Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

早稲田大学交響楽団が中野区の小学校で出張コンサート!

早稲田大学交響楽団「Maple Concert  2018」の関連企画として、中野区の小学校へ出張コンサートを行いました。

中野区と早稲田大学では文化交流事業として「早稲田大学交響楽団 Maple Concert」を毎年開催しており、9回目となる今年度は11月18日(日)に開催いたします。(詳細はこちら

一人でも多くの子どもたちに、音楽の楽しさや早稲田大学交響楽団(ワセオケ)の奏でる音色に親しんでもらいたいという思いから、ワセオケが中野区の小学校へ訪問し、ワークショップを実施しています。今年度は9月~10月にかけて6つの小学校へ訪問いたしました。

ワークショップの様子をご紹介

10月4日、中野区立南台小学校にてワセオケの金管楽器パート(トランペット、ホルン、トロンボーン、チューバ)によるワークショップが行われました。

目の前に現れた金ぴかな楽器に、皆興味津々!ワークショップはヴェルディ作曲「歌劇『アイーダ』より凱旋行進曲」で華々しく始まりました。楽器紹介コーナーもあり、この楽器は何のために作られていて、昔はどういう形をしていたかなど、時々クイズも交えながら楽しく学ぶことができました。

そして今回は特別に演奏体験ができることに!選ばれた子どもたちは一生懸命楽器に息を吹き込みました。音が鳴った瞬間は大きな歓声が上がりました。

最後はみんな大好きなジブリの名曲やよくテレビなどで耳にするクラシック音楽を披露いただき、音楽室は大盛り上がりでした。ワセオケのお兄さん、お姉さんの生演奏に目を輝かせる子どもたちがとても印象的でした。

 

さて、10月26日には中野区立江古田小学校にて今度は弦楽器パート(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)の皆さんによるミニコンサートが行われました。小学4年生~6年生の子どもたちや保護者の方々など、およそ200人の方にご参加いただきました。

体育館には弦楽器の優美な音色が響き渡りました。今回はワセオケの皆さんの「小学生にもクラシック音楽の魅力を少しでも感じてもらいたい!」という思いから、モーツァルト作曲「フィガロの結婚より序曲」やアイネ・クライネ・ナハトムジーク、マスカーニ作曲カヴァレリア・ルスティカーナなど、クラシック音楽の魅力もたっぷりと味わうことができるプログラムとなりました。子どもたちは真剣に耳を傾け、目の前の生演奏に聞き入っていました。

楽器紹介やソロ演奏もあり、楽器の特徴や音色の違いを聞くこともできました。子どもたちからは「人間の声みたいにきれいな音がして聴いていて心地よかった。」「弓で弾いたり指ではじいたりして、音楽に合うように使い分けていた」などの感想がありました。

コンサート終了時には、直接楽器を触ってみたり、ワセオケの皆さんとおしゃべりを楽しむ様子があり、とても充実した出張コンサートとなりました。

 

小学生に音楽の楽しさが伝わるようにとプログラムを考え、当日は楽しいお話と素晴らしい演奏をしてくれたワセオケの皆さん、またご参加いただきました小学校の皆様、誠にありがとうございました。早稲田大学交響楽団は11月18日(日)になかのZEROにて「Maple Concert 2018」を開催します。小学生の皆さんにも楽しんでいただけるプログラムとなっておりますので、是非ご来場くださいませ。また総勢200人が出演する大編成でのオーケストラの音色をどうぞお楽しみください。

 

早稲田大学交響楽団「Maple Concert  2018」

 

日時

2018年11月18日(日) 14:00 開演(13:20開場)

 

会場

なかのZERO大ホール

 

指揮(予定)

寺岡 清高

 

プログラム(予定)

ハイドン/ 交響曲第104番  ニ長調『ロンドン』Hob.1 104
ブラームス/「悲劇的序曲」作品81

~休憩~

デュカス/ 交響詩「魔法使いの弟子」ゲーテのバラードによるスケルツォ
ストラビンスキー/「春の祭典」

※曲目・曲順は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

入場料

1,000円(全席自由) ※未就学児入場不可

 

チケットのご予約(予約方法は、2通りあります)

<電話でのご予約>
なかの ZEROチケットセンター TEL:03-3382-9990(受付時間:10:00〜19:00)

<WEBからのご予約>
お申込みはこちら(なかのZEROの公演ページへリンクします)

 

出演

早稲田大学交響楽団
早稲田大学交響楽団は「ワセオケ」の愛称で親しまれる早稲田大学公認のオーケストラです。2013年に創立100周年を迎えた同楽団には現在約250名が所属しており、日々活動に励んでいます。年間4~5回の主催公演に加え、外部からの依頼による演奏活動も多数行っており、その幅広い活動は各種メディアでも度々取り上げられています。
共演者も多岐にわたり、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やNHK交響楽団を中心に、世界一流のアーティストを共演者としてお迎えしております。2018年に行われた、ドイツ・オーストリアの12都市を巡る第15回海外公演「ヨーロッパツアー2018」では、太鼓奏者の林英哲氏・英哲風雲の会と共演し、各地で好評を博しました。

 

「NAKANO × WASEDA」

中野区と早稲田大学とは、まちづくりや産業振興の面で連携・協力を図ってきました。平成26年度には、中野駅北側の再開発プロジェクトで整備されたオープンスペースに、学生寮施設と生涯教育の場として 「早稲田大学中野国際コミュニティプラザ」が開設されました。多くの早稲田寮学生が中野区を活性化し、中野区と大学の両者が、今後より一層緊密になることを望んでおります。またこのコンサートに増々多くのお客様にご来場いただき、これがひとつのきっかけとなり区と大学との交流を屹立した歩みにしたいと思います。

 

お問合せ

チケットに関するお問い合わせ:なかのZEROチケットセンター
TEL:03-3382-9990(受付時間:10:00〜19:00)

演奏・楽曲等に関するお問合せ:早稲田大学交響楽団
TEL: 03-3204-3585 e-mail: [email protected]

その他お問合せ:早稲田大学文化企画課
TEL: 03-5272-4783

 

主催・協力

主催 中野区、早稲田大学(文化推進部文化企画課)
協力 なかのZERO指定管理者

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる