Waseda Culture Labo早稲田文化ラボ

News

ニュース

(10/21)創立記念日スペシャル「早稲田スポーツ・アニバーサリーステージ」【早稲田文化芸術週間2021】

創立記念日スペシャル 「早稲田スポーツ・アニバーサリーステージ」(10/21)

創立139周年を祝して、今年はオンラインで「早稲田スポーツ・アニバーサリーステージ」をお届けします。

体育各部44部を代表して、体育各部実行委員長、野球部、競走部、ラグビー蹴球部、ア式蹴球部が、日頃の応援への感謝の気持ちを胸に、秋のリーグ戦や早慶戦、インカレへの抱負を述べます。10月21日の早稲田大学創立記念日を祝うとともに、「紺碧の空」「早稲田大学校歌」を一緒に斉唱し、早稲田スポーツや早稲田文化を感じてください。

プレイバック!以下は、2019年秋に3号館前で開催された「早稲田スポーツ・アニバーサリーステージ」 の様子です。

創立記念日の10月21日(月)、創立記念日のメインイベントとして「早稲田スポーツ・アニバーサリーステージ」を開催しました。体育各部部員が公式ユニフォームで参加したほか、多くの早大生・早稲田スポーツファンが3号館前に集い、早稲田大学創立137周年を祝いました。

応援部による第一応援歌「紺碧の空」

体育各部を代表して、ご声援への感謝のことば

応援部リーダー・佐川太一さん(スポーツ科学部3年)の司会でイベントはスタート。まずは応援部がご挨拶代りの第一応援歌「紺碧の空」で会場を盛り上げました。続いて体育各部44部を代表して、体育各部実行委員会委員長・庭球部の今村南さん(社会科学部4年)より、創立記念日の祝辞と日頃の応援への感謝の気持ちが述べられました。また、体育各部実行委員会として全44部が部の垣根を越えて早稲田スポーツを盛り上げる活動をしていることが紹介され、今後も体育各部への変わらぬご声援をいただけるよう挨拶がありました。

司会を務めた応援部・佐川太一さん

日頃の応援に感謝の気持ちを述べられる体育各部実行委員長/庭球部・今村南さん

体育各部による今後の試合への意気込み

つづいて、体育各部を代表して、5部から、日ごろの応援への感謝と挨拶がありました。レスリング部からは2017年・2018年のレスリング世界選手権で連覇を果たした須﨑優衣選手(スポーツ科学部2年)が登場し、「現在東京2020大会の内定者が出ていない階級については、12月19日(木)~22日(日)に駒沢体育館で行われる天皇杯レスリング全日本選手権大会で優勝すればアジアオリンピック予選に出場できます。そこで2位以内に入れば東京2020大会の日本代表に内定します。レスリング部には東京2020大会出場の可能性が残る部員もおり、日々頑張っていますので応援よろしくお願いいたします。」と意気込みを語りました。その他以下の4部が挨拶と試合の告知を行いました。

◆野球部:11/2(土)、3(日)に東京六大学野球秋季リーグ戦の最終戦となる伝統の一戦「早慶戦」が行われます。四年生にとって学生野球の集大成ともいうべき大事な試合なので、ぜひ神宮球場にお越しいただき、声援で後押ししてください。

◆競走部:10/26(土)~27(日)に日本選手権リレー競技大会が行われ、ドーハ世界陸上日本代表の伊東利来也選手(スポーツ科学部3年)も出場予定です。また駅伝部門は10/26(土)に箱根駅伝予選会、その翌週の11/3(日)に全日本大学駅伝と2週間連続で大レースが続きますので応援お願いいたします。

◆ラグビー蹴球部:日本中に空前のラグビーブームが巻き起こっています。W杯でラグビーに興味を持った方は是非大学ラグビーにも足を運んでください。特に、11/10(日)帝京大戦、11/23(土)慶応大戦、12/1(日)明治大戦はいずれも秩父宮ラグビー場で行われ、重要な試合となるのでぜひ応応援にきてください。

◆米式蹴球部:リーグ戦7試合のうち4試合が終わり現在全勝です。残り3試合、甲子園ボウル出場へ向けて負けられない試合が続きますが応援お願いします。10/27(日)には立教大との試合が行われるのでAGFフィールドで行われるのでぜひお越しください。

試合告知を行う野球部

試合告知を行うレスリング部

全員で「早稲田の栄光」「早稲田大学校歌」斉唱

その後、応援部による「大進撃~スパークリングマーチ~コンバットマーチ」と続く必勝応援曲メドレーが披露され、大きな拍手と歓声が沸き起こりました。続いて。ご来場の全員が早稲田大学創立137周年を祝し、体育各部が早慶戦に勝利した時に歌う「早稲田の栄光」を肩組んで斉唱しました。最後に、応援部の泉川創太リーダー主務兼記録編集責任者(政治経済学部4年)の指揮で「早稲田大学校歌」を斉唱しました。

早稲田大学校歌を指揮する応援部・泉川リーダー主務兼記録編集責任

体育各部部員による校歌斉唱

恒例の記念写真撮影

ステージ終了後、集まった皆様と体育各部部員が記念撮影を行いました。早大生、ファンの方、留学生、等多くの方が加わり、全員で「Wポーズ」を行いにこやかに撮影が行われました。

現在も多くの体育各部が秋季リーグ戦、早慶戦、インカレ等で早稲田の誇りを胸に戦っており、特に4年生にとってはエンジのユニフォームで戦う最後のシーズンとなります。今後とも、早稲田大学体育各部44部へ大きなご声援をよろしくお願いいたします。

参加者全員での記念撮影

 

※新型コロナウイルスの感染状況によりイベントの中止・延期・内容を変更する場合がございます。最新情報は当ページにてお知らせします。

早稲田文化芸術週間2021

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる