Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

競泳・鈴木孝幸選手が早稲田スポーツミュージアムに来訪されました

競泳・鈴木孝幸選手が早稲田スポーツミュージアムに来訪されました

鈴木選手は、東京2020パラリンピックで競泳全5種目に出場。そのすべてでメダルを獲得し、快挙を成し遂げました。(詳しくは、こちら

この日は​稲泳会(水泳部OB会)から東京2020大会での功績をたたえる表彰を受けるため、ご来館。河合純一氏(東京2020パラリンピック競技大会 日本代表選手団団長)、平井伯昌氏​(東京2020オリンピック競技大会 競泳監督)とともに展示をご見学されました。

「早稲田スポーツの栄光」エリアの展示では、鈴木選手はじめ本学出身のオリンピアン・パラリンピアンを紹介しています。

スポーツミュージアムでは現在、「東京2020オリンピック・パラリンピック関連展示」を開催中。鈴木選手のユニフォーム・色紙も展示しています。

鈴木選手、改めましてパラリンピックでのご活躍、おめでとうございます。
ご来館誠にありがとうございました。

早稲田スポーツミュージアムは入場無料・予約不要です。開館カレンダーは、Webサイトよりご確認ください。

特別展「東京2020オリンピック・パラリンピック関連展示」

早稲田スポーツミュージアム(戸山キャンパス早稲田アリーナ3階)では、10月7日(木)から、特別展「東京2020オリンピック・パラリンピック関連展示」が始まりました。

1964年に続いて2度目の開催となった東京2020オリンピック・パラリンピック。 本大会には、本学からオリンピックに30人(うち在学生8人)、パラリンピックに5人(うち在学生1人)が出場し、活躍しました。 スポーツミュージアムでは、大会に出場した35人の競技結果一覧のほか、出場した選手ご本人から特別に協力を得て、公式ユニフォームとサイン色紙を展示しています。 あの日の感動と熱気がよみがえる展示をぜひご覧ください。

 

<ユニフォーム・色紙展示>
山内大夢(陸上)、須﨑優衣(レスリング)、大塚達宣(バレーボール)、本橋菜子(バスケットボール)、鈴木孝幸(パラ競泳)、加納虹輝 (フェンシング)、松山恭助(フェンシング)

会期

2021年10月7日(木)~2022年2月1日(火)10:00~17:00
休館日:水曜日ほか

入場無料・予約不要

  • ご来館の際には、早稲田スポーツミュージアムWEBページにて最新の開館日程をご確認ください。
    新型コロナウイルスの感染状況により、休館日程等は変更になる場合があります。
  • 当館では新型コロナウイルス感染症の拡大防止に関連した対応等を実施しています。
    ご来館に際してはあらかじめ「来館にあたってのお願い」をご確認ください。

場所

早稲田スポーツミュージアム
(戸山キャンパス 早稲田アリーナ3階)

伝統の継承者たれ。未来の創造者たれ。
-早稲田スポーツミュージアムー

早稲田スポーツミュージアムは、最後の早慶戦や雪の早明戦など、長い歴史を彩る栄光のシーンや象徴的なエピソード等を通じて、「早稲田スポーツ」の比類なき個性や魅力を感じることができるほか、体育各部(44部)の資料を交替で展示するコーナーもあり、足を運ぶ度に新たな発見があるミュージアムです。
入場無料・事前予約なしでお越しいただけます。皆さまのご来場をお待ちしています。

早稲田スポーツミュージアム公式WEBページ及び開館カレンダーはこちら
Place

早稲田スポーツミュージアム

Tags
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる