School of Education早稲田大学 教育学部

数学科(古屋 望羽さん)

多様な人々から刺激をもらう日々

小さい頃から子供が好きで、また算数や数学に対する興味も強かったため、中学生あたりから数学の教員を目指したいと思うようになりました。大学選びの際、中学・高校の教員を目指す私は数学の専門的な知識も必要と思い、教育学部の中に数学科がある早稲田大学で学びたいと考え受験しました。実際入ると教員を目指す人よりは数学に興味を持って入ってきた人が多く、数学に対する関心が強かったり豊富な知識を持っていたりする人々に囲まれ刺激をもらいながら、気合を入れて問題に取り組む毎日です。私自身は数学そのもの以上に数学を教える、ということに強い興味を持ったため、春からは数学教育に関するゼミに入りました。数学の性質を幅広くとらえ数学学習や数学指導について考えていく研究は、自分が大学に入ってとてもやりたいことだったので、学べる事をとても嬉しく思っています。
今後はまず大学院進学を考えています。授業以外にも経験を積むため塾講師のアルバイトをしたり、サークル活動をしたりと充実した日々を送っています。将来が明確な人もいれば、興味のあることに様々取り組み将来を模索している人、ひたすらにサークル活動に打ち込む人もいて、多様な過ごし方があるのも大学の魅力だと実感しています。早稲田大学は多様な人、様々な価値観、考え方と触れ合え、学部に限らず様々な機会にも巡り合える良い環境だと思います。

(古屋 望羽さん/数学科 2019年度入学)

学科ページはこちら

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fedu/edu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる