Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

早稲田大学歴史館 来館者10万人目を発表

2020年1月20日、早稲田大学歴史館(早稲田キャンパス1号館1階)の来館者が10万人を突破しました。

歴史館では、本学の過去だけでなく、現在や未来の教育、研究、社会貢献等に関する早稲田大学の全貌を一堂に展示しています。

10万人目の来館者は、文化構想学部3年生の杉田実優さんでした。

杉田さんは学芸員資格取得を目指しており、ミュージアムにはもともと興味があったものの、通学キャンパスが異なることもあり、歴史館には初来館とのこと。「思ったより広いしかっこいい!受験生が見たら、絶対に早稲田に入学したくなりますね!」とのコメントを寄せてくれました。

10万人達成の記念に、杉田さんにはミュージアムショップの看板商品、マスクメロン(※)が贈られました。

(※)大学創設者・大隈重信はとにかくいろいろなことに関心を持った人でしたが、大隈庭園にあった温室でメロンやマンゴーも栽培し、「ワセダ」という新品種のメロンまで作り出しました。日本でいち早くマスクメロンを販売した新宿高野とのコラボレーションで実現した商品です。

歴史館は、さまざまなデジタル媒体なども活用しつつ展示内容を随時更新し、テーマ展示や企画展示等も組み合わせて、何度も訪れたくなる知的刺激に満ちた施設となるように工夫していきます。開館カレンダーをチェックの上、是非、ご来館ください。

2018年3月開館 草創期から現在・未来をつなぐ 体感型ミュージアム「早稲田大学歴史館」

早稲田ウィークリー 2018年4月16日号(掲載の資料は展示入替等で現在展示していないものもあります)

2018年3月開館 草創期から現在・未来をつなぐ 体感型ミュージアム「早稲田大学歴史館」

早稲田スポーツミュージアムは来館者2万名を突破(2020年1月23日)

早稲田スポーツミュージアム 来館者2万人目を発表

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる