Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

2018年度 「第9回早稲田 狂言の夕べ」

第9回 早稲田 狂言の夕べ

「早稲田狂言の夕べ」は、校友で人間国宝の野村万作氏、ご子息で推薦校友の野村萬斎氏をはじめとする豪華出演者による狂言公演です。2010年4月より本学学生・教職員・招待校友を対象として開催し、毎年大好評をいただいております。早稲田大学でしか観られない一味違った舞台を、重要文化財・大隈記念講堂にてお楽しみください。

 

※本学学生・教職員/招待校友限定の特別企画です。

チラシPDF

プログラム

【演目・演者】

狂言「しびり」 野村万作ほか
狂言「仁王(におう)」 野村萬斎ほか

 

【詳細】

タイトル 第9回 早稲田狂言の夕べ
日時 2018年4月17日(火) 17時30分開演 (開場17時 、終演予定19時)
会場 早稲田大学大隈記念講堂
費用 無料(全席指定 要申込)
対象 本学学生、教職員、招待校友  *未就学児入場不可
予約方法 対象:本学学生、教職員(関係職員含む)
MyWaseda申請フォームより受付。応募者多数の場合は抽選。

(1)1次募集
3月1日(木)9時~ 3月5日(月)17時
3月9日(金)当選結果通知(Wasedaメール)
(2)2次募集
3月30日(金)9時~ 4月3日(火)17時
4月 6日(金)当選結果通知(Wasedaメール)
※2次募集は2018年4月入学の新入生優先です
・チケットは当選者ご本人のみ有効です(同伴不可)。
・1階は招待席のため、公募席は原則として2階となります。お席は当日割り振らせていただきます。
・本学の在籍が3月で終了する方は、1次募集のみお申し込みいただけます。なお、校友(卒業生)の方は申込方法が異なります。「早稲田学報」2018年4月号掲載の案内をご覧ください。
お問い合わせ先 メール:kyogen-toiawase@list.waseda.jp
早稲田大学文化推進部文化企画課 TEL:03-5272-4783(月〜金 9時-17時)
スタッフ 舞台監督:小坂部 恵次
照明:(株)斉藤舞台照明 斉藤正雄
舞台:金井大道具株式会社 古賀 学
制作協力:万作の会
制作:早稲田大学文化推進部文化企画課

あらすじとみどころ

狂言 しびり

堺へ肴を買いに行くよう主人から言いつけられた太郎冠者は、たびたび頼まれてはたまらないと、足が痺れているから行けないと嘘をつく。太郎冠者の仮病を見抜いた主人は、病気ならば伯父からのふるまいの招待には連れていけないと言って逆に騙す。ふるまいにはついて行きたい太郎冠者は、しびれを治してみせると言い始め…。
太郎冠者は仮病をどうやって誤魔化すのでしょうか。ほのぼのとした味わいの狂言を、今回は万作が孫(萬斎の長男)の裕基を相手に演じます。

狂言 仁王(におう)

負けつづけの博奕打が、財産も尽きてしまったので旅に出ることにするが、その前に世話になった知人に挨拶にいく。すると知人から、仁王の格好に扮装し、仁王が天下ったと触れ回って信心深い人々から供え物を騙し取ることを提案される。早速博奕打が仁王になりすまして待っていると、期待通り参詣人が次から次へとやってきて、さまざまな願い事をかけては供え物を置いていく。味をしめた博奕打がそのまま次の参詣人を待っていると…。
中世ならではの「霊験詐欺」を描く作品ですが、大勢の参詣人が集う様には当時の活気がそのまま感じられます。皆様も参詣人と共に、そっと心の中でお願い事をされてみてはいかがでしょうか。

Dates
  • 0417

    TUE
    2018

Place

大隈記念講堂

Tags
Posted

Wed, 14 Feb 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる