Graduate School of Education (Professional Degree Program)早稲田大学 大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)

About the Program

研究科について

Educational Policy

基本理念

高度な理論と実践力を兼ね備えた学校教育のリーダーの養成をめざす

本学では、教員養成の中心を担ってきた教育学部及びそれを基盤に設置された教育学研究科において、教育学の諸分野に関する教育研究と諸教科に関する教科教育学・教科内容学に関する教育研究を行い、多くの教員を排出してきました。教職大学院の制度の誕生に合わせ、次の3つの基本理念を掲げ、教職研究科(2017年4月より教育学研究科高度教職実践専攻に改組)を創設し、教員養成により特化した教育を展開します。

教員のキャリアに応じた臨床的教育能力と自己改善力の育成

臨床的教育能力とは、深い人間理解に必要な学問的知識と実践経験を統合し、状況に対処できる力と考えます。教育現場において、自己の経験を理論的に整理しつつ、絶えず向上・改善を図っていくことができる力を育成します。

先人の知恵と先端的な学問的知識に裏打ちされた広い教養と確かな人間力の追求

伝統的な文化とそこに息づく生活を理解するとともに、人間と社会について深く洞察し、多視的な見地か複眼的な思考のできる力を追求し、身につけます。

社会的連携能力の開発

保護者や地域住民、同僚教員、専門家や専門機関とコミュニケーションをとり、連携・協力できる力を身につけ、人間としての温かみを忘れることなく、学校や地域における教育課題の解決に「進取の精神」をもって当たることのできるリーダーを育成します。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fedu/gted/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる