromitsu MIYATA

Short-term contemplative practices with vocalization alter psychological states in an unexperienced student sample

優秀修士論文概要

社会学 Sociology

■ 張 龍龍 Longlong ZHANG

1980年代中期までに連れられてきた中国残留孤児第二世代―「子どもたち」の初期定着に注目して―

The Early Adaptation of Japanese War Orphans’ Children―A Case Study of Children Migrants to Japan Before Mid-1980’s

優秀修士論文概要

教育学 Education

■ 梅本 洋 Hiroshi UMEMOTO

児童虐待の世代間連鎖と遺伝-環境相互作用

Intergenerational Transmission of Child Abuse and Gene-Environment Interaction

■ 遠藤 健 Takeshi ENDO

大学進学にともなう地域移動における意思決定モデルの検証─蓄積効果に関するマルチレベル分析を中心に─

Verification of Decision Making Model in The Migration of High School Graduates to University in Japan
– Focusing on Multilevel Analysis on Accumulation Effects

■ 田 稼之 Jiazhi TIAN

学生の属性から見た中国地方重点大学の機能分化と教育機会の階層間格差―S省のA大学を例として―

Functional Differentiation and Hierarchical Educational Opportunities in Chinese Regional Priority University viewed from the attributes of students―As an example of A University of S Province ―

■ 中川 友生 Tomoo NAKAGAWA

子どもの「安全な養育への権利」の理念形成と課題

The idea formation and problem of “ The right to secure upbringing of children ”

優秀修士論文概要

 日本語日本文学 Japanese Studies

■ 池澤 一郎 Ichiro IKEZAWA

書画会の盛況に見る大正期漢詩人の雅交―喜多橘園宛田邊碧堂書簡十八通紹介―

Some comments about popular exhibitions of Chinese paintings and calligraphersof Chinese poems made by Tanabe Hekido ─ Introduction of eighteen letters by Tanbe Hekido ─

■ 田原 加奈子 Kanako TABARU

京極御息所歌合の位置

The Position of Kyogoku Miyasudokoro Uta-awase

■ 荒井 洋樹 Hiroki ARAI

藤原定国四十賀屏風攷

A study of Fujiwara Sadakuni 40th birthday celebration folding screen

■ 芦川 貴之 Takayuki ASHIKAWA

運動体としての書物―国木田独歩『運命』、口絵とその差し替えをめぐって―

The book as a moving body-”Unmei(Destinies)” by Kunikida Doppo, about its frontispieces’ changes-

■ 甲斐 温子 Atsuko KAI

東歌の性格に関する一考察―序歌の形式を中心に―

A Study of Characteristics of Azumauta Focusing on a Form of Jokotoba

■ 川村 卓也 Takuya KAWAMURA

「平安朝漢詩文研究における二次資料の活用―大江朝綱の勅答を例にして―

To make the best use of secondary source on a study of Heian period’s Chinese poetry and sentence─ Hold the Imperial answer made by Oe no Asatsuna up as an example ─

■ 木下 弦  Gen KINOSHITA

『怪しい来客簿』の成立過程──色川武大をめぐる「最後の無頼派」の源流──

Formation Process of “Ayashi-Raikyakubo”: the Origin of the“Saigo No Buraiha” over Irokawa Takehiro

■ 清水 智史  Satoshi SHIMIZU

挿絵という体験──谷崎潤一郎「蓼喰ふ虫」と小出楢重の挿絵について──

Illustrations as experience ─”Tade ku mushi” by Tanizaki Jun’ichiro and illustrations by Koide Narashige─

■ ジョン ビョンミン  Byeongmin JUNG

反事実・非現実を表す副詞―「もう少しで」型と「あやうく」型を中心に―

Adverbs which express counterfactual and irrealis -Focusing on [mousukoside] form and [ayauku] form-

■ 山田 宗史 Soushi YAMADA

開高健『日本三文オペラ』の屈折──自己批判の構造──

Refraction and Reflection in Nihon Sanmon Opera by Kaiko Takeshi

■ 藤富 史花  Ayaka FUJITOMI

宮澤雲山の詩に見る菊池五山・柏木如亭からの影響

The influence of Kikuchi Gozan and Kashiwagi Jotei on Miyazawa Unzan’s Chinese Character poetry

優秀修士論文概要

英文学 English Studies

優秀修士論文概要

フランス語フランス文学 French Studies

■ 瀬戸 直彦 Naohiko SETO

「太陽が恥じらうかのように赤く昇ると」―中世南仏の物語『フラメンカ』をめぐって―

« quan le soleills Quais vergoinos » : métaphore surprenante du Roman de Flamenca (vv. 7688-7689)

■ Odile DUSSUD

« Échapper à l’envieuse morsure du Temps » — Fénelon, François Perrier et Pline le Jeune —

■ 森井 良 Ryo MORII

アンドレ・ジッドと「ホモペアレント性」

André Gide et l’homoparentalité

■ 後藤 渡 Wataru GOTO

ジョルジュ・ペレック『撮影された生活』における、記憶の投影、沈黙、 「永遠のものと束の間のもの」

Projection de la mémoire, silence, « l’éternel et l’éphémère » dans La Vie filmée de Georges Perec

■ 馬越 洋平 Yohei UMAKOSHI

『アナトールの墓』から『エロディアードの婚礼』へ―マラルメの創造の源を探る―

Du Tombeau d’Anatole aux Noces d’Hérodiade―chercher la source de création de Mallarmé―

■ Kanako IMASEKI

« Mais pas de mémorial pour qui désavoue son parcours ! » ─Enfant pubère dans Les Mégères de la mer de Louis-René des Forêts

■ 佐々木 匠   Takumi SASAKI

不条理から反抗へ ──アルベール・カミュ作品における « nous » の出現──

De l’absurde à la révolte— Apparition de « nous » dans l’œuvre d’Albert Camus —

■ 瀬尾 周平   Shuhei SEO

身体と傷──アンリ・ミショーとメードザン──

Corps et plaies—Henri Michaux et Meidosems

■ 長澤 法幸   Noriyuki NAGASAWA

サッフォーを読むルネ・ヴィヴィアン―「アフロディテへのオード」の解釈について―

Renée Vivien qui lit Sapho : l’analyse de son Ode à l’Aphrodita

優秀修士論文概要

ドイツ語ドイツ文学 German Studies

■ 田中 潤 Jun TANAKA

作り上げられた「ブルーノ・タウト」

Bruno Taut – Rezeption in Japan – ein verstelltes Bild ?

優秀修士論文概要

ロシア語ロシア文化 Russian Studies

■ 八木 君人 Naoto YAGI

「フレーブニコフについて」(1928)をめぐるシクロフスキーとトィニャーノフ

Спор вокруг статьи «О Хлебникове» между Шкловским и Тыняновым.

■ 三浦 領哉 Reiya MIURA

『ロシアの夜』におけるВ. Ф. オドーエフスキーの音楽思想―自然哲学と自然科学、新プラトン主義とドイツ観念論の狭間で―

Мысль о музыке Князя В. Ф. Одоевского в «Русских ночах»
— Между натурфилософией и естествоведением, неоплатонизмом и немецким идеализмом

■ 菅原 彩 Aya SUGAHARA

小説の時代の物語詩:レールモントフ『ムツイリ』における二つの「真実」

Поэма в эпоху романа: две «правды» в «Мцыри» Лермонтова

優秀修士論文概要

中国語中国文学 Chinese Studies

■ 張 宇博 Yubo ZHANG

王家衛の六十年代三部作に見る香港アイデンティティ

Hong Kong People’s Ethnic Identity : Wong Kar-wai’s 1960s Hong Kong Trilogy

優秀修士論文概要

演劇映像学 Theatre and Film Arts

■ 北原 まり子 Mariko KITAHARA

「創作者」ミハイル・フォーキン──著作権を求める国際的振付家の試行錯誤

Mikhail Fokine (1880-1942) in search of dance copyright:the first ballet creator in the age of globalization

■ 近藤 つぐみ Tsugumi KONDO

バレエにおける自己言及性──ジョン・ノイマイヤー振付『くるみ割り人形』と『幻想・「白鳥の湖」のように』をめぐって──

Self-Reference in Ballet: Focusing on “The Nutcracker” and “Illusions – like Swan Lake” by John Neumeier

美術史学 Art History

■ 坂上 桂子 Keiko SAKAGAMI

マクシミリアン・リュスとパリの表象

Maximilien Luce and Representaion of Paris

■ 益田 朋幸 Tomoyuki MASUDA

裁きの場としての聖堂──アチ(ジョージア)の聖ゲオルギオス聖堂の装飾プログラム──

Church as a Place of the Last Judgement: Iconographic Program of the Church of St. George at Achi (Georgia)

■ 黄 夏 Xia HUANG

唐代巴蜀地域の阿弥陀造像における俗人像について

The Lay Figures in Amituo Statues Dequeathed to Bashu District in the Tang Dynasty

■ 太田 英伶奈 Elena OTA

「貴族詩篇」という用語をめぐって

Some Thoughts concerning the Term ‘Aristocratic Psalter’

■ 椋橋 彩香 Ayaka KURAHASHI

現代タイにおける餓鬼の図像―異形化される餓鬼のイメージ―

Iconography of hungry ghosts in modern Thailand—Images of deformed hungry ghosts—

■ 桑原 真由美 Mayumi KUWABARA

モデナ大聖堂ファサード彫刻における古代大理石の再利用の意味について

The significance of the reuse of ancient marbles in the facade reliefs of Modena Cathedral

優秀修士論文概要

日本史学 Japanese History

■ 久保 健一郎 Kennichiro KUBO

『松陰私語』に見える「大途」について

The Usage of “Daito” in the Shoin Shigo, the Shoin’s Memoir Completed in 1509

■ 谷口 眞子 Shinko TANIGUCHI

「軍人勅諭」再考―西周「勅諭稿」との比較を通じて―

A re-examination of “Gunjin Chokuyu” compared with Nishi Amane’s “Chokuyu Ko”

■ 真辺 将之 Masayuki MANABE

戦後台湾の動物慰霊碑―日本統治時代からの連続と断絶―

Cenotaphs Erected for the Repose of Animals’ Soul after World War II

■ 萱田 寛也 Hiroya KAYATA

一九世紀中葉の加賀藩領内における医療情報の流通

Circulation of medical information in mid-19th-century Kaga domain

■ 佐々木 千恵 Chie SASAKI

幕末における「雑誌」誕生と啓蒙──柳河春三『西洋雑誌』を中心に──

The Beginning of Magazines and the Enlightenment in the Last Days of the Tokugawa Shogunate
— Shunsan Yanagawa’s “Seiyo Zasshi” and other related magazines —

優秀修士論文概要

東洋史学 Asian History

優秀修士論文概要

西洋史学 Western History

■ 甚野 尚志 Takashi JINNO

イエズス会の政治思想と暴政の批判―フアン・デ・マリアナの暴君放伐論とその中世的起源―

Jesuit Political Thought and the Condemnation of Tyranny―The Thesis of Tyrannicide of Juan de Mariana and its Medieval Origins―

■ 湯浅 翔馬 Shoma YUASA

帝政と共和政──1880年代のフランスにおけるジェローム派の思想と運動──

Empire et République : Les idées et le mouvement des jérômistes dans les années 1880 en France

優秀修士論文概要

考古学 Archaeology

■ 高橋 龍三郎・竹野内 恵太・井上 早季・佐藤 亮太・比留間 綾香・石井 友菜

Ryuzaburo TAKAHASHI・Keita TAKENOUCHI・Saki INOUE・Ryota SATO・Ayaka HIRUMA・Yuuna ISHII

第1・2次加曽利貝塚デジタル三次元測量・GPRレーダー探査調査概報

Digital 3D Measurement Survey and GPR Research at Kosori Shell Midden: Report of the First and Second Research

■ 長﨑 潤一・竹野内 恵太・早田 勉・下岡 順直・渡邊 玲・佐藤 亮太・桐原 弘亘・隈本 道厚・鈴木 宏和

Junichi NAGASAKI・Keita TAKENOUCHI・Tsutomu SOUDA・Yorinao SHITAOKA・Rei WATANABE・Ryota SATO・Hironobu KIRIHARA・Michiatsu KUMAMOTO・Hirokazu SUZUKI

茨城県常陸大宮市山方遺跡第2次調査概報

AN ADDITIONAL REPORT OF THE INVESTIGATION at the YAMAGATA SITE

■ 石井 友菜 Yuuna ISHII

材質と製作技術からみた腕輪形石製品の生産に関する一考察―大阪府柏原市茶臼塚古墳の分析事例から―

A study on production of bracelet shape stone products in terms of material and fabrication techniques:From the Analysis case of Osaka-hu Kashiwara-shi Chausuduka tomb

■ 石崎 野々花 Nonoka ISHIZAKI

第3中間期のエジプトとフェニキアとの木材交易について―リビア王朝時代の木棺研究を中心に―

The Wood Trade between Egypt and Phoenicia in the Third Intermediate Period

優秀修士論文概要

文化人類学 Cultural Anthropology

■ Rie ODAJIMA

On Intangible and Tangible Heritage: Human Beings, Objects, Agency, and the Integration of Cultural Perception

■ Masao NISHIMURA

Heritage in Cebu City, the Philippines: A Study of “Competitive” Heritage – A Preliminary Field Report –

■ Emi MASUMI

Field Notes on the Filipino Values―in a Women’s Organization in an Income Generating Enterprise―

優秀修士論文概要

表象・メディア論 Studies of Media, Body and Image

■ 長谷 正人 Masato HASE

複製技術時代における思考の可能性─ベンヤミンの複製芸術論を読み直す─

The Work of Academics in the Age of its Technological Reproducibility: Reconsidering Benjamin’s Art Work Essay

■ 工藤 顕太 Kenta KUDO

欲望と享楽の倫理学―カント・フロイト・ラカン―

Éthique du désir et de la jouissance : Kant, Freud, et Lacan

■ 太田 美奈子 Minako OTA

「通信」と「放送」が交錯する初期テレビ受容── 1950年代青森県八戸市の事例から ──

Mixing “Communication” and “Broadcast”:Early Television Reception in Hachinohe, Aomori Prefecture in the 1950’s

■ 金長 隆子 Takako KANENAGA

『白黒』における小沢剛《地蔵建立》

Ozawa Tsuyoshi《JIZOING》in “Shirokuro”.

■ 浅野 修平 Shuhei ASANO

循環と実践−ドゥルーズのスピノザ解釈をめぐる一試論−

Cercle et pratique : un essai sur l’interprétation deleuzienne de Spinoza

優秀修士論文概要

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/flas/glas/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる